【要確認】年齢認証が必要です!

18歳未満はご退場願います!
あなたは18歳以上ですか?
YES(18歳以上) / NO(18歳未満)

PCMAX案内ページ
→【出会い獲得】PC-MAX安全性の解説

【19歳Eカップ】お小遣いが欲しいギャルと野外で雑に青姦SEX!

こんにちは。サクラの蕾が花開き始めたころ、フリーターのギャルが出会い系サイトで返信メッセージを送ってきました。

 

19歳Eカップのフリーター家出ギャル

 

私は29歳、都内でサラリーマンをしている独身の男です。

 

私がランダムに良さげな女性にメッセージを送っていた内の一人が、今回ご紹介するフリーターギャルでした。

 

やり取りの中で「どうして出会い系サイトを使っているんですか?」と質問してみたら、正直に「エッチがしたいし、ご飯おごってもらいたいから!」と返ってきました。

 

私と会うまでは、出会い系のサイトで「50代の2人のおじさん」に会ったそうです。

 

3Pじゃなくて、別個のおじさんに会ったってことですね(笑)

 

滅茶苦茶気持ち悪くて、でもご飯をおごってくれて、お小遣いまで貰えたから、それで味を占めてしまったみたいですね。

 

二人の50代のおじさんとは、セックスもしたみたいで、「間違いなく股は緩いなぁ」と会う前から思っていました。

 

気持ち悪いって思いながらも、セックスするくらいですからね、楽勝だろうなぁって思っていました。

 

 

フリーターギャルでお小遣いが欲しいヤリマンから返信あり

 

今回は、たまたま20代の私からメッセージが届き、サラリーマンでお金を持ってそうだからってことで返信したそうです(笑)

 

彼女のスペックは以下の通りです。

 

  • 名前:ゆかり
  • 住所:東京都内
  • 年齢:19歳
  • 仕事:フリーター
  • 利用目的:セフレ、友達、メール友達

 

彼女曰く「お金を欲しい」っていうと、だいたいPC-MAXのやり取りの段階で音信不通になるそうです。

 

私にも、「割り切りでお小遣いが欲しいかも…」みたいなメッセージを送ってきましたが、私はOKしました!

 

勿論、「実際に会ってみて、気が合えばお小遣いもOKですよ!」と彼女に伝えたうえで、それでよければ会いましょうと伝えました!

 

いわゆる、彼女は今、家出中らしく、お金もないし泊まるところもない、まさに「神待ち」状態のフリーターギャルだったのです。

 

神待ちとは、家出した女性が自分を泊めてくれる男性を電子掲示板などで探す行為を意味する

 

このフリーターギャルは、父親との軋轢が酷いらしく、彼女のバイト先(キャバクラ)のことで言い争いになり、結局バイト先も辞めさせられたそうです。

 

高校までは進学校に進んで、親にも期待されていたらしいのですが…

 

大学受験に失敗して、浪人をする気力もなく、フラフラしているって話をしていました。

 

キャバクラ時代には、結構お金を稼いでいたそうですが、見る感じ浪費癖がありそうな感じで、今は金欠状態なんだそうです。

 

事前に会う前に、写真が欲しいと告げると、彼女から返信がありました。

 

下着姿の写真と横向きの顔写真を送ってくれました。

 

下着姿ですが、彼女のスレンダーなボディと「Eカップ」というだけある「大きく膨らんだ胸」がエロ過ぎました!

 

最近の19歳は、良いもの食べているからでしょうか、豊満なボディをしているものです。

 

少し褐色の若々しい艶肌で、写真を見るだけで「やりたい!」という感情が激しく燃え上がってきたのを覚えています。

 

適当に居酒屋とかで飯を奢って、ホテル代は勿体ないので、公園とかでセックスしちゃおうかなぁとか思っていました(笑)

 

結局、私もOKを出して、実際に北区の王子駅周辺で会う事になりました。

 

今のところ、私は出会い系を1年使っていますが、女性とやり取りを始めたその日に会うのは初めての経験でした。

 

出会い系で初めて、やり取りしたその日に会う事になりました!

