【要確認】年齢認証が必要です!

18歳未満はご退場願います!
あなたは18歳以上ですか?
YES(18歳以上) / NO(18歳未満)

PCMAX案内ページ
→【出会い獲得】PC-MAX安全性の解説

29歳元サッカー選手の若妻をリゾートホテルに連れ込み不倫セックスできた!

「旦那が不倫してるっぽい、私も遊んでくれる同世代の既婚者を募集中!」

 

若妻のウブな乳房

 

 

いつも使っているPCmaxという出会い系サイトで、私はこの日も大好物の人妻を漁っていました。

 

しかし、掲示板を見ていても良い人が見つかりません。

 

そこで、キーワード検索に切り替えて単純に「人妻」「川口市」で検索をかけました。

 

そこに飛び込んできたのが、今回出会った元サッカー選手の若妻である「マヨ(仮称)」です。

 

今年40歳になる離婚したばかりの平凡なサラリーマンの私にとっては、若妻を抱くことは新しい人生の幕開けということで…

 

「同世代が希望みたいだけど、そこは無視!ガンガン行こうぜモードで、当たって砕けろ!」

 

バッチリ抱いて、独身生活を幸先よくスタートしてやるぞーという意気込みでした。

 

川口市住みの若妻のスペック

 

マヨのプロフィールには、「不倫・浮気」「セックスフレンド」という利用目的が書かれていました。

 

しかも、自己PRの欄にも「あなたは人妻に興味、ありませんか?」といった感じで…

 

最初は援助交際業者だなぁと思っていたのですが…

 

住んでいる地域が同じってことと、裏プロフィールも掲載されているみたいだったので、念のためにのぞき見データをチェック!

 

どうやら業者じゃないっぽいというのが分かり、すぐにメッセージを送りました。

 

「はじめまして!私も川口市に会社があり、近くに住んでいます。良かったら、軽く会いませんか?」

 

他にも数人、メッセージを送った人妻がいたのですが、30分程度で返信が来たのがマヨでした。

 

いたずらではありませんか?

 

いたずらではないことを伝え、私がプロフィールに書いていた「趣味:ドライブ」という欄に食いついたようで…

 

「川口駅で拾ってもらって、ドライブしながらお話がしてみたいです」

 

相手は人妻ですから、話が早い!これが人妻の利点ですね(^^♪

 

PCmaxの中で5往復もしない段階で、早々にLINE交換を持ちかけました。

 

「良かったら、LINE交換しませんか?ID教えて下さい♪速攻で追加しますー!」

 

モノの数分後には、マヨからLINEのIDが送られてきました。

 

雨のヒドイ梅雨時期の平日昼間にマヨと会う

 

川口駅の西口出たところの、タクシー乗り場付近でマヨを拾う事に…

 

雨が酷く、ピンクの水玉模様の傘をさす女性が、事前に聞いていた情報に合致しているかな?

 

スレンダーとまではいかないが、普通の体型だなぁって印象でした。

 

車の中から、「黒の□□だけど、そこから見えるかな?」とLINEを打つ…

 

すると、やはり、ピンク傘の女性がスマホに反応し、そのあと辺りを見回して、私の車の方へと歩いてきました。

 

窓ガラス越しに私に会釈をし、私も彼女に会釈をし、窓を開けて「はじめまして!雨の中、来てくれてありがとう!ささ、乗って乗って!」

 

最初が肝心だと思い、いつも以上に明るいキャラを自然と演じてしまいました。

 

彼女も辺りを見回すかのように、少し緊張した表情で「お邪魔します♪」と上品な声で応え、車の中に入ってきました。

 

その時点で、(完全に素人だな…、しかも、まぁまぁ可愛いし…)と内心ガッツポーズ状態でした!

 

ドライブしながらマックでドライブスルー

 

122号線を走りながら、隣から香ってくる雨に濡れた彼女の洋服のニオイがヤバかった…

 

フローラル系の香りが、彼女の雌フェロモンと混ざり合って、もはや私の股間センサーが反応しまくってしまい、運転しながら勃起した股間を隠す為に、ハンドタオルを乗せて誤魔化していたくらいでした。

 

車の中では、どんな話をしたかな?

 

確か、「出会い系は良く使うのか?」「旦那さんにバレないように対策は大丈夫か?」「今日は何時まで大丈夫か?」とか…

 

あと、サッカー選手っていうのに興味があったので、あまり良くないと思いつつ、様子を見ながら旦那さんのことについても聞きましたね。

 

サッカー選手の生活って凄く私にとっては未知だし、どんな給与体系なのかとか、そんな話とかも聞いたりしました。

 

どうやら、彼女は夕方までには戻らないといけないらしく、時間は3時間弱くらい…

 

小腹がすいたってことだったので、丁度見えていたマックでドライブスルーすることに…

 

私はホットコーヒーをチョイスし、彼女はポテトと同じくホットコーヒーをチョイス!

