WEB完結キャッシングなら電話なしで借りれる!?その条件とは?

  • WEB完結キャッシングなら電話なしって本当なの?
  • スマホしかもってないけど、WEB完結キャッシングって大丈夫?
  • 自宅にいながら私の口座に振り込んでもらえるのかな?

 

スマホでWEB完結キャッシングする女性

 

キャッシングを利用するときに、わざわざ自動契約機のある店舗へ行かずにWEB完結で済ませられれば便利ですね。

 

電話連絡もなしでキャッシングする方法があるって聞いたら、あなたは信じられますか?

 

  • 怪しいところから借りるんじゃないの?
  • とつぜん家に来られたりしない?
  • 郵送のやりとりが多いとか?

 

WEB完結できるキャッシングがあるのは、既にキャッシングを利用しているユーザーからすると一般的になってきています。

 

電話なしWEB完結キャッシングする休日のサラリーマン

 

ただし、だれでもWEB完結キャッシングが利用できるというわけではありません。

 

ポイントを押さえていないと、WEB完結にならず変なところで人に気づかれたり、損なキャッシングをする恐れがあります。

 

驚く女性

 

この記事では、WEB完結でキャッシングサービスを利用するには、どんな条件が必要なのか分かりやすくまとめました。

 

WEB完結キャッシングで郵送なし、電話なしにする方法についてもご紹介しています。

 

もしもあなたが、WEB完結キャッシングで誰にも知られず便利にキャッシングしたいとお考えなら、今すぐ以下を読み進めて下さい。

 

 

大手3社でWEB完結キャッシングは可能なのか?

 

SMBCモビット

 

SMBCモビット

SMBCモビット公式ウェブはこちら

 

SMBCモビットの特徴は、WEB完結申込サービスを利用すると在籍確認の電話なしになることです。

 

電話連絡や郵送物が全くないので、会社や家族にキャッシング利用がバレるリスクが限りなく少ないです。

 

電話なしの代わりに、連絡はメールでのやり取りとなります。

 

SMBCモビットでWEB完結キャッシングを利用するための条件は、提携銀行に口座があるかどうかです。

 

三つの銀行に口座を持っているならWEB完結キャッシングを利用できます。

 

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

 

これらの四つの銀行に口座を持っているなら大丈夫です。

 

WEB完結を利用して在籍確認の電話連絡無しで手続きをしたいときには、下記のいずれかの書類が必要となります。

 

  • 社会保険証
  • 組合保険証

 

社会保険証は全国健康保険協会発行の保険証のことです。

 

これらの保険証を提示することで、在籍確認の代わりとなります。

 

WEB完結キャッシングを利用する人には、ローンカードが発行されません。

 

ローンカードが必要ないと言う点も、WEB完結キャッシングを利用する条件となるでしょう。

 

WEBでの申込を行うなら、スマートフォンのアプリを使って週末でもキャッシングを行えます。

 

スマートフォンのアプリを使ってキャッシングが出来るため、ローンカードが必要な場面はほとんどありません。

 

申込の条件には安定した収入が含まれています。

 

自営業であっても、定期的な収入があれば問題なく申し込めます。

 

年金収入は安定した収入とは見なされないので注意してください。

 

専業主婦の場合も自分の収入がないため、WEB完結キャッシングを利用できません。

 

 

現状、大手でWEB完結キャッシングとして評価されている大筆頭がSMBCモビットのWEB完結申込サービスです。

 

もしもあなたが、WEB完結キャッシングを希望するのであればSMBCモビットでの条件を確認して申し込みを検討してみましょう。


 

プロミス

 

プロミス

プロミス公式ウェブはこちら

 

メアドの登録とウェブ明細の登録が条件としてありますが、それをクリアすると初回の人には30日間の無利息サービスが適用されます。

 

プロミスでWEB完結申込をする場合には、どんな条件を満たしたら良いでしょうか。

 

基本的には下記の二つの条件を満たしていたら利用できます。

 

  • 20歳から69歳
  • 安定した収入がある

 

