【要確認】年齢認証が必要です!

18歳未満はご退場願います!
あなたは18歳以上ですか?
YES(18歳以上) / NO(18歳未満)

PCMAX案内ページ
→【出会い獲得】PC-MAX安全性の解説

ドMなシングルマザー熟女もお手上げ!車の中で変態野獣が大暴れ!

「夜景を見ながら吸ったタバコの味は、格別に美味だった」

 

夜景をバックに向き合う男女

 

 

四国の愛媛県松山市に住む34歳、配達業をしています。

 

現在は結婚して、子供もいる普通の父親です。

 

主に松山市、伊予市あたりの宅配です。

 

配送業は、基本的には出会いが無い仕事で、数少ない会社の事務の女性は、イケメン同僚や上司の餌食に…

 

結婚しててもお構いなし、不倫の噂は絶えません。

 

私のような、低スペックの男だと、社内で「お肉のご馳走」にはありつけません。

 

そんな私ですので、自然と向かう先が出会い系サイトになります。

 

普段から、暇があればアプリを起動して、手頃な女性を探し回っています。

 

今年で35歳になりますし、少し女性の趣味も変わってきました。

 

近頃は、若い子も良いのですが、年を取った人妻や熟女の巨乳なんかも、めちゃくちゃ興奮してしまいます(笑)

 

PC-MAXで「変態さん募集」の35歳以上を狙い撃ち

 

私が実際に、PC-MAXで出会い、成功(性交)できたパターンを一つご紹介したいと思います。

 

それは、アダルト掲示板にある「変態さん募集」という掲示板の女性を狙い撃ちしたことです。

 

ハッキリ言って、ここには「業者」「さくら」「キャッシュバッカー」などの、私たちセックスしたい男にとって「敵」となりうる女性もどきが生息しています。

 

割り切り関係、お金を払ってもOKという男性であれば、ここでウジャウジャ湧いている金目当て女を漁るのも良いでしょう。

 

私は安月給、どうせお金払うなら、私の場合は道後(温泉で有名だが風俗街も多い)に行った方がマシだよってなるんですね。

 

変態さん募集の掲示板の中には、いわゆる「素人っぽい女性」というのも潜んでいます。

 

その辺の線引きは、人によってバラバラだと思います。

 

私も経験上ですが、以下のリトマス試験紙を用いて、素人と業者を選別しています。

 

  • 「写真が美人の顔写真になってる」
  • 「エロいこと全開でPRしている」
  • 「頻繁にログインしていて、よく見かける」

 

この辺ですかね。

 

ただ、今回は変態募集の掲示板で見つけたので、普段よりも「エロ発言」は多少はOKという目で探しました。

 

変態な女性を見つけたい時は、プロフィール検索で「変態」とか「アブノーマル」って入れて探してみるのも良いかもですね。

 

38歳のシングルマザーになったばかりの元人妻から返信あり

 

ポイントはメッセージを送る為に使うものである!

 

このポリシーのもと、下手にプロフィールを見たり、裏データを見たり、どうせ実際に会ってみないことには本当の評価は下せないものです。

 

それだったら、ある程度自分で線引きを作って、あとはメッセージを送りまくった方が果実を得る確率は格段に上がります。

 

今回も、30人くらいにメッセージを送ったと思います。

 

その中で返信があり、業者っぽくなく、素人っぽいなぁと思ってやり取りを始めたのが以下の女性でした。

 

  • 名前:葉月(仮称)
  • 年齢:38歳
  • 結婚:×1(離婚して半年)
  • 子供:あり(小学生の娘と息子)
  • PR:離婚して新しい生活にも慣れてきました。両親が近くに住んでおり、何かと助けられています。良い出会いがあれば、気楽な出会いがあれば、お互い干渉しすぎない大人の関係が作れたら、そんなことを思って登録させてもらいました。

 

自己PRの部分で、「アナルOK」とか「今日、中出しごっくんOKです!」とか「おしっこフェラ」とか「口の中におしっこジョボジョボして欲しい」とか、明らかなエロを強調してくる女性は、ほぼ業者ですね。

 

プロフ写真が、「めちゃくちゃデカい乳を強調した写真」だったり、「めちゃくちゃ美人の女性の顔写真」だったり…

 

変態掲示板などのアダルト掲示板の中に居ても、割と普通の書き込みやプロフ写真を使っているっていうのが、ミソですね。

 

スーパーの駐車場で待ち合わせをする

 

昔、から揚げ屋があった場所も、いまでは駐車場になってるんですね。

 

久しぶりにこの辺に来たので、少し景色が変わったなぁと感じました。

 

本町●ジが新しくなったのは知ってましたが、周りの建物なども微妙に変わったなぁって感じました。

 

駅周辺だと人目が気になるという事で、彼女が挙げた候補の中から今回はこのスーパーの駐車場で彼女を拾って、そのままドライブしようという事になりました。

 

