【要確認】年齢認証が必要です!

18歳未満はご退場願います!
あなたは18歳以上ですか?
YES(18歳以上) / NO(18歳未満)

PCMAX案内ページ
→【出会い獲得】PC-MAX安全性の解説

ドMな41歳人妻を乱暴に凌辱!猫撫で声の中、生で中出し!

「ドMな人妻熟女を乱暴に責めて、喘ぎ声が部屋中にこだまする中、激しく突いて中に出しフィニッシュで果てました!ざまあみろ!クソ上司!(笑)」

 

40代熟女人妻の豊満な乳

 

クソ上司の嫁を寝取る妄想で、まずは助走を付けましょう!

 

【音量注意】

 

 

はじめまして、横浜でシステムエンジニアをする31歳のサラリーマンです。

 

あまりの欲求不満のあまり、月に20万くらいソープランドで浪費したことがある駄目男です。

 

ひょんな切っ掛けから出会い系サイトを使うようになり、偶然が重なってなぜか今では「熟女好き」になっています(笑)

 

そんな私の体験談を一つ、ご紹介させていただきます。

 

出会い系で知り合ったおばちゃんが臭くて優しい

 

今回は出会い系サイトでの体験談をご紹介したいと思います。

 

私は27歳で初めて出会い系を使ったわけですが、それまで熟女や人妻に特別な思い入れはありませんでした。

 

普通に同世代、年齢が離れていても3つ年上の女性までが付き合ってきた彼女の年齢層でした。

 

しかし、出会い系サイトを使っている中で、何となくメッセージを貰ってやり取りして、その流れで待ち合わせをして…

 

狙って会った相手ではない、たまたま人妻と出会い、たまたまセックスをしたことで、開眼してしまいました。

 

目覚めちゃいましたね(笑)

 

同世代の女が、むしろ面倒くさいと感じるようになってしまいました。

 

今回ご紹介する出会い系の体験談も、完全なるおばちゃんセフレとの出会いです。

 

今では完全に「熟女・人妻」を狙って出会い系サイトの中で活動しています。

 

私が使っている出会い系サイトは、「PC-MAX」です。

 

ほかにも別の出会い系サイトを使ったことがありますが、人妻で且つエロい熟女を狙うのならPC-MAX一択で十分だと感じています。

 

実際に出会ってセックスまで持ち込めたのも、PC-MAXだけなので、私はここしか使っていません。

 

最近は「アポ待ち」機能を使って、アクティブな女性を狙っています。

 

この機能をうまく使えば、休みの日の午前中とかに活動をスタートして、その日の夕方や夜には会えるってことも珍しくありません。

 

ただ、人妻となると平日のほうが会える確率が高くなるので、アポ待ち機能以外にもプロフ検索で済んでいる地域や年代(35歳以上)で絞って女性を探しています。

 

基本、こちらからアプローチした女性からのメッセージしか返信しません。

 

こちらがアプローチしていないのに、メッセージをくれる女性は業者で間違いないかと思います。

 

私の経験上は、間違いなく業者さんで、すぐに援助交際の費用についての相談が持ち掛けられます。

 

今回はたまたま、平日の昼間にアポ待ち機能を使って見つけることが出来た40代の人妻との出会いについてご紹介します。

 

  • 名前:ふみ
  • 年齢:41歳
  • 結婚:既婚、子供1人
  • 体形:ぽっちゃり

 

中目黒で待ち合わせをして喫茶店で小一時間お話

 

彼女が普段行かない場所、知り合いにも会いそうにない場所ってことで「中目黒」を指定されました。

 

私は今は朝霞に住んでいるのですが、以前綱島に住んでいたことがあるので、中目黒にもよく遊びに行っていました。

 

久しぶりに来た中目黒の駅の改札で、待ち合わせ時間よりも先について彼女の到着を待っていました。

 

すると、改札側からではなく出口側から近づいてきて、完全に私は面を食らって「うわーっ!」と小さく叫んでビックリしてしまいました。

 

トイレに行っていたらしく、まさかの逆方向からの登場でしたので、普段からリアクションが大きい私は最初から打ち解けた感じの出会いを、図らずも実現してしまいました。

 

