【要確認】年齢認証が必要です!

【例文あり】出会い系の日記の書き方!女性に響く文章を作るコツ!

  • 「出会い系の日記って、書いた方が良いの?」
  • 「男が日記を書く時、何を書けばいいの?」
  • 「女子受けする日記の書き方が知りたい!」

 

出会い系の日記に変身をしてくれた人妻

 

出会い系サイトの中にある日記、ご存知ですか?

 

男性の場合、女性探しばかりして、女性の日記ばかり読んで、自分は日記を書いていない…

 

そんな出会い系ユーザーの男性も多いのではないでしょうか?

 

日記というのは、プロフィールの次に重要なあなたの「顔」となります。

 

もっとあなたのことを知りたいと思った女性ユーザーは、プロフィールを一通り舐めるように見た後、必ず日記もチェックします。

 

この日記があるかないかで、女性があなたに興味を持ってアクションを起こすか…

 

小さなことですが、利用期間が長くなればなるほど、その違いが大きく出てきます。

 

このページでは、出会い系の中の「日記」を上手に書いて、女性の評価を上げようという趣旨で書いています。

 

出会い系の日記の書き方は勿論のこと、例文を交えて「重要な一文」の作り方なども分かりやすく解説しています。

 

出会い系でなかなか女性からアプローチされない、メッセージを送っても返信を貰えない…

 

そんな悩みを抱えている男性は、是非参考にしてみて下さい。

 

 

【男性版】出会い系の日記の書き方

 

どういったネタが受けるのか?

 

一般的には、趣味の話だったり、ペットの話だったり…

 

こういったネタがあれば、その辺を書いておけばベターですね。

 

ただし、ベターというだけで「外さない」ってだけの話です。

 

個人的には、他の男性が手抜きしている日記の部分で、微妙に差別化すると好感度を爆上げできると考えています。

 

実際には、以下のようなネタを日記に書いています。

 

  • おっちょこちょいな失敗談
  • 仕事でドジった話
  • 職場にいる面白い人の話
  • この年齢で初めて体験した話
  • いまさら聞けないことを知った話

 

日記を見る女性は、あなたのことを何も知りません。

 

読んでいて「ほっこり」させるような、そんなホノボノ系の日記だったり、クスっと笑ってしまうような日記が良いですね。

 

無理に面白い話を作ろうとしたり、驚くようなストーリーを書く必要は全くありません。

 

目が飛び出るようなネタを書かなくても、出会い系の中で十分にアピールできます。

 

「こいつ、どうしようもないなぁ」って思われるような、愚図アピールになってしまう日記は書かないようにしましょう。

 

クスっと笑えるような、そんなドジな話がお勧めです。

 

何記事、何文字、頻度の目安は?

 

まず、日記は毎日書く必要はありません。

 

毎日更新ってなると、荷が重いですよね?

 

あくまでプロフィールの「補完」として使う機能だと考えましょう。

 

ですので、私は「3記事程度」を投稿しておいて、あとは更新もしていません。

 

  • 「毎日書かないと、本気度がアピールできないのではないか?」
  • 「古い日記だと、積極的なユーザーじゃないって思われるんじゃないか?」

 

こういったことを考えている男性もおられるようですが、頻度はそれほど問われません。

 

積極的なユーザーだとアピールしたいのなら、出会い系サイトに毎日ログインしていれば、それでアピールできるのでOKです。

 

個人的には、3記事から5記事程度、日記を投稿しておけば、日記としての役目(自己アピール効果)は果たすのかなと考えています。

 

1記事だけだと寂しいと思うので、できれば3記事程度投稿しておくと、あなたの「人柄」をもっと知りたいという女性にアピールできます。

 

文字数も特に気にしなくても良いですが、長すぎると逆効果なので、500文字以内くらいが良いのではないでしょうか?

 

この辺は正解はありません。

 

読んでいて疲れない程度の文字量で書きましょう。

 

また、日記を投稿する際には、適度に「改行」をいれたり、一文が長くなってしまわないように注意してください。

 

日記を開いた瞬間に、一気に読む気が失せるパターンの例をご紹介します。

 

出会い系で出会って、いろいろしたい。彼女を作りたい。もっと色々な恋愛がしたい。その為には何をすればいいのだろうか?出会い系サイトには何サイト登録すれば良いのだろうか?どこかでナンパしたことがないとダメなのか?女性は女性慣れした男が好きだって聞くけど、おれは何も経験がないから出会い系でもモテないの確定なのだろうか。この文章は読みづらい日記の例を紹介するためのサンプルですので、文章自体に意味はありません。この文章に意味はありません。この文章に意味はありません。乗客に日本人はいませんでした。いませんでした。いませんでした。

 

「うっ」ってなりませんか?

