【要確認】年齢認証が必要です!

アナル弄りに慣れていない若妻が、思わずオナラをして絶叫した体験談!

「アナルを弄りすぎて、若妻が大きなオナラを鳴らしました!」

 

若妻のケツ

 

 

仙台市で不動産の営業をしているものです。

 

  • 名前:柳沢(仮称)
  • 年齢:32歳
  • 配偶者:なし(バツイチ)
  • 利用目的:何となく
  • 活動場所:宮城県全域
  • 体型:筋肉質
  • 趣味:テニス、野球観戦

 

駅前とかでチラシを配ったりしてる「うざい」サラリーマンです(笑)

 

心無い言葉や態度をする方が多いのですが、もう慣れっこですね。

 

新築マンションの案内をするのですが、一先ず話を聞いてもらった証拠にTELと名前を貰わないといけないので…

 

チラシ配りみたいに、やったフリとかは出来ないです。

 

「適当で良いので、書いてもらえませんかー」

 

そんな風にお客さんに対してお願いしちゃう同僚も少なくありません。

 

上司も怖いし…

 

そんな感じで、仕事のストレスを私は「出会い系」で解消しています。

 

今回は宮城県で既婚者でライトな付き合いが出来る女性をターゲットに絞って、プロフィール検索で女性を探しました。

 

8人くらい該当する女性にメッセージを送ったところ、一人の女性から1時間弱で返信が貰えました。

 

  • 名前:スミレ(仮称)
  • 年齢:28歳
  • 配偶者:あり(子一人)
  • 利用目的:メッセージ交換、何となく
  • 活動場所:宮城県全域
  • 体型:ぽっちゃり

 

私のプロフィールに趣味が「テニス」と書かれていたのが、返信をしてみようと思った理由だそうです。

 

今回は、出会い系サイトのPC-MAXでスミレさんと出会いました。

 

PC-MAXの中で、軽くテニスの話やスポーツ全般の話をして、自然と「カカオ」を交換してプライベートでやり取りするようになりました。

 

知らない人のために一応説明させてもらうと、カカオというのは「LINE」のような無料通話アプリだと思ってください。

 

出会い系で知り合った子とやり取りするなら、普段メインで使っているLINEだと不都合が多いので…

 

不都合はないって人は、そのままLINEでいいと思いますが、出会い系で活動している女性にはカカオでのやり取りをお願いしてくるケースが多いですね。

 

待ち合わせ場所で初対面してドライブ

 

彼女から「大崎市」方面で会いたいと伝えられました。

 

  • 私 「温泉街でも散策しますか?」
  • 彼女 「そうですね、あの辺だったら平日の昼間出し、知り合いにも会いづらいので大丈夫かなぁ」
  • 私 「車があるから、駅まで迎えに行くね?温泉駅でOK?」
  • 彼女 「了解でーす!明日は赤のスカート履いていきます!あと雨らしいから同じく赤の傘持ってますね」
  • 私 「かしこまりましたーー♪明日、楽しみましょう!」

 

当日、銀行横のなるこちゃんのガードレールの前に、赤い傘をさした女性が立っていました。

 

郵便ポストの赤と彼女の傘の赤が並んで立っているのが、凄く印象的でしたね。

 

彼女の言う通り、雨模様でしたので、温泉街を散策っていうのは辞めて、ドライブする事にしました。

 

108号線を大崎の方に走りながら、車の中で彼女の高校生の時のテニスのインターハイの話を中心に盛り上がり、次第に元彼や旦那さんとの珍プレー好プレーなど…

 

元彼に山で車から捨てられた話とか、旦那が元彼とこっそり会ってたけどセックスはしてなかった話とか…

 

旦那に分かれると言ったら泣いて懇願されて、全くしなかった家事も積極的にやってくれて助かるとか…

 

1時間弱くらいドライブをして、途中ドライブスルーでコーヒーと軽食を買ったりして、楽しく過ごしました。

 

彼女が行きたいと言っていた「菜の花」が咲き乱れる、大崎市の菜の花祭りにも立ち寄りました。

 

ずいぶん暖かくなってきたし、丘一面にひろがる菜の花の圧倒的な景色を二人で見ていると、何やら今日会ったばかりとは思えないような…

 

何となく、菜の花を見ながら彼女の手を握ってみたら、彼女も握り返してくれました。

 

(あー、これもしかしたら…、今日いけちゃう?)