彼女もノリが良くて話しやすいって言いながら、二人で歩いて近くの喫茶店に向かいました。

 

歩きながら彼女の顔や姿をちらっと見て物色してみましたが、そうですね、普通におばちゃんだなぁって思いました。

 

スカーフ的なものを撒いて、少しお洒落をしてきてくれていますし、髪の毛だって白髪などなく、艶のある茶髪をポニーテール風に結んで小奇麗にしてます。

 

開眼する前の私ながらいざ知らず、今の熟女マニアの私には最高のご馳走にしか見えませんでした。

 

通りを歩きながら、オムライスの美味しいカフェの看板で立ち止まり、二人で「ここにしようか?」と意気投合し、急遽おむらいすカフェに入ることになりました。

 

お店に入って、席に着くときに恥ずかしそうに私の前に座って、上着を脱いでタイトなセーター姿になり、上着をたたんで隣の椅子に置き、照れくさそうにお辞儀をして椅子に座っていたシーンが印象的でした。

 

職業柄なのかな?とか思いましたね。

 

なんでいちいち席に座るのに、私にお辞儀をする必要があるのか…営業系の仕事をしている人なのかなぁとか、変に冷静に分析するくらい、私には心の余裕がありました。

 

もう、出会い系でおばさんに会うことに慣れていて、ドキドキワクワクのポイントが初期のころと違っているように感じます。

 

今回の女性は、どんな女性なのか?

 

そんなことを考えながら、物色するように女性を見定めようとして、そこに感動や興奮、エロのポイントを無意識に探しているような、そんな気がします。

 

一通り談笑して、彼女の息子さんの話を中心に盛り上がり、外に出ました。

 

すると、丁度ダンスユニットの歌手の一人が携帯ショップから出てきていて、横付けした車に乗るまでに女性陣に囲まれてサインや写真をお願いされていました。

 

普段なら物珍しく見るのですが、私と人妻、変に写真に写りこんだりしたら洒落になりませんので、裏手の小道に入って人影が少ないほうへ、なんとなく昆虫が逃げるように二人で行動しました。

 

ホテルの誘い方にノウハウなし!自然にサクッとがコツです!

 

ホテルの場所は事前に確認していましたが、想定外の出来事で脇道にそれたことで、別のラブホテルが目の前に現れました。

 

小さなラブホテルでしたが、何ら問題ありません。

 

迂回して大通りに戻れば、予定していたラブホテルまで距離があるので、その間に口説けば良いかなぁと思っていたのですが…

 

目の前にホテルが近づいてきたので、私はサクッとホテルを提案してみました。

 

「良かったら、あそこで休憩しませんか?」

 

思えば、私はいつもこんな感じでホテルに誘っていますね?

 

断られても全然OKだって内心思っているところがあるので、サクッと誘って案外OKされることが多いです。

 

今回も私があまりにもサクッと突然ホテルに誘ったので、少し状況判断するような混乱して照れている人妻でしたが、すぐに「少し休んでいこうか」と快諾してくれました。

 

まぁ私のホテルの誘い方が上手いとかではなく、人妻のハードルが低いだけだと思います。

 

ウジウジしながら自信なく誘ったりしなければ、出会い系の人妻で会って食事まで済ませているのなら、結構な確率でOKしてくれるはずです。

 

私のような鼻の穴が上を向いた豚鼻の男でも、快諾してくれることが多いので間違いないでしょう(笑)

 

脱がせてみたら母ちゃんみたいな体形だった

 

ホテルについて、今回の人妻は勝手にモードに入っちゃっているパターンでしたね。

 

私、ドMだから、ガンガン責めてほしい

 

聞いてもいないのに、セックスの注文までしてくる始末です(笑)

 

最初のイチャイチャだったり、言葉攻め的なシーンはカットされて、入ってすぐに私に抱き着いてきて、私の胸板とか腕とかをスリスリしながら一人で感じ入っていました。

 

よほど欲求不満だったんでしょうね。

 

カフェにいたときは、それほど下ネタを好むタイプではないので、普通に世間話しかできずに距離が近づけられていないなぁと感じていたのですが…

 

