【要確認】年齢認証が必要です!

18歳未満はご退場願います!
あなたは18歳以上ですか?
YES(18歳以上) / NO(18歳未満)

PCMAX案内ページ
→【出会い獲得】PC-MAX安全性の解説

【独自路線】ブサイクな若ハゲでも彼女とセフレを常備!その理由と方法とは?

  • 「ハゲだから彼女が出来ない、助けてくれー」
  • 「若ハゲだから、女性を口説くなんて無理だよ」
  • 「ハゲでモテるやつって、金持ちだけでしょ?」

 

禿で悩むなら坊主が一番

 

断言します。

 

ハゲでもチビでも、モテる男はモテます。

 

何なら、髪の毛フサフサヤローの女を「横取り」したり「寝取られ」なども、世の中ではゴマンと行われています。

 

女にとっては、男の髪の毛など重要な価値を持ちません。

 

もはや、この心理に気づいていない人はいないはずです。

 

それでも、こんな言い訳をする人がいることも私は知っています。

 

  • 「ハゲが似合うのは、欧米系の顔立ちだけでしょ」
  • 「日本人のハゲは、悲惨じゃね?」
  • 「ハゲでモテるのは、もともと顔が良いからだよ」

 

世間一般的にはブサイクですし、頭も20代中盤くらいにはハゲ出した友人がいますが、そいつはセフレを常時抱え込んでいるモテ男です。

 

私は辞めろと止めているのですが、既婚者のくせに未だに後輩の合コンなどに参加してワンナイトを決めちゃっているクソ野郎ですが、事実としてハゲでもモテています。

 

私自身も、30代前半からM字が進行気味ですが、どこ吹く風状態、全く気にしていません。

 

分かりますよ、ハゲている自分の髪型や見た目に自信が持てない…

 

一日中、鏡に向かって髪型を研究したりしても、それが徒労に終わってしまい絶望することも…

 

でも、それってよくある話なんですよ。

 

つまり、世のモテない男性たちが共通してやっていることです。

 

人に言えない事なので、誰もが「こんなにウジウジ悩んでいるのは自分だけだ」って一人で更に凹んでいるって特徴もあります。

 

それって、そのままだといつまでも変わらないっていう証明でもあるんです。

 

髪型を気にしているような、女々しい男にメスは一匹たりとも寄り付いてはこないでしょう。

 

しかし、考え方さえ変えてしまえば、自然と見た目や雰囲気も変化していきます。

 

慌てる必要はありません。

 

まずはこのページを読んでみて、そういう考え方があるという事を詳しく解説しているので確認してみて下さい。

 

あなたの考え方、ハゲに対する考え方に少しでも変化が起き、彼女やセフレをゲットするという最終目的への正しい道筋に立てるように…

 

まずは読み進めてみて下さい。

 

 

ブサイクな若ハゲが恋愛するための前提条件

 

若ハゲである事実の捉え方

 

私もだいぶMが30代前半くらいから食い込んできてましたが、そんなのお構いなしです。

 

20代で散々女性経験を積んでいることもあり、もはやハゲ程度のデメリットを気にしないだけの自信・メンタルが確立されています。

 

男性が女性にモテるために何が一番重要かといえば、それは見た目ではありません。

 

何においても自信こそが、雄としての魅力であり、女性が理屈抜きで惹かれてしまう理由となります。

 

若ハゲであることは、さほどモテるということに関しては問題でないのです。

 

まずは、この現実をしっかりと認識して、若ハゲであることで1日中思い悩むような悲惨な日常とはおさらばしましょう。

 

私もM字が進行し始めたころは、思い悩む日が無かったかというと、それは嘘になります。

 

しかし、1日中思い悩み、若ハゲを理由にして彼女が出来ないと言い訳をしている男性には、「逃げてるだけじゃん」と言いたくなります。

 

アドラー心理学ではありませんが、あなたは女性に対して自信が無い、恋愛に臆病なことを若ハゲを理由にして逃げているだけではないでしょうか?