 

彼女は遅くても18時までには家にいないとマズイってことでした。

 

仙台駅周辺に17時までには届けて欲しいって言われていました。

 

この時、時間はまだ13時前くらいです。余裕でした。

 

会ってまだ2時間も経ってなかったのですが、相性が良かったのでしょうね、とても仲が良くなり気が楽でした。

 

  • 私 「もしよかったら、一緒に温泉でもどう?」
  • 彼女 「温泉入りたいね、え?一緒に入るの?(笑)」
  • 私 「貸し切り風呂とかだったら、カップルで入ってたりするよね?」
  • 彼女 「まぁそうだけど、会った日に一緒に温泉に入るのは、どうかなぁ〜」

 

しぶられました…

 

タイミングが悪かったかなぁと思って、失敗したなぁ、どうしようかなぁと気まずい雰囲気になりかけました。

 

そしたら、彼女から思わぬ言葉が…

 

  • 彼女 「柳沢さん、いい人そうだもんね。秘密も守ってくれそうだし…、ホテルに行っても良いよ!」
  • 私 「秘密?もちろん、奥さんだもんね、誰かに話す人もいないし、大丈夫だよ!」
  • 彼女 「絶対、写真撮ったりしないでね!こっそり写真撮ったりとかしない?」
  • 私 「誓ってしないよ!ネットに上げたりとかでしょ?俺、SNS系は一切やらないから大丈夫だよ!」

 

後から聞いた話ですが、彼女は昔、出会い系で知り合ったおじさんに「ハメ撮り」の動画を撮られて、それが凄く嫌だったそうです。

 

消してってお願いしたけど、本当に消したのかどうか分からないし、もうそれっきり会ってないらしいです。

 

そりゃハメ撮りさせて貰えるなら御の字ですが、私の経験上も出会い系で知り合った女性が、その日にセックスして、そこでハメ撮りまでさせてくれるっていうのは0ですね。

 

その日にセックスさせてくれるのも、私レベルの男だと4人に1人くらいの確率です。

 

お金を払ってとかだったら、当日撮影もありなのかもしれないですけどね。

 

出会い系で知り合った女性に、お金を出してセックスさせてもらったことは無いので、分からないですね。

 

そんなわけで、彼女の突然の提案に当然OKして、古川駅の近くのビジホでデイユースしようとしましたが…

 

どこのホテルも空いておらず、というよりも、そもそも一人様プランしかないとか言われたりして…

 

結局、温泉郷に戻ってホテルの「貸し切り風呂」に入りました。

 

貸切風呂の脱衣所で温泉に入らずSEXがスタートします!

 

貸切風呂の中に入り、脱衣所で服を脱ぎ合うシーンから、すでにセックスが始まってしまいました。

 

奥で湯気が立ちこもり、窓からは大きな山と市街地が見渡せる、絶景の温泉でした。

 

脱衣所に全裸で二人立ったまま、激しく絡み合いました。

 

どうやら彼女はセックスは「受け身タイプ」のようで、キスをしている段階から一向に次に行こうとしない仕草を見て分かりました。

 

私自身は、どちらかというと女性の体を愛撫したり、弄ったりするのが大好きな「攻めタイプ」ですので、好都合でしたね。

 

立ったままの状態で乳首を激しく吸って喘がせて、彼女の片足を洗面台に乗せて、私がしゃがみ込み、天を仰ぐように彼女の股間に接吻しました。

 

「舐めてくれるの、すごい、すごい、恥ずかしい」

 

お風呂にも入らず、正直「酸っぱいニオイ」が鼻を刺激しましたが、もうお構いなしです!

 

私の拙いながらも、努力の末に磨き上げたクンニテクニックで、舌を使い、手を使い、私の鼻先を使ったりして、「クンニで昇天させてやろう」という心持ちで「愛犬」のように舐め回しました!