ホテルに入った瞬間にスイッチが入ってくれたので、ある意味で楽ちんで助かりました。

 

タイトなセーターを脱がせてみると、ベージュのキャミソールがパツパツになるくらいの大きな膨らみを見ました。

 

胸は大きいと思っていましたが、目の前に広げてみるとかなりの大きさでしたね。

 

首筋の皺やほうれい線、お腹の弛んだ脂肪から年齢を感じさせます。

 

とはいえ、おっぱいや乳首は女子大生のものと言っても相違なく、白の大人っぽいリバーレース調のブラジャーだけ脱がせて、ベージュのキャミソールは着せたまま、ノーブラの状態でセックスを進めました。

 

肩ひもがずれて、片乳があらわになった状態で、仁王立ちする私のペニスにしゃぶりつく姿は、中々のエロティシズムでしたね。

 

なぜかずっと、片方の手の人差し指を、自分の耳に入れてましたので、イヤホンでもしてるのかなと思いましたが、何も耳の中には入っていませんでした。

 

後から聞いたのですが、耳を自分で触るのが好きなんだそうです。

 

興奮するときほど、耳の穴を弄ってしまうのだそうです。

 

言ってくれれば、セックス中に耳の穴を舐め回したのに…と後から思いましたが…

 

話を戻します。

 

ぺちゃぺちゃとやたらと音を立てて、空気と人妻の唾液音が混ざり合い、古いラブホテルの中に響き渡っていました。

 

部屋の奥でお湯の音がする以外に、彼女の吐息と私のペニスから出すフェラ音だけで、実にムーディーな空間でのセックスとなりました。

 

彼女をベッドに寝かせて、首筋に顔をうずめて愛撫をしましたが、化粧品の香りと混ざって、汗のにおいがしました。

 

その匂いがやたらと私を獣にしてしまうようで、ムラムラとした興奮が徐々に徐々に盛り上がっていくのを実感しました。

 

私は彼女の髪の毛を乱暴に掴み、もう一度彼女の口の中にペニスを差し込み、喉奥深くまで飲み込ませました。

 

えづき汁を出すまで喉の奥に押し込み、彼女が涙目で私のほうを見上げて目で苦しさを訴えてきても、そのまま喉奥に差し込んだままで涎をダラダラと流させました。

 

窒息寸前まで喉奥を責め、彼女がたまらず顔をそむけた後、すぐに彼女のほうからもう一度私のペニスを喉奥深くまでくわえ込みました。

 

完全にドMな人妻です(笑)

 

手入れのされていないマン毛を乱暴に指で引っ張りながら、「あん、あん、あーーん」といった猫撫で声で、何をやってもM色の強い喘ぎ声を出してきます。

 

40過ぎのおばさんですが、弱弱しく喘ぐ姿は私には十分な興奮を覚えさせました。

 

ベッドに移動してからも、私は彼女を少し乱暴に押し倒して、「ほら、オマンコ舐めてやるから、足開きな」とか言いながら、M字開脚にさせて最初から激しく首をガンガン振りながら、赤くビラビラが大きめの小陰唇を舐め回しました。

 

身をよじらせて感じまくり、手マンに切り替えたらすぐに、おしっこがワンプッシュくらい出てしまったようで、さっそくシーツに沁みが出来てしまいました。

 

人妻熟女の特権の一つに生本番というプレミアムがあります

 

私はゴムを付けると、感度が悪すぎて中々イケなくなる質です。

 

イケなくなるだけではなく、次第に中折れして勃起が維持できなくなることも珍しくありません。

 

そのため、できるだけセックスは生でやらせてもらいたいっていうのが本音です。

 

この問題に関しては、基本的に人妻であればクリアさせてくれます。

 

基本、生でセックスさせてくれる人妻のほうが多いですね。

 

中には聞くこともなく、黙って生で入れても何も言わないでそのまま流れでファックが始まるってことも珍しくありません。

 

今回も、手マンでマンコをグチョグチョにして、お腹に帝王切開の後っぽい傷を見つけて、軽く舐めて吸って愛撫してから、無言のまま生でマンコに放り込みました(笑)

 