未成年者や高齢者は申込が出来ませんし、無職の場合も難しくなります。

 

しかしパートやアルバイトをしていて安定した収入があるなら条件を満たせます。

 

もし借入希望金額が50万円を超えたり、他社との借入金額合計が100万円を超えたりするときには「収入証明書」も必要となります。

 

収入証明書を用意できなければWEB完結申込サービスを利用できません。

 

源泉徴収票や確定申告書、または直近3ヶ月分程度の給与明細を用意しておきましょう。

 

プロミスは必ず在籍確認を行います。

 

在籍確認がありますが、プロミスからの電話連絡で会社にキャッシングをしていることがバレるリスクは少ないので安心してください。

 

無利息サービスは、初回借り入れ翌日からの適用ですので、事前に準備しておきたい方にも選ばれています。

 

 

電話連絡をするときにプロミスの名前を使うことはありませんし、申込者がいるかどうかを確認するだけの短い電話なので心配する必要はありません。

 

同僚が不審がったら、「クレジットカードの申込をしたので確認かもしれない」と言うことが出来ます。

 

また、どうしても電話なしにしたい場合には、コールセンターに相談してみると対応してもらえることがあります。


 

アイフル

 

アイフル

 

アイフルでも初回の人に限り30日間の無利息サービスが実施されています。

 

アイフルでWEB完結キャッシングを利用するには、返済能力がある程度無ければなりません。

 

審査で三つの点がチェックされます。

 

  • 安定収入があるか
  • 現在の借金の状況
  • 金融事故

 

安定収入があるかどうかが条件の一つとなります。

 

アルバイトやパートでも数ヶ月間続けているなら安定収入がある人と判断されます。

 

現在の借金の状況も確認されますよ。

 

他社からすでにたくさんの融資を受けている場合、返済能力が無い人と見なされてしまいます。

 

消費者金融は総量規制の対象となりますので、年収の3分の1までしか借りられないことを覚えておきましょう。

 

この総量規制はアイフルからの借入金額だけに適用されるのではなく、すべての消費者金融からの借入の合計額に適用されます。

 

過去に金融事故を起こしていないことも条件の一つです。

 

クレジットカードの支払いが滞納している人や債務整理をしている人は、WEB完結キャッシングを利用できないことがあります。

 

アイフルは必ず在籍確認を行います。

 

在籍確認をされても職場の同僚にバレないようにするにはどうしたら良いでしょうか。

 

例えば、在籍確認の時間帯を同僚たちがいないときに指定してください。

 

お昼時や早朝、夜の時間などに指定すると確実に自分が電話を取ることが出来ます。

 

もしくは、あえて在籍確認が来る時間帯に自分が席を外しておくことも良いかもしれません。

 

アイフルは在籍確認をする際に個人名で連絡してきますから、電話を受け取った人は消費者金融からの電話だと気がつきません。

 

自分が電話を取らないことで怪しまれないように出来ます。

 

 

WEB完結キャッシングを利用する際には、安定した収入や年齢が大切な条件となります。

 

その上で、必要書類が準備できるかどうかがカギですね。

 

SMBCモビットのWEB完結なら在籍確認の電話連絡無しで手続きをしてくれますから、どうしても電話連絡が嫌なときはこのサービスを選ぶと良いでしょう。


 

WEB完結キャッシングに必要な3つの条件とは?

 

3つの条件を語ろうとする女性

 

電話なしにするための条件

 

在籍確認はキャッシング会社にとって必ず必要な審査項目となります。

 

借りる側からすると、キャッシング会社から自分の会社に電話が入るなんて、デメリット以外なにものでもない感じがします。

 

実際、外から社員宛てに電話が入ることなんて皆無の会社からしたら、明らかに不自然な電話として怪しまれるのも仕方がありませんね。

 

WEB完結キャッシングを希望する人の大きな理由の一つとして、在籍確認の電話なしが挙げられます。

 

しかし、そのためには電話での確認方法の代わりとなる証明書類の提出が必要になります。

 

健康保険証

 