 

若ハゲは、むしろ良いネタになることもあるくらい、恋愛においては「本人の捉え方次第」です。

 

見た目に対する気の使い方

 

若ハゲの人は、出来るだけ見た目には気をつける必要があります。

 

無理にハゲを隠そうとして、スダレのように長くして広いおでこや薄くなった頭頂部を隠そうとする男性がおられます。

 

それは、はっきり言ってモテません。

 

若ハゲで薄くなってきているのなら、私はむしろ出すべきかと…

 

もはや隠しようがない事実なので、それを無理して隠そうとする行動に女々しさが出てしまいます。

 

若ハゲの人は単発にして、ある分の髪をきちんと整えて、あとは清潔感のある服装に身を包めばOKです。

 

なんならスキンヘッドにしてもOKなのが、今の世の中じゃないですか。

 

男性はチョンマゲにしなければいけない時代でもないのですから、自由な髪型が許されている時代なのですから。

 

ハゲたのなら美容室代がかからないからラッキーくらいの気持ちで、丸坊主にしてみるのもありですね。

 

実際に、坊主スタイルでもお洒落する方法はいくらでもあります。

 

例えば、ヒゲを伸ばしたり、眉毛を整えたり、服装でカバーするのだってそうですね。

 

見た目に対して、「いかにハゲを隠すか」という方向に舵を切ってしまうと、その先は地獄です。

 

というのも、終わりはないですからね。

 

無い髪を、あるように見せようとしても、そこに物理的に毛がないのですから、不可能なのです。

 

納得のいく髪型になんか、なるはずがありません。

 

たまにカリスマ美容師が薄毛の髪型をカバーしてカッコよく見せるって企画がありますが、あれだって限界がありますよね?

 

薄毛の頭は、誰が見たって薄いって認識されてしまいます。

 

わずかな薄毛くらいならカバーできますが、そうでないのなら「潔く隠さず晒す」というスタンスで生きていきましょう。

 

私の知人にも、以前は後ろ髪を長くして、それをオデコにまで持ってきて不自然な髪型をしている友達がいました。

 

もう気にしているのがバレバレで、一緒にいて気を使うし、正直苦手なタイプでしたね。

 

しかし、ある日突然、超短髪にしてきて、いわゆるソフトモヒカンのような髪型ですね。

 

生え際は剃りあがっていますが、全然、全然、昔の不自然な髪型に比べたらハゲ丸出しのほうが1億倍カッコよくなりました。

 

なんといっても、清潔感が圧倒的に違います!

 

本人も隠すのに疲れたってぶっちゃけるくらいメンタル的にも吹っ切れてようで、性格的にも本来の愛嬌とかが出るようになって男として好きになったことがありました。

 

ハゲを気にしているのは、強すぎる自意識によるものです。

 

あと、若ハゲでも一気にモテ男になれる必殺技が一つあります。

 

ずばりそれは、筋トレです。

 

日本の社会では、そこそこの筋肉を付けるだけで一気に回りと差別化できます。

 

大丈夫、あなたはボディービルダーのようになるのは、かなり確率が低いですから。

 

でも、普通に週1回や週2回の筋トレを、2年近く続ければ、合コンで指摘されて筋肉好きの女性に色目を使われることも不可能でなく、むしろ超リアルに起こります。

 

私の同級生に、芸人の猫●●●のようなチビ、しかもハゲ、デブではありませんが、まぁ見た目的にデメリットを抱えている男がいますが…

 

筋トレでベンチプレスを120キロ挙げる彼の肉体は、普通の人より明らかに筋骨隆々、それだけで女性には不自由していません。

 

ちなみに、同級生の猫●●●に似ている友達は、合コンで女性たちに「似てるー」って突っ込まれると、「ニャー」ではなく「ガオー」って答えています。

 

本人的には、俺は猫ではなくライオンだといいたいのでしょうが、そのあと決まって「筋肉すごいよね」という話題に流れていきます。

 