 

平日でしたので、私は仕事が終わった後の19時30分に王子駅で待ち合わせをしました。

 

メトロの方の出口あたりで待ち合わせをして、大通り沿いのチェーン店に入って定職を食べさせたのですが…

 

若くてスレンダーなボディなのに、二人分を食べてしまうほど、お腹を空かせていたようです。

 

大き目のボディバッグを持っていて、その中にお泊りグッズのようなものを詰め込んでいるのでしょう。

 

19歳のギャルにしては、髪の毛も少しボサボサで、服もシワが寄っている状態でした。

 

身なりは雑で少し不潔な感じもしましたが、とはいえピチピチの肌と髪、スレンダーなボディと若い声、定食屋でオーダーしたグラスビールが美味すぎたのは言うまでもありません。

 

とりあえず、泊まるところもなくてお金もないから、お金が欲しくて仕方がないといった様子でした。

 

私自身も、(もはやこんな雑な女にムードあるホテルなど不要だろうよ…)と心の中で思っていましたし、実際に食事の時も気を遣わずに「タメ口」で気軽に会話を楽しみました。

 

食事を済ませて、少し大通りから逸れた道を歩いていると、薄暗い公園があります。

 

私は便意を催してしまい、ちょっと彼女を公園のベンチに待たせて公衆トイレに行きました。

 

公園には、夜8時過ぎというのに、若い男女やサラリーマン風のおじさんなど、酒を飲んでいる人もいれば、談笑している人もいたりして、薄暗い公園なのに人口密度は高い公園でした。

 

目の前にコンビニがあるので、そこで酒を買って飲んでいるんでしょうね。

 

私はこの辺でサクッとセックスできる場所がないかなぁと思って公園に来てみましたが、ここは厳しいなぁと判断しました。

 

ファックスペースを探すための散歩

 

その公園から徒歩3分ほどの場所、公園から見えている場所にラブホテルがありますが…

 

もはやこんな家出ギャルにホテル代を使うには勿体ないと思い、その辺でセックスして、少しお小遣い渡して帰りたいと思っていました(笑)

 

公園の周りはマンションが立ち並んでおり、二人でその辺を散歩する事にしました。

 

散歩しながら、良い場所があれば…と思って探しました(笑)

 

結局、人気が少ない通りに入ると、私は彼女を立ち止まらせてキスをしたり、歩きながら乳を揉んだり、やりたい放題で彼女の体で遊び始めました。

 

私にご飯をおごってもらったという恩義があるからでしょうか、彼女自身も抵抗することなく、私に抱き着きながら二人で「セックスできる場所」を歩きながら探しました。

 

結局、普通のマンションとアパートの間の、幅1メートルくらいの隙間、ゴミ置き場の裏になっていて少し隠れている場所をチョイスしました。

 

人気もないし、マンション側は側面で窓があるけど下を覗けるような感じの窓ではありませんし、アパート側は丁度玄関側でしたが、ほぼ誰も住んでいないような廃墟のようなアパートでした。

 

隙間を少し奥に進み、突き当りが駐車場になっていましたが、高い看板でこちら側の隙間は見えません。

 

絵にすると、こんな感じです。

 

アオカンした場所

 

赤〇の場所あたりで、青〇をしました(笑)

 

とにかく、適当な場所で「5分くらいで終わるから大丈夫だろう」ってことで、月明かりが少し入るくらいの人気のない住宅街で「青姦」をしました!

 

雑居ビルの隙間で三日月を愛でながらファック!

 

月明かりしか入らないスペースでしたが、私は立ったまま彼女のマンコを手マンでガシャガシャに掻き乱しました。

 

キスをしながら、手マンをしながら、もう一方の手で手のひらから少しはみ出すくらいの豊満な乳を揉みしごきました。

 

細いのに乳だけはしっかりと膨らんでいて、なんともまぁ贅沢なボディでしたね。

 

彼女を立たせたまま、私はしゃがみ込み、彼女のマンコに鼻を押し当てました。

 

(う・・・・くっせーなー!)