  • 会社名が入った健康保険証

 

会社員の人であれば、上記の健康保険証があれば在籍確認のための電話なしが認められるケースがほとんどです。

 

ただ、仮にあなたが健康保険証がない勤務形態だったとしても、それほど在籍確認の電話を心配する必要はありません。

 

基本的に、以下のような簡易的な確認方法となります。

 

  • 個人名で入電(キャッシング会社名は名乗らない)
  • 不在でも在籍していることが分かれば完了
  • 自分が電話を受けた場合も、「はい、私です」と答えれば基本的に完了

 

会社にあなた宛ての電話があること自体が不自然だという場合には、以下のフレーズを使うとほぼ問題ありません。

 

  1. 「クレジットカードの審査かも…」
  2. 「なにかの営業かも…」

 

基本的に、最初に書いた「クレジットカードの審査で電話が来たのかも…」という言い訳で十分でしょう。

 

それ以上、突っ込んで聞いてくる人は少ないでしょうし、そもそも電話が入ったよって報告だけで、その電話が何の目的だったかまで気にしていないケースのほうが多いのではないでしょうか?

 

 

つまり、キャッシング会社の電話による在籍確認に関して、それほど心配する必要はありません。

 

この辺は、大手であればあるほど、プライバシー保護が徹底されているので安心です。


 

自宅郵送無しにするために必要な条件

 

キャッシングの契約をすると、各種書類が届けられることになります。

 

自宅に届けられるキャッシングの郵送物イメージ

 

  • 契約書
  • 利用規約
  • ローンカード
  • 利用明細
  • キャンペーン情報

 

ただし、これらの書類は郵送をストップさせることが可能です。

 

大手の消費者金融であれば、郵送物無しのサービスが展開されていますので、そちらを選べば郵送物をカットできます。

 

 

具体的には、WEB完結キャッシングのサービスの一つとして書類ではなくWEBで確認できるようなサービスとなっています。

 

郵送物無しにするために、別途必要になる書類は基本的になく、登録時に「WEB明細」や「WEB完結」などのサービスを選ぶことが条件となっています。


 

振込の為に必要な条件

 

ローンカードを持たない「銀行振込」での借入に関しても、WEB完結キャッシングのサービスの一つです。

 

WEB完結キャッシングの際の振り込み用通帳口座

 

ローンカードを持ちたくない場合には、基本的に振込でのキャッシングとなります。

 

その際の条件としては、銀行口座を持っていることです。

 

ただし、「即日融資」を受けたい場合などには、キャッシング会社が指定する銀行の口座でないと受けられないサービスもあります。

 

キャッシングを銀行振込で行いたい場合には、銀行の通帳記帳から人にバレてしまうリスクがあります。

 

振込キャッシングで人バレしないためのコツとしては、以下の2つが挙げられます。

 

  • キャッシング専用口座を準備する
  • キャッシュカードのみ使用して通帳記帳しない

 

人バレしたくない場合には、キャッシングに利用する銀行の通帳は厳重に管理しましょう。

 

 

専用口座を作りに行くのは現実的に手間だと思いますので、キャッシュカードのみを利用して記帳しないというのが現実的な対策になるかと思います。

 

その際にも、ATMの利用明細などはその場で処分するなどの配慮が必要です。


 

WEB完結キャッシングのメリットデメリット

 

プライバシー性が高く、場所を選ばないということで利便性も高いWEB完結キャッシングですが、良いところがあれば悪いところもあるのが当たり前ですね。

 

電話なしWEB完結キャッシングのメリットデメリット

 

メリット

 

  1. 人にバレにくい
  2. 移動が不要
  3. 拘束時間がない

 

WEB完結キャッシングのメリットとしては、上記の3つが挙げられます。

 

何といっても、移動する必要が無く、自宅にいながらスマホ1台でキャッシングが申し込めます。

 

一旦、契約が完了すればアプリを使ってスマートに返済の管理を行ったり、限度額の範囲内で自由に振り込みを行ったり…。

 

