【要確認】年齢認証が必要です!

18歳未満はご退場願います!
あなたは18歳以上ですか?
YES(18歳以上) / NO(18歳未満)

PCMAX案内ページ
→【出会い獲得】PC-MAX安全性の解説

強がる女子大生に大人のエロを調教!失禁してマンコガバガバ!

今回ご紹介する彼氏持ちの19歳の大学生と、PC-MAXでっ出会って生ハメしたお話をします。

 

19歳のマセガキ女子大生

 

こんにちは、正則と言います。広島市に住んでいます。

 

今年で29歳になる不動産会社の営業マンをしています。

 

賃貸不動産会社で働いていますが、マジで基本はイエスマン、どんなお客さんに対してもイエスマン!

 

まじでストレスたまるって言うか、仕事もたまりすぎて休みの日も電話なるので死にたくなります。

 

趣味はここ4年以上続けている「出会い系でのワンチャン遊び」です!

 

セフレになる子もいますが、私のほうから飽きてしまいます。

 

初めての女とのセックスが、何よりも一番興奮しますね。

 

「何でもないようなことが…幸せだったと思う…」

 

同じメロディーで…どうぞ!

 

どんな胸をしてるどんな〜乳首をしてるのどん〜な〜、マン毛をしてるのど〜ん〜な、ビラビラしてる教え〜て〜♪

 

シンガーソングライターを目指したこともあります。

 

プロを目指す前から、完全に可能性の芽は0でしたが、結構長いこと活動していました(汗)

 

卑猥な歌を作ってみようかとも思ったこともありますが、作ったところでって話なので、実行はしていません(笑)

 

無駄話をしてしまいました。

 

今回は、とある女子大生とのPC-MAXでのやり取り、そしてラブホでセックスできた成功した性交体験談をご紹介させてもらいます。

 

 

PC-MAXで彼氏持ちの尻軽女子大生と知り合う

 

ピュア掲示板に書き込みをしていて、足跡つけてくれていたのでメッセージしてみました。

 

運よく返信が貰えて、住んでいるところも近いだけじゃなく、実家の方も近いってことで意気投合しました。

 

「もしかしたら知り合いが繋がるかもしれないから、それ以上はお互い地元ネタはしないようにしよう」ってことでルールを作りました。

 

PC-MAXの中で5,6往復くらいやり取りしてから、サクッとLINEを教えてって誘ったら、サクッと了承してくれました!

 

LINEの中で、キメツの話とかで盛り上がっている中、そろそろ大丈夫だろうってことで食事に誘ってみました。

 

そしたらビックリ、「地元近くて知り合い被ってそうだから、食事は無理です。でも、ホテルだったら良いですよ」

 

最初は理屈が通らないというか、なぜホテルなら良いのか?

 

こっちが誘っておきながら、逆に不信感を持ってしまったほどです。

 

不信感が強かったので、正直にLINEで質問してみました。

 

「え、ホテルならOKなの?もしかして、援助希望とかかな?」

 

この質問に対して、彼女は「いいえ、割り切りとかじゃないですよ!ただ、私も彼氏がいるので、プライベートに干渉しない関係だったらOKだって思ってます。それだったら、ホテルに直行の方が、お互い話が早くないですか?」

 

正直、分かるような、分からないような、しっくりとこない回答ではありましたが、一先ず援デリ業者とかの円目的ではなさそうなので、予定通り会ってみることにしました。

 

待ち合わせ場所でビックリ!普通に可愛いギャルだった!

 

実際に最寄り駅で待ち合わせをすると、何とビックリ!見たことがある女子でした。

 

私が毎日通っている通勤の時間に、ちょっと前まで女子高生だった女の子だったのです。

 

普通に可愛い感じの子で、頻繁に電車の同じ車両になることがあったので、話をしたことはありませんが顔は見覚えがありました。

 

やはり共通点が多かっただけに、色々と近すぎる感じで、お互い「深く干渉しないようにしようね」と再度ルールを確認して、本当にホテルがOKなのか確認しました。

 

  • 私 「色々と共通点が多いみたいだけど、本当にホテルに行っても大丈夫?」
  • 彼女 「そうですね、私は彼氏がいるんで、恋愛とかは無しってこと、あとは他言しないってことを守ってもらえれば、私は大丈夫ですよ」

 

断る必要もなく、私も恋愛ごっこはするつもりはないので、サクッと了解してホテルへと向かいました。

 