私は待ち合わせの時間よりも40分ほど早く到着して、周りを歩いて散策してみたのですが…

 

N●Kとかも無くなってるし、途中のお好み焼き屋もなくなってましたね。

 

そんな感じで、待ち合わせ5分前くらいに駐車場に戻ると、それっぽい女性がカーポートの下に立って待っていました。

 

少し小雨が降ってきてたので、彼女は傘を持ってきていないらしく、雨宿りがてら待ってくれていました。

 

背後から彼女に声をかけて、少し驚かせてしまいましたが、一先ず初対面の挨拶を済ませて私の車に乗ってくれました。

 

時刻は18時を超えたころでした。

 

外も薄暗くなってきていて、食事するために、予約をしておいた私の行きつけのハンバーグ屋さんへ向かいました。

 

レンガ造りのハンバーグ屋さん、ここの煮込みハンバーグはマジでうまい!2,3ヶ月に1回は遠くても通っているほど上手い!

 

昔ながらの洋食屋さんって感じで、石手川沿いにあり、店の雰囲気も良い。

 

市街地から少し離れているので、お忍び的な感じで使う時に非常に重宝します。

 

実際、出会い系で知り合った女性と来るのは、今回で3度目だったりします。

 

彼女も食べたいと言っていたハンバーグ、しかも私が良く知る上手いハンバーグに舌鼓を打ち、非常に満足そうでした。

 

お会計も私が持ち、彼女には久しぶりのデート気分を味わってもらいました。

 

話題はどうしても、元旦那さんの「愚痴」や「辛かったこと」などが中心となり、時より思い出して涙をするようなシーンもあったりして…

 

私も家庭を持つ身でありますので、彼女の意見は私の妻の意見のようにも聞こえ、考えさせられる部分もありました。

 

彼女の元旦那さんは、非常に気分屋さんで、モノに当たるタイプの男性だったそうです。

 

ちょっとしたことで機嫌を損ねると、もう手が付けられないくらい暴れ、テーブルや食卓の上のものをまき散らしたりしてたそうです。

 

そんな感じの旦那さんとの生活を10年近く続け、もう無理だってことで離婚を決意したそうですが、なかなか旦那さんが別れてくれなかったのだとか…

 

まぁそんな感じで、傷心気味の元人妻が、やっと新しい生活の基盤が整ってきて、少し余裕が出来てきた。

 

そんな絶好のタイミングに、私という出会い系サイトのハイエナ男が好機をつかんだというわけです。

 

夜景を眺めるために登る

 

伊台方面へ向かい、夜景を見ようってことになりました。

 

その日は結局、小雨は振りましたが、そのあとは雨もやみ、外を散歩できるくらいの涼しい気候でした。

 

民家が建ち並ぶエリアを少し抜けて、山道の脇に車を路駐!

 

外に出て、少し歩いて夜景を見ながら散歩しました。

 

「こんなデートみたいなことしたの、何年ぶりだろうなぁ〜、楽しかったなぁ〜」

 

彼女は、私という既婚者との出会いに、とても前向きな発言を繰り返してくれました。

 

きっと、私を恋愛の対象としては見ていません。それだからこそ、この出会いに前向きな意味を持たせることができるのでしょう。

 

私自身も、既婚者であることを隠していませんし、そのことを知ったうえで今回は彼女も会いに来てくれているわけです。

 

俺も、いちおう結婚してるから、しつこく踏み込んだりしないからね、楽でしょ、俺みたいな男と遊ぶのが(笑)

 

自分で言うのかよって感じですが、そのようなレッテル張りを行って、徐々に私が求める「セフレ」という方向に意識を向けようと企み、実行に移していました。

 

徐々に彼女との気持ち的な距離も縮まり、いつしか敬語も使わなくなって、伊台の景色を眺めながら、手を繋いで散歩していました。

 

車に戻ってハンバーグを喰らったままの口でディープキス

 

車に戻ると、彼女が「そろそろ帰ろうかなぁ」と言い出してきました。

 

それを聞き、「そうだねぇ」と答えつつ、そのまま助手席の彼女の顔に私の顔を近づけ、少し強引にキスをしました。

 

最初は、彼女も面を喰らったように、少しのけぞり「えっ」みたいなことを言いましたが…

 

すぐに私が彼女の顔を手で鷲づかみにして再度深くキスをしたので、観念したようです。

 

首根っこを抑えられたウサギのように、肉食動物さながらに興奮した私を前に、彼女の肉体は「全開放」されました。

 

お互い、歯磨きもしないまま、車の中で激しいキスをしました。

 

山道で歩行者も殆どいない、たまに車が通るくらいの脇道に停めて、私は「最後まで行きたい」と心の中で思いながら、徐々に彼女の体を侵略していきました。

 

幸いなことに、頭、首、乳、股間と侵略を進める過程で、彼女が拒否したり抵抗したりする仕草はなく、楽に城を明け渡してくれました。

 

私と私の股間についている司令塔は、悠々と城の中に入り、城の中にある金銀財宝を存分に愛で回しました。

 

変態野獣が大暴れ!熟女も観念して身を差し出しお手上げ!