利便性という点では、キャッシングにおいてWEB完結キャッシングに勝るものはないでしょう。

 

店頭窓口や自動契約機に足を運べば、そのブース内で「待ち時間」が発生します。

 

提出書類に不備があるなど、何かしらの不具合があれば、再度手続きのやり直しの為に市役所なりに出向いて、また店舗に再訪してと…。

 

非常にアナログ的な対応を強いられてしまいます。

 

店頭や契約機への出入りも、人バレリスクが高い為、それらがカットできる点もWEB完結キャッシングのメリットといえるでしょう。

 

WEB完結キャッシングでは、基本的に自宅への郵送物がカットされる点、また会社によっては在籍確認の電話なしでのキャッシングも可能になるなど、こういった点がメリットですね。

 

デメリット

 

WEB完結キャッシングにおいてのデメリットについてですが…。

 

キャッシングという括りの中で判断した場合に、WEB完結にするか、それ以外の店頭窓口や郵送での申し込みだとか、ローンカードを使っての申し込みだとか…。

 

WEB完結キャッシング以外での申し込み方法や借入・返済方法の場合と比較して、特段デメリットになるといった点はないのではないでしょうか?

 

WEB完結キャッシングだと、つい借りすぎてしまうといったデメリットを挙げられる方もおられますが、一理あるとは思いますが、ローンカードや電話申し込みの場合でもそれほど違いはないのかなと思います。

 

借りる人は限度額いっぱいを常に借りるでしょうし、必要な分だけ借りてすぐ返すを繰り返す人もおられるでしょうし…。

 

そこにWEB完結でのキャッシングが原因で、借りすぎてしまったり、返済が遅れてしまいやすかったり、そういった違いはないでしょう。

 

思いつくデメリットとして、あえて挙げるとすれば、ローンカードが無い場合の返済方法でしょうか?

 

ローカードがあれば、返済の際に自社ATMまで出向かなくても、ファミリーマートのFamiポートと呼ばれるマルチメディア端末機で手数料0円で返済が可能です。

 

Famiポート

 

仮にコンビニのATMで返済するとなると、1万円以内で100円+税金、1万円超で200円+税金、が発生します。

 

それがローンカードがあれば、マルチメディア端末にローンカードを通してチケットを受け取り、それをレジで支払うことで硬貨での返済も可能ですし、手数料も発生しません。

 

これに関しても、自社ATMがある会社のサービスを使っている場合には、自社ATMまで出向けばローンカードがなくてもIDやパスワードを入力して手数料0円で返済することが可能です。

 

ローンカード自体も、後から欲しければ自動契約機や郵送で発行してもらうことは可能です。

 

また、口座振替を利用すれば手数料もかかりませんし、緊急でコンビニで返済しなければならないといった限られたシチュエーションである場合に、WEB完結キャッシングでローンカードがなければ手数料が発生しますという、あえて挙げればこういったデメリットがあるといえます。

 

 

繰り返しますが、キャッシングという行為の中で、WEB完結キャッシングにしたからと特段デメリットになることは無いでしょう。


 

WEB完結キャッシング一覧

 

人に知られずキャッシングするための6つのコツとは?

 

内緒にする女性

 

保証人・担保なしの借り入れ方法を選ぶ

 

WEB完結キャッシングを希望している人の場合は、基本的に消費者金融を選ぶつもりでこの記事を読まれていることでしょう。

 

多くの消費者金融では、保証人や担保を必要としません。

 

家族や友人に頭を下げて連帯保証人になってもらう必要などありません。

 

もちろん、生命保険への加入なども要求されません。

 

映画や漫画では、借金取りが逃げた債務者の連帯保証人を訪ねて、返済をせまるシーンがよくありますね。

 

しかし、実際には大手の消費者金融でも保証人や連帯保証人などは不要となっています。

 

住宅ローンなどでは保証人の設定が必要となりますが、消費者金融での借り入れで担保や保証人を必要とされることはほぼありません。

 

そのため、消費者金融でのキャッシングを選べば保証人に借り入れの事実を知られるといった原因はなくなります。

 

担保や保証人がないから返済が滞っても誰にも迷惑かけないのでしょうか?