 

洗面台の横の壁にもたれかかっていた彼女が、あまりに身をよじらせて暴れるので、壁の上に備え付けられていた壁掛け扇風機が「ガタガタガタガタ…」と落ちてきそうなくらい、激しく音を立てて揺れていました。

 

激しく彼女が喘ぐ中、次に私は彼女をバックにして、洗面台に両手を付かせて、後背位からマンコを激しく手マンしました。

 

彼女の好きなポイントを探るように、

 

  • 「気持良いか?旦那とどっちが気持ちいい?」
  • 「ここどう?感じるでしょ!もっと揺らして欲しい?」
  • 「ほら、こんなに濡れちゃって、旦那の前でこんなに濡れたことないでしょ?」

 

ずばり言いましょう。

 

私は酷く、人の嫁、人妻を「寝取る系」のフェチがあります。

 

人妻を好んで出会い系サイトで探すのには、私なりに理由があります。

 

  1. 後腐れが無い
  2. セックスが上手
  3. セックスまでのハードルが低い
  4. 人のものを横取りする背徳感、征服感に浸れる

 

色々と理由はありますが、個人的にはセックスにおいては「4」番の背徳感、征服感に浸れることに魅力を感じています。

 

旦那に勝ちたい!

 

いつも、人妻と出会い、セックスが出来そうな状況くらいから「旦那よりセックスが上手いと思わせてやる!」

 

そんなことが、自然と頭をよぎってしまいます。

 

もはやこれは、性癖なのでしょう。

 

理屈ではなく、感情で行動してしまいます。

 

ただ、旦那を縛って横に座らせて、その目の前で嫁を犯したいという願望はないです(笑)

 

AVとかでよくある寝取り系の作品、ありますよね?

 

真面目そうなサラリーマン風の旦那がベッドの横に縄で縛られて、その目の前で悪そうなオジサンが嫁を激しくファックする作品ですね。

 

「ほら、旦那さん、見てよ、奥さん、こんなにグチャグチャになっちゃったよーー」

 

あれ系はむしろ、嫌いですね。旦那がいたら集中できないし…(笑)

 

旦那より上だと認められたくて獣になって犯しました

 

そんなわけで、私は自分のセックステクニックをフンダンに発揮し、人妻の体をチンコを使わずに弄び、グシャグシャにしてトロケさせました。

 

マンコを弄り倒したあとは、そのまま後背位からアナル責めです!

 

「ちょっと、そこは穴が違うでしょ(笑)」

 

マンコ汁でジトジトになった私の指を、一旦私の口に入れて唾液と混じらせ、その指をまたアナルの周辺に這うように触れ、彼女の反応を見ました。

 

アナルの周辺に触れ、舌で軽く這わせただけで、彼女の吐息の音色が変化しました。

 

漏れるような吐息で、全身で感じているような、深い喘ぎ声が漏れました。

 

アナルに指を入れると、彼女は「のけぞる」ような体勢になり、綺麗な腰回りの曲線美を描きながら、目の前の鏡にオッパイをつき出すように映し出し、激しく鳴きました!

 

「あーーー、気持ちいーーー」

 

少しずつアナルに指を入れて、アナルの中の腸壁に刺激を与えると、そのたびに彼女のお尻が揺れました。

 

徐々に徐々に、ピストンを激しくしていくと、彼女のお尻の穴は少しずつ拡張していき、次第に指の隙間から「黄色い液体」が垂れてきました。

 

それと同時に、「ブーーーーッ」と豪快な噴射音が…

 

「いやーー、だーーーー、はずかしーーよーー」

 

今までとは違う、喘ぐ絶叫ではなく、叫ぶ絶叫、恥らいの気持ちが全面に出た叫びでした!

 

すぐさま、結構なニオイが一瞬だけ鼻を突きましたが、もはやそれもセックスにおける「スパイス」のようなものです。

 

すでに腸汁で臭いニオイが漂っていたこともあり、もはやスパイスにすらならない程度でした。

 

私は彼女がオナラを出したばかりのアナルの周りを「パクパク」と、オナラを食べるような仕草をして、アナルの周りの空気を食べました。

 

出したばかりのアナルに軽くキスをして、彼女の耳元に顔を近づけました。

 

私は彼女の顔をこちらに向けて「大丈夫だよ、最高だよ」と呟き、アナルに指を入れたまま、彼女とディープキス!