 

気付いたら後部座席に二人共移動しており、座席をめい一杯倒して、私は彼女の体を月明かりの薄暗い中、食べるように、喰らうように、舐め回しました。

 

セックスになるまで気付きませんでしたが、実際に車の中でセックスが始まると、彼女は「ドM」というか、なんでも許してくれて、受け入れてくれるオーラ全開だと感じました。

 

興奮して獣のようになっている私を、抱きしめ、包み込むように、自分の体を開放して、私のために犠牲にするかのように、ご奉仕してくれました。

 

胸はDカップくらいでしょうか、小さくもなく、大きくもなく、手頃な感じでした。

 

乳首がいささか、人よりも長く伸びるようで、子を産んだ「母体」であることを嫌でも感じさせ、そのことに嫌でも興奮してしまいました。

 

彼女の肉体だけではなく、長い「黒の髪の毛」にも「むしゃぶり」つき、口いっぱいに含んで私の「涎だらけ」にして、その髪の毛を彼女自身にも咥えさせたりしました。

 

彼女はただ、私の要求を完全に受け入れて、喘ぎながら感じていました。

 

エスカレートしていく私の欲望は留まるところを知らず、車の中の狭い空間で、サッサと入れて発射して終わらせればいいものの、なかなかマンコに挿入しようとしませんでした。

 

「もっと、この体で遊びたい!」

 

そんな感情が強く出てしまい、挿入するまでに1時間近く彼女の体を玩具にして、性の喜びに浸らせてもらいました。

 

  • 彼女の鼻の穴の中にベロを入れて舐め回したり
  • マンコだけでなくアナルもクンニして舐め回して
  • アナルに指を入れて出して、少し出てきた汁を舐め回して
  • 彼女の髪の毛を私のペニスに巻き付けて擦ったりして

 

色々な事を、私が知る限りの「変態プレイ」を堪能させてもらいました。

 

変態さん募集の掲示板に居たくらいの女性ですから、「ある程度はOKだろう」と思ってガンガン攻めましたが、思った以上に器が広くて驚きました。

 

私が楽しんではいますが、受けているのは彼女の肉体です。

 

彼女も快楽に溺れたように乱れており、お互い車の中にいることも忘れてしまうくらい、二人の世界に浸っていました。

 

彼女も途中、月明かりに顔が照らされた時に「白目」になってたりして、そうとう久しぶりに性行為に溺れていたようです。

 

自慢ではありませんが、私はテクニックには自信があり、平均的な男としか経験していない女性なら、確実にNO1のセックスマシーンになれる自信があります。

 

すいません、自慢が過ぎました。

 

長く激しく、車内には男と女の人間の汚臭が充満した状態で、やっと股間がくっ付く時が来ました。

 

まとめ

 

股間がくっ付いた後、おそらく1分程度で発射しました(笑)

 

もはや、彼女は手マンで行かせまくっていたし、「もうすぐ行きそうだけど、良いか?」と「いちげんさん」なので確認もしましたが…

 

「いつでも良いよ、好きなタイミングでどうぞ」

 

もう彼女も、十分にエクスタシーを感じており、不満はないだろうと思ったので…

 

一切我慢することなく、狭い車内の中で騎乗位になってもらい、ガンガン腰を振らせました。

 

私も両腕で彼女の腰を持ちピストンさせ、発射した後も余韻に浸る為にさらに20秒ほど腰を振らせ続けました。

 

その後、伊台の夜景を見ながら、普段は吸わない彼女も、私のラークマイルドを一本渡し、二人で爽快な気分でタバコをふかしました。

 

伊台の夜景を見下ろしながら、二つの狼煙(のろし)が、静かに勝利を告げるように、風に揺られ舞っていました。

 

さながら城下町を見下ろす「殿様」と「お姫様」のような、そんな勝利の美酒に酔いしれていました。

 

今回はホテル代もかからず、食事代と少しのガソリン代だけで熟女の肉体をとことんしゃぶり尽しました。

 

彼女とは、これからも関係は続けられるでしょう。

 

途中から面倒くさい女に変貌しない限り、長く付き合っていきたいと思っています。

 

ただ、女という生き物は、長くなれば変に女房じみてきて、余計な要求や嫉妬等を起こしてしまいがちです。

 

全ての女性がそうとは言いませんが、私の接し方にも問題があるのかもしれませんが…

 

様子を見つつ、新しい穴を探して、同時進行でPC-MAXでも出会いを求めていきたいと思っています。

【性欲解消】あなたがセックスで損をしないための3つの秘策!

このページの先頭へ戻る