【要確認】年齢認証が必要です!

18歳未満はご退場願います!
あなたは18歳以上ですか?
YES(18歳以上) / NO(18歳未満)

PCMAX案内ページ
→【出会い獲得】PC-MAX安全性の解説

30代ボディコンのミニスカワンピで現れたスレンダー人妻とノーシャワーでIN!

PC-MAXの掲示板で、「旦那のグチ聞きます。嫁のグチ聞いてください!」ってなタイトルで募集したところ、かなりノリノリなメッセージを貰いました。

 

黒のミニスカワンピースの人妻

 

旦那のグチだけで、3日は語り続けられるとのこと…

 

住んでいる地域が近かったこと、土日の昼間が動きやすいってことで、私の都合に合いそうだってことで、狙いを絞ってメッセージをやり取りしました。

 

 

彼女のプロフィールをチェックしてみると、自己紹介の欄で利用目的について「不倫・浮気」が選択されていました。

 

既婚者で不倫・浮気相手を探している人妻ってことで、私が得意とするメスタイプでもあったため、完全にロックオンして落としにかかりました。

 

目的が伝わって合致すれば話は早い

 

まるでスナイパーのようなカッコいいことを言っていますが…

 

実際のところ、相手の女性も浮気を目的としています。

 

しかし、そこは大人ですから、表面上は「旦那の愚痴を聞く」という形でやり取りをスタートしました。

 

PC-MAXの中のメッセージでやり取りを5往復くらいして、そろそろLINEに移行しませんかと誘いをかけました。

 

すんなりOKしてもらい、その日にLINE電話をして、約1時間くらい愚痴をメインとする会話をしました。

 

声の雰囲気からして、明るく、サバサバした感じの印象を受けましたね。

 

人妻でワンナイトを目的としている私としては、丁度都合がいい感じの女性に感じられました。

 

LINE交換をしてから、3日後くらいだったと思います。

 

「来週の土曜日の10時ぐらいから、会えませんか?」

 

話の流れで、彼女も土曜の午前中から夕方くらいまでは都合がつきやすいって言ってましたので、たぶん予定が入ってないならOKされるだろうという自信もありましたので…

 

案の定、即レスでOKを貰えました!

 

土曜の昼間から初対面でノーシャワーでセクス

 

大宮駅の東口の改札でた所で待ち合わせをしました。

 

彼女はタクシーで来たらしく、私が少し先について当たりを見渡していると、それっぽい女性がタクシーから降りてくるのが見えました。

 

お互い、初対面ではありましたが、LINEのやり取りの段階で「ホテルで愚痴を語り合って、軽く飲みましょう!」という話まで付いていました。

 

勿論、セックスは暗黙の了承済みってことで、お互い深くふれませんが、ラブホで語ろうって時点で目的は一つしかありませんからね。

 

一緒に駅近くのラブホまで5分程歩いたのですが、その時の会話で「旦那とは5年近くレスで、不倫もしてないから本当に5年ぶりなんですよ…」と…

 

うつむき加減で恥ずかしそうで、それがこちらとしては興奮を誘ったわけですが、彼女からすると酷くコンプレックスのような気持ちを抱いているようでした。

 

ホテルの部屋に入ると、もう私のほうも我慢が出来ないというか、愚痴を聞くのは後でいいだろうってことで…

 

ソファーに座るなり、いきなりキスをして、体のラインが綺麗に出ているワンピースの上からそのまま胸を揉み、スカートをめくって、ブルーのパンティーに顔をうずめました。

 

旦那からクンニを受けたことがほとんどないウブな人妻

 

流れが速すぎたのでしょうか?

 

彼女は、私がとっとと下半身に向かい、あろうことか顔をうずめて、パンティーの上からチューチューと唾液を沁みさせ、万汁を吸い取ろうとしているではないですか…

 

私からすると、セックス中の会話が苦手なので、一気に本丸を責めて、一気に主導権を取りに行くスタイルが王道パターンなのです。

 

しかし、彼女からすると、クンニされること自体がほぼ経験が無いうえに、シャワーも浴びていない状態で舐められることに酷く抵抗感を抱いたようです。

 

「駄目、駄目、舐めるのは駄目」

 

両の手で、必死に私の肩を押し、股間から引き離そうとするではありませんか?