 

もちろんそんなことはなく、裁判所から支払い命令として通達が届き、最終的には給与差し押さえや財産差し押さえなどの何らかの法的手段を取られることになります。

 

 

保証人や担保が必要ない分、住宅ローンなどの高額な融資に比べて金利は高めとなっています。ただし、消費者金融は基本的に少額融資となっていますので、担保や保証人がなくても貸し出しが可能というわけです。


 

郵送物などの書類を手元に残さない

 

上記でも少し書きましたが、キャッシングを利用する過程で様々な書類が発生します。

 

郵便局留や私書箱の設置、自動契約機での受け取りなど、自宅に届かないようにする方法は多々ありますが…。

 

参考:郵便局留・郵便私書箱

 

その多くは、WEB完結キャッシングを利用することでまるっとカットできます!

 

しかし、それでもATMの利用明細や通帳の記帳など、郵送物以外の細かい書類が原因となって人にキャッシングの事実を知られてしまうことがあります。

 

  • 申込関係の書類
  • ローンカード
  • 通帳記帳

 

基本は上記3つが手元にあると人バレの原因となります。

 

人に見られないように保管するか、そもそも手元にないようにするWEB完結キャッシングを利用するかの対策が必要です。

 

 

身分証明書のコピーなども手元におかないことが重要です。

 

また、ATMの利用明細は端末上で「明細書を発行しない」を選ぶ、選ぶことが出来ない場合はポケットやカバンに入れず、その場で破棄することをルールとしておきましょう。


 

電話が入らないようにする

 

会社への在籍確認だけでなく、自宅への電話で親や兄弟にキャッシングの事実がバレてしまうケースもあります。

 

対策としては、申込の際の電話番号として「自宅」ではなく「自分の携帯番号」を記載することが重要です。

 

ついうっかり、自宅の固定電話の番号を記載してしまった場合には、何かしらの連絡が入るのは自宅になってしまいます。

 

会社への在籍確認対策として、別の書類を準備して提出したのに、うっかり自宅の電話番号を記載していたのでは申込確認の電話などが自宅になってしまいます。

 

ただし、仮に自宅への電話が入ったとしても、個人名での入電となるため家族にすぐに気づかれることは少ないでしょう。

 

 

キャッシング会社も第三者に借り入れの事実を無暗に公開してはいけない義務がありますので、プライバシー保護に関しては大手ほど徹底されています。


 

アプリか振込でのキャッシングを選ぶ

 

ローンカードは「郵送」か「自動契約機での受け取り」が基本となりますが、ローンカードを持っていると人バレのリスクが高くなります。

 

自動契約機の出入りだけでも、知り合いにばったり目撃されるリスクがあります。

 

WEB完結キャッシングにおいては、振込での借り入れが基本となりますが、最近では「アプリ」を使ってATMから引き落としをする方法も選ばれています。

 

アプリでWEB完結キャッシングする

 

ATMまで足を運ぶ必要があるのでパーフェクトなWEB完結キャッシングとはなりませんが、ほとんど労力は変わらないでしょう。

 

むしろ、公式HPで申し込んだ後に自分のスマホにアプリをダウンロードして登録しておけば、急にお金が必要になった場合もコンビニATMから現金を準備することが可能となります。

 

コンビニATMでキャッシングしていても、だれもお金を借りているとは思わないでしょうから、人目を気にせず堂々とキャッシングすることが可能となります。

 

 

コンビニATMでアプリでの借り入れ返済に対応しているのは「セブン銀行ATM」のみとなります。

 

その際、借り入れと返済の都度、手数料が1万円以内で100円(税別)、1万円超で200円(税別)が発生します。

 

緊急の場合以外は、コンビニATMを使わないようにしたほうが手数料が節約できます。

 

ちなみに、返済に関してはファミリーマートの「Famiポート」などのマルチメディア端末を利用すると手数料0円で返済できる場合があります。


 