彼女も何も言わずに、足を大きく開いたまま、私が挿入した瞬間に私の体を足で「カニ挟み」して、完全にセックスモードに入って喘ぎ始めました。

 

がっつりのほうれい線と眉間にしわを寄せて、気持ちよさそうに喘ぐ表情を眺めながら…

 

キャミソールが乱れて乳が片方飛び出ている状態を眺めながら…

 

上から見下ろすように、人の嫁のすべてを奪い取ったかのような優越感に浸りながら、ガシガシと腰を振りまくりました。

 

騎乗位に変更するタイミングで、キャミソールを脱がせ、白肌の弛んだ体をあらわにして、私のペニスの上で腰をグラインドしてキャンキャン言う人妻の乳を、下から「鷲掴み」にして風船をつぶすかのような力で握りつぶしました。

 

少し飛び出ている乳首を親指と人差し指で掴み取り、激しめに引っこ抜くような感じで刺激を与えると、喘ぎ声のトーンが変わりましたね。

 

少し痛みがあるセックスも好みのようなので、そのあとバックになったときも激しめに尻に平手打ちを食らわせてやりました(笑)

 

肉割れの跡があるお尻を、ひたすらイタブッテあげました。

 

興奮しまくっていたので、私もかなりの「ドSな性格」が暴れまくっていたので、彼女のお尻は真っ赤に「ミミズばれ」するくらい、かなり執拗に平手打ちを食らわせてしまいました。

 

  • 「旦那以外のチンポ、美味しいか?」
  • 「旦那じゃこんなことしてくれないでしょ?」
  • 「ほら、こんなにマンコグチャグチャになって、どうするのよ?」

 

言葉攻めを交えながら、ヘナヘナになって感じまくっている人妻を、とことん責めまくりました。

 

最後は正常位に戻して、彼女の口を丸ごと咥え込むように大きく彼女の口を吸いながら、ベロを吸い取るように吸い上げながら、思いっきり彼女の中に発射させてもらいました。

 

中出ししたマンコを指でほじくると、かなりの量のドロドロとした液体がシーツの上に流れ落ちました。

 

精巣がキリキリと軽くうずくほど、根こそぎ精巣から精子を搾り取ったような感覚になりましたね。

 

何もやる気が起きないくらいの脱力感を伴って、人妻とのセックスを終えました。

 

まとめ

 

旦那さんは、どこぞの会社の部長さんらしいです。

 

普段から、私たち世代の男を顎で使って偉そうにしているのでしょう。

 

私は、自分の会社のクソ上司の顔を思い出し、そいつの嫁を凌辱してやったと妄想しながら、その日は非常に気分が晴れるような心持ちで帰路につきました(笑)

 

完全なる悪趣味ですね!

 

帰り際に「旦那以外の男性としてみたかったから、今日はとても良かった」と言っていました。

 

リピートもありそうですね!

 

40代と聞くと私の同世代の男だと、「そんなババーとセックスできるかよ!」とか言いそうな気がします。

 

「40代前半ならギリOK」とか言うのかな?

 

聞いたことがないから分かりませんが…

 

しかし、一度40代熟女の味を覚えてしまったら、むしろ人妻熟女のほうが美味だったりします。

 

欲求不満なセックスレスの人妻が多く、セックスまでのハードルも低い!

 

出会い系でも穴場的な属性にいるのが、40代人妻熟女だと思います。

 

セックス経験も豊富なので、中には初めての驚くようなテクニックでご奉仕してくれることもあります。

 

中には、クソみたいなツンデレで飯代だけ出して終わりってパターンもあり、胸糞悪いままお別れすることもありますが…

 

今回のようにドMな人妻なら、ガッツリ中出しして昇天させてもらえることもあります。

 

私が使っているPC-MAXなら、平日の昼間が狙い目です。

 

平日昼間に活動できそうな人なら、無料登録できますので、まずは試してみるといいですね。

 

包容力抜群の年上熟女は、まじでエロくて、男としての価値を爆上げしてくれます。

 

自己肯定感が爆上がりしますので、PC-MAXにいる人妻、おすすめです。

【性欲解消】あなたがセックスで損をしないための3つの秘策!

このページの先頭へ戻る