筋肉は、日本社会では恋愛市場で大きなアドバンテージになることを、ここで密かに強くアピールしておきます。

 

信じるか信じないかは、あなた次第です。

 

 

ブサイクな若ハゲこそ場数が必要

 

合コンには積極的に参加

 

ブサイクほど、出会いの数が圧倒的に必要になります。

 

もうこれは宇宙の法則といっても過言ではありませんね。

 

ヒット率が低いのなら、分母でカバーするしかないですからね。

 

というより、どんなブサイクでハゲな男性でも、分母が増えると自然とヒット率も上がっていくものです。

 

だって、ハゲとかブサイクって恋愛市場においては、致命的なデメリットではないので…

 

数をこなせば精度は上がっていきます。

 

ですので、ハゲを気にしている男性ほど、出会いの場には積極的に足を運びたいところです。

 

そのためにも、若ハゲでウジウジ悩んでいる状態であれば、まずはメンタルから鍛える事が必要です。

 

ちなみに、メンタルを鍛えることにも筋トレというのは一躍買うといわれています。

 

体に負担・ストレスをかける行為が筋トレですが、このストレスにはメンタルにも同時にかかっているとのこと…

 

私は昔からメンタルが強めなので分かりませんが、筋トレを始めた知人の多くはメンタル的にも強気になっているのは肌で感じます。

 

ベンチが100キロあがるようになると、もはやその辺のガリガリのチンピラ的なやつらは怖くもなんともない

 

確かに、それは事実だと私も同意見です。

 

文明の利器を活用するのはマスト

 

注意してほしい事ですが、若ハゲでモテない男性というのは、一部の男性からは敬遠されがちであるという事実です。

 

男性というのは、雄の習性として「強い雄と一緒にいたい」という本能があります。

 

中学生の頃に、強そうな不良と一緒にいると自分も強くなったようで気持ちが大きくなった経験がありませんか?

 

逆に、真面目で弱そうな友達と一緒にいると、こっちまで舐められそうで嫌だなぁって思った経験がありませんか?

 

その理屈は、大人になっても根っこに残っています。

 

若ハゲでブサイクというモテない男の代名詞を兼ね備えた男に対して、同じ男たちは戦力外通告を出しやすいのです。

 

もしくは引き立て役として利用するつもりで、ダシにしようと考えるハイエナ君もいることでしょう。

 

ですので、あまりに「合コンに誘ってくれ」「誰か紹介してくれ」とお願いするのは、嫌がられる可能性があります。

 

そのことを踏まえたうえでも、私はブサイクで若ハゲだと自他ともに認めているような男性にこそ、文明の利器である「出会い系サイト」を活用してもらいたいのです。

 

なぜなら、女性というのは男性の強い雄と一緒にいたい本能とは違い、男性を見た目で判断しない子が多いからです。

 

もっと詳しく言えば、若ハゲやブサイクといった社会的な評価でも、その評価を適用させずに独自に判断してくれる女性は世の中にはゴマンといます。

 

そのゴマンといる女性を他の男友達たちに迷惑をかけずに漁れる場所が、出会い系サイトなのです。

 

まとめ

 

まとめ

 

私はたとえ、ハゲが進行して毛が一本も無くなったとしても怖くありません。

 

スキンヘッドという活かした髪型が残っているじゃないですか。

 

しかも、メンテナンスも楽だし、男らしいし、若ハゲで悩む意味が分からない…

 

私は若ハゲで悩んだ経験もあるので、気持ちも分かりますが、若ハゲで悩んでいてもモテる日は来ません。

 

一度きりの人生、髪の毛程度のデメリットを払しょくできずに燻って、抱けるはずの女性も抱けない人生のほうが怖いです。

 

見れるはずの、あの子の感じた顔が見れないだけでも、吐きそうになります(笑)

 

あなたはどうでしょうか?

 

ここまで読み進めて下さり、私の持論に付き合ってくださり、心から感謝します。

【性欲解消】あなたがセックスで損をしないための3つの秘策!

このページの先頭へ戻る