 

言葉にはしませんでしたが、マジで臭かったです。

 

単純にオシッコのツンとしたニオイと、汗臭いニオイが混ざったような感じで、トベラとは違う不潔なニオイがかなり鼻を突きました。

 

これは「クンニは御免だ」と思い、手マンした指を私の尿道に触れるのも危険だと思い、彼女に抱き着きながら彼女の服で手マンした指を拭きながら、私は財布に忍ばせているコンドームを取り出して自分で装着しました。

 

マンコの臭さに幻滅した私は、彼女との粘膜接触は危険だと察知したのです。

 

そのため、フェラチオもさせませんでした(笑)

 

彼女の体を弄っている時の感じからして、「どうせフェラチオも下手くそだろうなぁ」って印象もあったので、「危険を冒してまでフェラさせる必要も無いかなぁ」と思って、「安牌(あんぱい)」をとりました。

 

コンドームを装着して、彼女をマンションの壁側に向かせて手を突かせ、お尻を突き出すように言いました。

 

彼女は腰を反らせて、キュンと尻肉が盛り上がった若いケツを私の方へ向けてきました。

 

スペースが1メートルほどしかないので、挿入したはいいものの、ピストンするには狭すぎました。

 

挿入した状態のまま、彼女と一緒に左に90度回転し、駐車場側を向かせて、バックでガンガンに突きまくりました。

 

丁度、見上げるとマンションの壁とアパートの間の上空に、三日月が輝いていました。

 

彼女は掴まる場所がなく、右手でマンションの壁を持とうとしますが、引っかける場所がなく、右手がマンションの壁を「雑巾がけ」でもするかのように、ワイパーのように前後に擦れていました。

 

場所が場所だったこともあるのか、彼女は殆ど喘ぎ声を出さず、吐息を零す程度でしたが、それはそれで興奮させられました。

 

大きな胸をきつく握りつぶすかのように揉みながら、細いケツに私の骨盤をぶつけまくって、激しく激しく腰を振り続けました。

 

結局、体位を変更する余裕もスペースもありませんので、このまま尻に私の骨盤をぶつけながら、全速力の中、飛距離を競うかのように思いっきりゴムの中に噴射させました。

 

めちゃくちゃ、気持よかったです!!

 

全身を「電気」が駆け巡るような、快楽に浸りながら、柔肌を感じながら、全部の精子を絞り出しました!

 

彼女を駅まで送る途中に、「今日はどこか泊まりな」といって財布に入っていた千円札を7枚取り出して、彼女に渡しました。

 

ギリギリ泊まれるかってくらいのお金ですね(笑)

 

少しあげすぎかなぁって思いましたが、彼女は大喜びで千円札を握りしめて、そのままポケットに突っ込むと、メトロのエスカレーターに乗って消えていきました。

 

まとめ

 

このフリーターギャルからは、近況報告が最近届きました。

 

今は赤羽のガールズバーでバイトを始めたそうで、良かったら飲みに来てくださいってことでした。

 

仕事帰りに飲みに行っても良いですが、ケチな私は会話して飲むために彼女に対してお金を使いたくないって思ってしまっています(笑)

 

ガールズバーで数千円払って飲んで会話するのなら、彼女じゃない別のマンコが良いですね(笑)

 

あのマンコは「既に貫通済み」ですから、数千円払うのなら食べさせてもらわないのは割りに合いません!

 

そんなわけで、今回はフリーターギャルと出会い系サイトのPC-MAXで会ってセックスまでさせてもらいました。

 

毎度、その日に会ってセックスまで出来るわけではありません。

 

実際、この間も駅で待ち合わせして顔見た瞬間に「援デリのプロっぽいなぁ」と判断して、すぐに隠れてラインを送り「御免なさい、仕事で行けなくなりました!」とドタキャンしましたから(笑)

 

勿論、速攻でLINEもブロックしました。

 

プロフィールの写真とも似ても似つかわない風貌で、しかも年齢も20代のはずが明らかに40代、しかもケバイ!

 

こんな感じで、出会い系ではむしろ「ハズレの方が多い」のが実状です。

 

しかし、数をこなせば「あたり」も引けるってことも知っているので、私は果敢にトライを続けています。

 

隠れてみていましたが、女も悟ったみたいで「クソ!」みたいな表情でスマホを見てから、改札に戻ってましたね(笑)

 

なかなかのクソ野郎な私ですが、最低限のマナーは守って出会い系を使っているつもりです。

 

セックスしやすい出会い系サイトとしては、私はPC-MAXしか使っていないくらいです。

 

登録無料で始められますので、早めに登録しておくと良いですね。

 

一日一回は掲示板投稿も無料なので、早めに募集もかけられますので、お勧めですよ。

【性欲解消】あなたがセックスで損をしないための3つの秘策!

このページの先頭へ戻る