 

その間も、アナルの指は止めずに、彼女がビクビクするので、キスしている時に彼女の歯と私の歯が激しくぶつかり、一旦キスは休憩…

 

もはや彼女は感覚がおかしくなったのか、脚もガタガタと踏ん張れないほどになり、立っているのが辛そうでした。

 

私はアナルにそのままペニスを放り込もうかと思いましたが、彼女の様子を見て、彼女を地べたに寝かせることにしました。

 

バスマットの上に彼女を寝かせ、「マングリ返し」にして、再度マンコを味わいました。

 

彼女のマンコは、完全にガバガバ状態となり、ようやく私のペニスを放り込む時が来ました。

 

マングリ返しの状態のまま、私は彼女のマンコに座るようにしてペニスをねじ込みました。

 

マングリ返しの状態でペニスを入れると、よく奥までブチ刺さります!

 

ガンガン突いて、膣の奥の壁にブチあてて、激しく上下にピストン運動させました。

 

「あーん、もう、こわれる、こわれるー」

 

マングリ返しの状態で上下にピストンさせた後、次はもう一度立たせて洗面台に手を付かせ、立バックの状態で激しく押し上げるように突きました!

 

ずぶずぶのマンコを付きながら、人妻とは言えまだまだ20代の女の体です。

 

子を一人産んでおり、お腹は少しプヨプヨしていますが、それでも20代の女体です。

 

ハリのあるケツをパンパンと手のひらで叩いて、赤く充血させながら、尻の肉を鷲づかみにしたりして、激しく激しく、丹念に奥を狙って付きまくりました。

 

後方から彼女の髪の毛を舐めて咥えて、女の「脂」の匂いを堪能しつつ、後方から抱き着いて乳を握りつぶすくらい鷲づかみにしながら、激しく腰を振ってフィニッシュしました!

 

最後の最後、射精する瞬間にゴムを脱ぎ取り、彼女を私の前に膝まづかせて、彼女の口の中に熱いザーメンをタップリと流し込みました。

 

彼女はアヘ顔状態で、私の精子を口いっぱいに受けました。

 

ただ、口を開けたまま、私の精子を床に垂れ流しの状態になった為、最後の最後に「イラッ」としてしまい、微妙な感情で終わりを迎えることとなりました。

 

出来れば、全部、飲んで欲しかったのです。

 

結局この後、二人で入浴して、すぐ温泉を後にしました。

 

まとめ

 

予定通り、彼女を仙台駅の近くまで送り届けて、この日はお別れしました。

 

帰りの車の中でも「こんなに気持ちが良かったのは、生まれて初めてかも・・・」という、何とも男冥利に尽きる言葉を頂けました。

 

出会い系の男性と会ってセックスするのは、私が3人目らしいです。

 

先の二人はいずれも、二回目は無く、とてもセックスの相性も悪くイヤだったそうです。

 

例のカメラで撮影したオヤジとかもいたらしいですからね。

 

その点、今回の私は、彼女からしても当たりだったらしく、また是非会って下さいとお願いされました。

 

私も恐縮な気持ちになり、「喜んで会いましょうーーー!」と運転しながら窓を開けて外に叫ぶなど、おちゃらけた雰囲気の中、楽しく帰路につきました。

 

やはり、人妻を探すのなら今の時代はPC-MAXが最強ではないでしょうか?

 

私は他にも有名な出会い系サイトに登録していますが、そちらよりも人妻の滞在数が格段に多いように感じます。

 

今回のような若妻も良いですが、熟女のほうがセックスは濃厚で逆に教えられることも多くて勉強になります。

 

再来週は、以前PC-MAX経由で会ってセックスした40代のぽっちゃり人妻と会ってきます!

あなたの充実したセックスライフのために…

このページの先頭へ戻る