【要確認】年齢認証が必要です!

大自然の中で即ハメして、女子大生のアナルバージンを奪取!

「大自然の中で早撃ちしつつ、アナル未開発の娘のバージンを奪った夏の思い出!」

 

黒ワンピースの女子大生

 

 

「PC-MAX(出会い系サイト)」を使って知り合った女子大生とJR駅前で待ち合わせしました。

 

約束の時間に女子大生を車で拾って、ドライブスタートです!

 

夏の暑い季節でした。

 

彼女が「滝」とか「川」とか、自然が見れてマイナスイオンをたっぷり浴びられるところに行きたい!

 

そういう要望でしたので、私は車で少しだけ遠出をすることにしました。

 

向かった先は、久万高原町あたり…

 

砥部を過ぎて、もっと下っていくと、自然一杯の山と川、あとはお寺も多いですね。

 

昔、岩屋寺で「ななふし」を初めて見た時は、その不思議な枝のような形状に「仏の化身か?」と深々と頭を下げたことがあります。

 

通りかかったおじさんに「殺生はダメですよ」と言われました。

 

知らないおじさんの目には、私は「無条件に虫を殺すような人間」に見えたのでしょうか?

 

(あの辺に連れて行って、川に入って遊ばせれば、喜ぶんじゃないかなぁ)

 

まるで父親が娘を遊びに連れて行くような感覚でしたね。

 

出会い系サイトで知り合った彼女のスペックは以下の通り。

 

  • 年齢:20歳
  • 女子大生
  • 仕事:居酒屋アルバイト
  • 趣味:映画鑑賞
  • 利用目的:メッセージ交換、お友達・遊び相手、恋人探し

 

(ちなみに、私はこのころはバリバリの既婚者でした。今はバツイチです。この話は2014年ごろの話です。)

 

  • 名前:桜井(当ブログの管理人)
  • 年齢:37歳
  • 住まい:愛媛県伊予市
  • 身長:170センチ
  • 体重:69キロ

 

実は、このデートコースは以後、私の王道パターンの一つになっていきます。

 

この女子大生が「マイナスイオンを浴びたい」と言ってくれたことで、それならと思って頭に出てきたのが「面河川(おもごがわ)」でした。

 

「カーセックス」もしくは「青姦」が目的で連れていくことが殆どですが、非常に良いデートコースとして重宝しています!

 

川に到着して二人でモロコシを食べました

 

久しぶりの面河川でしたが、相変わらず綺麗でしたね。

 

水深が深くなるにつれ濃い緑に染まり、浅いところは淡い緑、そのグラデーションがまた美しい!

 

見たことが無い女性なら、その予想外の美しさに大喜びすることでしょう。

 

今回の女子大生も、出身は「大分県」とのことで、松山の市街地くらいしか愛媛の事は知りません。

 

少し車を走らせると、見事な自然に触れあえる場所があることを知って、とても喜んでいました。

 

途中、「もろこし」を売ってる露店によって、そこで駐車場を貸してもらって、横を流れる川に歩いて向かいました。

 

ちなみに、もろこしっていうのは焼きトウモロコシのことで、トウモロコシが硬くなった食べ物です。

 

トウモロコシをそのままの形で焼いて硬くしたって感じですかね。

 

歯ごたえがあって美味しいですよ。

 

やたらと高額なもろこしを2本買って、二人で畑の横の泥道を抜けて、川へ降りていきました。

 

平日の昼間ですが、夏休みですからね、家族連れが2,3組ほどいました。

 

それにプラスして、その日は「アブ」が滅茶苦茶飛んでましたね。

 

飛んでいるアブを、オニヤンマのようなデカいトンボが空中で捕獲して食べる姿を見た彼女が、めちゃくちゃ感動していたのが印象的でした。

 

私の股間のオニヤンマも、そろそろ捕獲の準備が始まる頃でした。

 

私は車に積んでいたビーチサンダルを彼女に渡し、お洒落なハイヒールのサンダルから履き替えてもらいました。

 

お洒落に疎い私は、夏は基本ビーサンなので、そのまま川に入り、真夏にしては冷たいと感じるほど、冷えた川の水に足を浸からせました。

 