 

文字が「壁」のように並んでいると、それだけで読む気が失せます。

 

適度に改行を入れて、空白を作りましょう。

 

後ほどご紹介する【例文】のように、改行を適度に入れて、読みやすい文章にしましょう。

 

書いてはいけない日記とは?

 

誰が読むのかを意識して日記を書けば、普通は書かないだろうと気付けるはずです。

 

しかし、出会い系サイト内の男性の日記には、うっかり女性ウケしないネタを書いているケースが散見されます。

 

  • 政治的ネタ
  • 会社の愚痴
  • エロなアダルトネタ
  • 友人の悪口
  • 人を馬鹿にした話
  • 自分が鬱な話
  • 復讐の誓い

 

普通に考えて、出会い系の中でこんな日記を書く男性と出会いたいと思う女性はいません。

 

いたとしたら、相当なメンヘラ女子ですし、関わると更にネガティブな事になるでしょう…。

 

仮にあなたがアダルトな出会いを求めていたとしても、日記にそういったネタを書くのは止めましょう。

 

ただただ、業者やサクラを引き寄せるだけです。

 

アダルトな関係を求めている一般の女性からも、露骨なアピールは敬遠されてしまいますので…

 

【例文】出会い系で女子ウケする日記の参考例

 

仕事は大変だったりもしますが、楽しく頑張っています。

 

ホテルマンということもあり、接客が命だったりするので、普段から心理学の本などを読んで勉強しています。

 

あ、そういえば、この間おもしろい事があったんです。

 

仕事中はクールであまり笑う事のないキャプテン(役職名)がいるのですが…

 

そのキャプテンが、新人の女子に「これ、A5でコピーしてくれる?」と指示を出していました。

 

新人の子は、新卒で入ったばかりの某国立大の英語学科卒の女子です。

 

はい、もう気づいた方もいるかもですね(笑)

 

この新人さん、キャプテンに依頼された用紙を「A5」にコピーするのではなく、「英語」に翻訳してコピーしていたのです!

 

これにはさすがのキャプテンも、「クスッ」といった感じで笑いをこらえきれずに噴き出していました。

 

そのレアな姿を目撃できたので、その日は一日ずっとハッピーでしたね。

 

仕事って、つまらないことも多いですが、目の向け方によっては面白いことも山積みだったりします。

 

また、面白い事があれば日記にしてみようと思います。

 

この例文のキモ、どこか分かりますか?

 

A5を英語と勘違いしたっていうネタも中々微笑ましいものですが…

 

個人的には、「その日は一日ずっとハッピーでしたね。」という一文がキモです。

 

こういったポジティブな文章を入れてあげると、女性に「温かみ」や「優しさ」が伝わります。

 

上の例文から、この「そのレアな姿を目撃できたので、その日は一日ずっとハッピーでしたね。」という一文を削除しても、それなりに女子ウケする日記にはなると思います。

 

しかし、この一文があるかないかだと、女性からのリターンの数には変化があることでしょう。

 

あなたの心情を吐露するような、その吐露する心情が、女性のアンテナにビビッときます。

 

  • 「人の優しい一面に触れられて、この日は一日、ほっこりした気分で過ごせました。」
  • 「普段怒りっぽい人に対しても、ふと優しい一面を見せられると好感を持ってしまいますね。」
  • 「キャプテンも、普段は強がっているだけなのかなぁとか思うと、なんだか愛おしい気持ちになりました(笑)」

 

日記を作成する時は、ネタも重要ですが、その中であなたの感情を表現する一文を入れて下さい。

 

その感情の一文が、女性の背中を教えてくれます。

 

まとめ

 

まとめ

 

出会い系で女性をゲットしたいと考えているのなら、必ず日記は数通投稿しておきましょう。

 

毎日投稿する必要はありません。

 

プロフィール替わりとして日記を使うことが、ベストであり、日記はそれ以上の効果は無いといっても過言ではありません。

 

是非、当ページでご紹介した日記作成のコツを加味して、あなたオリジナルの日記を投稿してみて下さい。

【欲求不満解消】あなたがセックスで損をしないために必要なコンテンツ!

このページの先頭へ戻る