ちなみに、彼女は女子大の1年生らしいですね。

 

今は大学の近くに引っ越したらしので、電車でバッティングすることはないだろうという事でした。

 

ホテルに到着して、入口付近で小窓からおばさんっぽい人が料金の支払いを請求してきました。

 

勿論、社会人の私が全額出して、会計を済ませて部屋の中で二人の時間がスタートしました。

 

彼女の乳首はピンクの乳首、処女のような綺麗な乳首♪

 

ホテルの部屋で私はビール、彼女はコーラとポテチを食べながら、部屋の中で時間の感覚を失いながら平日の昼間っからイチャイチャしました。

 

可愛いねって褒めると、素直に照れて抱き着いてくるような、そんなノリの良い女子大生でした。

 

「彼氏は同級生なの?」って聞いてみたら、「プライベートには干渉しない約束ですよ!」と言われて、「あ、ごめんごめん(笑)」といった感じで…

 

大学で勉強していることとか、元彼の話とかはOKでしたので、その辺は色々と話を聞いてあげて、彼女も気分が良くなってたみたいです。

 

結局、女性はおしゃべり好きなので、うまいこと話をさせれば気分良くなって心を開いてくれます。

 

私が「一緒にお風呂に入ろうか?」と聞いてみると、彼女は静かに「はい」と答えてくれました。

 

浴室で服を脱がすと、これがまた美しいくらい綺麗な乳首でしたね。まじで綺麗でした。

 

この間まで女子高生だった女子ですから、乳首なんて殆ど処女みたいなもんでしょう。

 

おそらく同世代の彼氏からベチャベチャ舐めまくられているのでしょうが、それでも経験人数も知れてます。

 

私が何人目の男なのか質問しましたが、これは普通に「内緒です!」と言われてしまいました。

 

別に嫉妬とかする気もないし、単純に何人目なのかって素朴な疑問だったのですが、はぐらかされたのが少し残念でした(笑)

 

浴室で服を脱いで、手ブラで隠す彼女の手をどかして、私は大きな鏡の前で彼女の乳首にしゃぶりつきました。

 

乳首、綺麗だよ!

 

私の卑猥な言葉に、彼女はウブな少女のように赤くホッペを紅潮させ、恥ずかしそうに私に抱き着きました。

 

彼女のスレンダーな生の体で抱きつかれて、肌のぬくもりを感じたころから、殆ど理性のブレーキが外れて獣と化していました(笑)

 

浴室の中で攻められると思ったら攻められなかった

 

浴室に入り、彼女に体を洗ってもらうことになりました。

 

石鹸の泡をバケツで泡立てている姿を見たときに、「ソープランド嬢の経験もあるのか?」と質問したくなりましたが、これもどうせ内緒とか何とかではぐらかされるのでしょう。

 

まだ19歳、20歳くらいのウブな娘ですから、大した経験はないだろうって決めつけて望んでいましたが、色々と謎が多そうな女子だなぁって思いました。

 

彼女に泡を使って洗体してもらい、その流れで私のペニスを握りしめて手コキまでスタートしちゃいました。

 

マットが無いのが残念だと思いながら、浴槽のタイル式の床に仰向けで寝転がり、彼女のソープチックなプレイを受けることになりました。

 

しかし、楽しみとは裏腹に、「これ以上、どうすれば良いか分からなーい(笑)」と言われて、チンポを握ったまま笑う彼女を見て、少し萎えてしまいました。

 

(なんじゃい、そこまで期待させといて、ただ強がって責めてただけかい!)

 

私は気を取り直して、今度は私のほうから彼女のマンコに指をあて、少しずつマンコをほぐしながら手マンをはじめました。

 

責め慣れていないのに、何となく流れで強がって責め手に回っていた彼女ですが、私が責めを始めてからは安心したのか、一気にメスの声で鳴き始め、若いメス猿のフェロモンを浴室一杯にまき散らしながらキャンキャン言い始めました。

 

浴槽のお湯も溜まっていたので、私は彼女のマンコに指を入れたまま、ゆっくりと移動して、浴槽の中に二人で浸かりました。

 

浴槽の中で戦国時代さながらの国盗り合戦が繰り広げられる

 

浴槽の中で、彼女のマンコをガシャガシャと手マンでピストンしまくりました。

 