 

車内でマックをおかずに、彼女との会話の続きを…

 

しかし、時間に余裕はありませんし、どこに行くってプランもありませんし…

 

車内で割と色々言っちゃっても大丈夫な雰囲気の、軽いってことは無いけど、ノリは悪くないって感じだったので、サクッと「時間もないし、このままホテルに行きまーす!」と運転しながら冗談っぽくおチャラけて伝えました。

 

どんな反応するのか、内心ハラハラではありましたが、「そうだね、行っちゃいますか!!」とのこと…

 

出会い系で知り合ったエロイ人妻は、やはり楽だわぁと思いながら、幸福に包まれて私は車をラブホへと向かわせました。

 

リゾート風ホテルで若妻をキャンキャン鳴かせました

 

彼女の旦那は非常に派手好きとのこと…

 

彼女自体はそこまで派手という印象は無かったのですが、どうやら若妻ですからね、お洒落な事には興味ありありみたいで…

 

リゾート風のお洒落なホテルに車を乗り入れると、「うわー、ここ来たことなかったんですよね、いつか着てみたいって思ってたんです」とテンションアゲアゲ!

 

露天風呂があるって言ったら、もうどこか分かってしまうかもしれませんが(笑)

 

その日はあいにくの雨だったので、太陽の光をさんさんと浴びながら…っていうのは実現しませんでしたが…

 

薄暗い雲の下で、まずは二人で露天に入浴!

 

彼女は、まだまだ20代ですからね、30手前といっても、体はピチピチですよ。

 

空は薄暗かったけど、彼女の肌からは金粉でも塗ってるんじゃないかってくらい、私には輝いて見えましたね。

 

まだ子供も産んでいない若妻の乳は、もはや女子大生とかと何ら違いが無いというか…

 

私の手に収まらないくらいの、少し大きめのおっぱいを触ると、彼女は嬉しそうに「恥ずかしいですよ、悪い人だなぁ」とか何とか言って、終始ニコニコ…

 

まだまだ薄ピンク色のウブな乳房を口に含み、私のヨダレに絡ませて舌先で転がすと、マヨは酷くご満悦…

 

この段階から、「ちょっと大きすぎないか?」という程の、雌の鳴きっぷりを披露してくれました。

 

(これは、相当溜まってんだろうなぁ)

 

内心、そんなことを思いながら、鳴いて鳴いて鳴きまくるお湯に浸かった若妻の体を前に、90度直角に立ち上がったバナナ棒をぶら下げて、俺は必至に彼女の体を舐め回しました。

 

耳の穴からケツの穴まで、穴という穴を、体勢を替えながら、神様のオシッコを上空から浴びせられながら、穴を全部制覇してやるつもりで舐め回しました。

 

しまいには、彼女は我慢できずにお漏らしまでしてしまい、そっち系の趣味も実は持ち合わせている私は、彼女のお漏らしを口の中で受け止めてしまう始末…

 

(俺も、どこの誰とも分からない女のオシッコを飲むなんて…)

 

自分の変態フェチに感動しながら(笑)、その姿を見せられた彼女は完全に私にノックアウトされたようで…

 

私のご奉仕ぶりに感動し、「旦那より全然いい、最高、最高…」と連発しながら、今度は彼女が私にご奉仕。

 

それがそれが、またまた滅茶苦茶エロイ!フェラがエロイ!

 

浴槽の中で仁王立ちした私のバナナを、下から横から、ぶら下がった袋を甘噛みしたり、舐め這わせたり…

 

バナナの出口に舌先をとがらせて、まるでミミズでも侵入してくるかのような、しびれるような感覚を受けながら、先走って出ている汁を啜るような音を立てながら…

 

濃密な口性器を味わったのち、何もつけないまま、彼女を浴槽の淵に手を突かせ、後背位で「ヌルッ」とぶち込み!

 

雨に濡れながら、激しく後ろから若妻を突きながら、私は天を見上げて、右手を天に衝きあげ「尊王攘夷!」とは言いませんでしたが(笑)

 

天を見上げて、雲しかない空に向かって「ありがとうー」と心の中で叫びました。

 

フィニッシュは、マヨの口の中でした。

 

喉奥にぶち込んだまま、そのまま食道に流し込むように出した後もしばらく、刺したまま彼女が私の物を咥えこんだ様を目に焼き付けました。

 

結局、ブツを抜き取ると、少しヨダレと共に私のエロウォーターが彼女の頬とアゴを伝って垂れ落ちていきましたが…

 

残った残汁たちを、小さく「ごっくん」して、私のほうに倒れこむように抱き着いてきました。

 

まとめ

 

今回の出会い系人妻は、当たりでしたね。

 

毎回、こんなそこそこ可愛い人妻だったら良いのですが…

 

デブで口臭いような人妻に当たったこともあるので、やはり数を重ねることでしか果実は得られないのでしょう。

 

実は結婚中にも、私はPCmaxを使って人妻と遊んでいました(笑)

 

独身になった今では、もはや毎月人妻に会うペースでアポイントを取ってしまっています。

 

調子に乗って火傷しないように、相手をしっかりと吟味して、人妻を丁重に扱い、丁重に頂き、丁重にリリースして無かったことにしていきたいと思っています。

【性欲解消】あなたがセックスで損をしないための3つの秘策!

このページの先頭へ戻る