滞納しない

 

消費者金融の大手であれば、闇金のような暴力的な取り立てはありえません。

 

  • 深夜の訪問
  • 玄関トビラへの貼り紙
  • 会社への訪問

 

こういった暴力的な取り立ては貸金業法で禁止されています。

 

貸金業法第二十一条 貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。

 

そのことを言いことに、返済を適当に無視したり、滞納を繰り返したりしているとしっぺ返しを食らうことになります。

 

基本的に以下のような流れで請求されます。

 

  1. 電話や郵送での督促
  2. 遅延損害金が発生する
  3. ブラックリストとして信用情報に傷がつく
  4. 内容証明郵便にて一括返済請求が届く
  5. 裁判所による強制執行を受ける

 

内容証明郵便は、郵送した側で郵送した事実を証拠として持てる郵便になります。

 

あとから裁判になって、郵送物を受け取っていないなどといった言い逃れを防ぐための方法となります。

 

ブラックリストとして信用情報機関に事故情報として記録が残ってしまうと、以下のような制約を受ける事になります。

 

  • 新規のキャッシングが不可
  • 新規のクレジットカード発行が不可
  • 自動車ローンが組めない
  • 住宅ローンが組めない

 

 

消費者金融からのキャッシングは少額であったとしても、真摯に返済期日を守って利用することが重要です。

 

返済期日を守って利用すれば、闇金のようにちょくちょく連絡してくるなどあり得ませんし、クレジットヒストリーを積むことで以後の増額審査などにも有利となります。

 

勿論、借りる必要がない分は前倒しで返済して、利息を払う必要がない状態にしておくことがベストの状態であることは言うまでもありません。


 

PCやスマホの閲覧履歴を残さない

 

家族共用のPCからキャッシングを申し込む際などは、必ず閲覧履歴を削除しておくようにしましょう。

 

最近のGoogle検索などは優秀で、一度検索したことがあるワードやページを優先して表示する機能があります。

 

Googleの検索窓で例えばプロミスと打とうとした場合、「ぷ」と入力した時点で第一候補に「プロミス」が表示されてしまいます。

 

Google検索履歴

 

この要領で、あなたが消費者金融について色々と調べたワードが履歴に出てきてしまいます。

 

個人のスマホであれば、スマホ自体にパスワードを掛けるなどすればプライバシーは保護されるでしょうが…。

 

家族が使う、もしくはたまに学校や会社のPCから私的な検索をする人がいますが、そういった場合には必ず検索履歴の削除をお忘れなく!

 

 

 

これら6つのコツをすべて満たす必要はありません。

 

例えば、ローンカードの管理は大丈夫だという自信がある方やパソコンやスマホを自分以外は絶対誰も見ないよって方など…。

 

こういった方に関しては、ローンカードを持つことで返済方法が増えたりするメリットもありますし、無理にカードレスにする必要もないでしょう。

 

パソコンの履歴や一時ファイルを消すことで、パソコンが遅くなったりするデメリットもありますし、無理に履歴を削除する必要もないでしょう。

 

ご自身がこれら6つの中から、「これはヤバいかもなぁ」と感じられる項目だけ対策をしておけば人バレリスクはかなり軽減できるでしょう。


 

WEB完結キャッシングのまとめ

 

電話なしWEB完結キャッシングまとめ

 

WEB完結キャッシングの為の条件を中心にご紹介してきました。

 

WEB完結キャッシングで電話なしをサービスとして提供しているのは、主にSMBCモビットとなります。

 

その為の条件は上記でご説明した通りですが、仮に条件を満たせなかったとしても郵送物なしのサービスは多くの会社で提供されています。

 

在籍確認の電話なしにできなかったとしても、郵送物なしにするだけで人に知られるリスクは格段に減ります。

 

もしもあなたが、WEB完結キャッシングを電話なしもしくは郵送物なしで利用したいのなら、以下の大手キャッシング会社のHPから今すぐ申し込みを済ませましょう。

 

WEB完結キャッシング一覧

ページの先頭へ戻る