 

しかし、私は笑顔で、あくまで笑顔で、「大丈夫、大丈夫、俺、大好きだから、こういうの大好きだから…」

 

とにかく笑顔でなだめて、俺の希望だからってことを切に伝えたことで、女の腕の力は脱力していき、また「俺の顔」と「女の蒸しアワビ」との距離が0センチになりました。

 

クンニの経験が無いだけあって、非常に股関節に力が入っており、舐めている間も何度も私の顔を股間で挟んで、ケツに力が入っている状態で、非常に舐めづらかったです。

 

しかし、そこは舐めだるまの私ですから、優しく優しく、アワビだけではなく、股関節や内ももなどを優しくタッチして舐めて、アワビに頬ずりしたりして、徐々に緊張を解いていきました。

 

後半は、殆ど筋肉の緊張もなくなり、私が軽く息を吹きかけるだけでも、乙女のような吐息と喘ぎ声を発するようになりました。

 

そのころには、「この女の旦那よりも、俺の方がこの女の体のことを知っている…」といった根拠のない自信に満ち溢れていました。

 

結局ソファーで合体して、その一回キリで終わり

 

クンニから69へと移行し、女の口で私の一物を咥えこんでもらったところで、既に準備は完了しました。

 

ギンギンにそびえ立った細めの肉ロウソクが、絡みの途中途中で、カウパー汁を彼女の体のあちらこちらに塗りつけながら、留まることを知らない程、先走り続けていました。

 

これはゴムを付ける時に逆に付けて、それを戻して装着したりしようものなら、妊娠させる可能性があるぞ…

 

そのくらい、先走り汁が垂れるように流れ出ていました。

 

そのため、彼女をソファーに寝かせて、ゴムを装着する時は、薄暗い明りの中、ゴムの裏表を入念に手で確認してから、きちんと肉ロウソクの先端にかぶせました。

 

ミニスカワンピを恥ずかしげもなく着こなす人妻ですからね。

 

ナイスボディーとまでは言いませんが、人妻で子供を産んだ女性としては十分すぎるほどのプロポーションを保っていました。

 

特に、脚の長さと細さ、白さに関しては、その辺の女子大生とかにも引けを取らないと思いましたね。

 

ソファで彼女の足をピンとV字型に天井に向かって持ち上げて、上から人の嫁を喘がせている景色に背徳感と全能感を感じながら…

 

1秒でも長く楽しむために、緩急をつけて、一旦抜いて手マンに切り替えたりして、なんとか5分以上は持たせました。

 

自分の部屋で無料のエロ動画を見て出す量とは比べ物にならないくらい、5ドピュくらい多く正常位のまま彼女の上に被さって、ゴムの中に全噴射させました。

 

これがあまりに強烈に出しすぎたようで、ゴムの先端のおちょぼ口が満タンでパンパンの状態になるくらい、気持ちいい背徳汁が排出されました。

 

まとめ

 

結局、2回戦目も試みましたが…

 

一発目で完全に深い深い賢者タイムに溺れてしまったため、とても2回戦に出場できるほどのモチベーションが保てませんでした。

 

軽くフェラをしてもらいましたが、下手なのもあってか、全く反応しませんでしたね。

 

結局、責めることで自分を興奮させようと思い、手マンで女の茹であがった奥の園をしつこく責めてみたりしたのですが、私の肉ロウソクは無反応。

 

しかし、手マンの手を休めることはできず、結局またクンニと手マンで女をイカセテしまいました。

 

なんとも私は、自分で言うのもなんですが、罪深き色男であります。

 

30代後半だと思いますが、年齢は知りません。

 

しかし、まだまだ30代のメスですからね、体の熟れ方は豊潤そのもの。

 

まだまだ喰える肉果実だと体で実感しましたから、次のアポも取り付けるつもりで今後もやり取りを続けていこうと思っています。

 

あ、ちなみに、ホテルの中で旦那の愚痴の話は殆どなく、昔付き合っていた最低のスロット狂いの元カレの話で盛り上がって終わりましたね。

 

まぁ、そんな感じですよ、出会い系の出会いなんて、やれれば良いんですよ、男も女もね。

【性欲解消】あなたがセックスで損をしないための3つの秘策!

このページの先頭へ戻る