そしたら、お湯のなかで白濁した液体が姿を見せては消えて、姿を見せては溶けて消えてを繰り返していました。

 

これぞまさに「大は小を兼ねる」だなぁとか何とか思いながら、若い女子大生のお湯で屈折して歪んだ薄めのマン毛とビラビラを眺めながら、マン汁を噴射させてはお湯に飲み込まれる様をしばらく堪能していました。

 

そしたら…

 

今までにはない勢力が、お湯の中で存在をアピールするように、勢力図を塗り替えんばかりの勢いで色を塗り替えてきました。

 

そうです、「黄巾賊」です(笑)三国志ですね。

 

黄色の液体が、お湯の中で勢力を拡げつつ、すぐに無色に中和させられていました。

 

しつこく黄色を残して存在している一部勢力もあり、戦国時代さながらの国盗り合戦が繰り広げられました。

 

すいません、訳が分からない話をしてしまいましたね(笑)

 

早い話が、彼女、マンコ弄られすぎてイキすぎて、お風呂の中で失禁(オシッコ漏らし)してしまったのです。

 

自分の意思とは裏腹に、おしっこが止められずに、顔を抑えて赤面しながら私に必死に謝ってきました。

 

私はそっち系(お漏らし系)のフェチはありませんが、別に嫌な気分にはならず、むしろ嬉しい気持ちすら抱いてしまいました。

 

謝る彼女、不安そうな瞳で私を見る彼女、その様子を見ていて思いました。

 

(あ、俺、この子、好きになるかも…)

 

すかさず、彼女の口を吸い、舌を絡ませて、激しくディープキスをしました。

 

「全然、大丈夫だよ、全く問題ないよ、全部出しな!」

 

そう言いながら、私は手マンをしばらく続けて、もう「黄巾賊の敗残兵」が残っていないのを確認しました。

 

(もういいですね、この例えは…ww)

 

浴槽の中で生で挿入、フィニッシュは顔射!

 

浴槽の中で、グシャグシャにイジリ倒したマンコを見ながら、私は彼女のマンコの前にチンコの先を押し当てました。

 

浴槽の中で対面座位で、彼女の中に「生」で押し込もうとしたのです。

 

念のため、「今日って、生でも大丈夫な日かな?」と聞いてみると、「今日は、大丈夫な日だよ」と恥ずかしそうに言ってくれました。

 

初対面で中出しするのは、1年前にソープランドで中出しした以来でした(笑)

 

遠慮なく、私は生のまま、お湯の中で彼女の若い肉厚なマンコの入り口に亀頭を押し当てると、スムーズに中へと入っていきました。

 

お湯の中で対面座位(向かい合って)で挿入し、ガンガン腰をお互いくねらせながら、お湯が浴槽から零れるのも気にせずに、若い娘の肉体を貪るように「ノースキン」でファックさせてもらいました。

 

結局、お風呂の中での対面座位のみでフィニッシュしてしまったわけですが、最後は彼女の顔に顔射させてもらいました。

 

流石に中出しまでは気が引けて遠慮させてもらいましたが…

 

少し濁った私のザーメンを顔面に受けて、口元に垂れたザーメンを彼女の口の中に指で押し込んで、口の中でペチャペチャ言わせながら飲んでもらいました。

 

彼女の体内に私のザーメンが吸収されたことで、もはや彼女も私と兄妹?すいません、ヤバいやつの発言でした(笑)

 

まとめ

 

火曜水曜が休みの私は、平日の昼間が出会い系では「実に熱い時間帯」であることを知っています。

 

今回は平日の夕方からでしたが、平日の昼間には人妻という超貴重な属性のメスがわんさか徘徊しています。

 

街中でライオンのようにいきなり飛びついて狩るわけにはいきませんので、出会い系サイトの中で疑似的に狩りを楽しんでいます(笑)

 

毎度毎度、成功して性交できるわけではありませんが…

 

出会い系を使わずにセックスに事欠いていない男の人って、たぶん私のような人間とは住んでいる世界の違うイケメンの方たちの常識でしょう。

 

私のような持てた経験のない男からすると、出会い系無しでは複数女性とのセックスなど夢のまた夢だろうなぁと思います。

 

色々と出会い系サイトはありますが、私が住んでいる地域に限った話ではないと思うのですが、PC-MAXが使いやすくて出会いやすいと思っています。

【性欲解消】あなたがセックスで損をしないための3つの秘策!

このページの先頭へ戻る