子供たちがキャーキャー楽しそうに遊ぶ中、オジサンと若い娘はジョジョに人気のない奥の方へと…

 

周りを飛ぶアブを払いのけながら、手を繋いで歩きました。

 

岩陰と木陰になった丁度いいスペースで休憩

 

遠くで子供たちの声が聞こえてくる中、私は持参したビニールテントを立てて、中でお菓子と炭酸飲料で乾杯しました。

 

ワンタッチで組み立てられる家族用のテントですが、大人二人くらいなら余裕です。

 

このワンタッチテントには、無駄に大きなメッシュになった窓が付いていて、外から見える状態です。

 

その窓を木陰側に向けたことで、入口が来た方向、家族連れがいる方を向いています。

 

で、この入口もメッシュ式になってて、完全に隠せない…

 

何となく、いい年をした男と女がテントをもって、奥のほうに歩いていく姿を見たら、何かエロイ目的があるんじゃないかって…

 

勘づく人、少なくはないと思うんですよね。

 

私だったら、すぐに勘づきますし、下手したらこっそり近づいて耳だけでも楽しませてもらおうとするかもしれません。

 

盗撮のヘキはありませんが、ただで楽しめるのならご馳走を頂くと思います。

 

なので、家族連れの父親が、こっそりこっちに近づいてきて、テントの外で耳をそばだてていないか…

 

そんなことを考えたりしていましたね。

 

無駄に一度、外に出て川を見るような素振りで、回りの様子を確認してみたり…

 

角度的に、家族連れが川に出ると、私のテントが見える感じでしたね。

 

大自然をバックに、私は若い娘の体を急いで食べました

 

テントは木陰に立ててはいたものの、あっという間に熱がこもって熱い熱い…

 

彼女もすぐに外に出て、川に足を浸からせて涼んだりしつつ、お互い暗黙の了解のようにわざわざ、テントに戻っていました。

 

どうやら、家族連れのムッツリ父親が近くまで来て、様子を探るような素振りもないので、私は意を決して彼女のワンピースの上からおっぱいを握りました!

 

ショーの幕開けです!

 

黒のワンピースの下には、淡いピンクのブラジャー!

 

ワンピースを肩ひもを外して下ろし、ブラジャーを捲(まく)し上げ、私は彼女の小さな乳首と乳輪を「視姦」しました。

 

一瞬、見て侵しただけです!

 

彼女の乳を見下ろしながら、すぐに私は右手を彼女のパンティーの中に忍ばせました。

 

私も、焦っていたのでしょう。

 

場所が場所だけに、近くに人気を感じる場所だっただけに、「前戯大好き」な私らしくなく、非常にスピーディーにコトを進めました。

 

彼女のパンティーの中に、右手の指を忍ばせると、もうすでに熱く蒸れて、準備万端の状態でした。

 

私はそれを確認すると同時に、もはや手マンを「一瞬」もすることなく、パンパンに膨れ上がった股間をデニムから放り出すと、秒でコンドームを装着し、速攻でハメハメしました!

 

彼女も、「え、何もしないの?もう、あ、あ、あぁ」

 

大自然をバックに、「即ハメ」という贅沢なプレイを、15歳以上年の離れた若い娘にかましてやりました!

 

砂の上に敷いたテントは非常に薄く、彼女が「腰が痛い、痛い」と泣くように喚きました。

 

仕方なく、私は興奮するチンコをぶら下げたまま、肩ひもを通してワンピースを着せ、彼女をテントの外に出し、周りを確認してもらいました。

 

見渡す限り、木と川、遠くにいた家族たちの姿や声も気付いたら聞こえてこなくなり、視界に人の目が無いことを確認しました。

 

彼女が「大丈夫そうだよ」とテントの中の私に伝えてくれました。

 

私はギンギンになったペニスをぶら下げたまま、太陽の光が当たる大自然のもと、テントと林の間の木陰に隠れて、立ったまま彼女のワンピースを捲し上げ、後ろからマンコを突きました!

 

彼女は掴まるところが無く、体をブラブラさせながら、声を押し殺していました。

 

セミがやかましく鳴く川岸の木陰で、彼女の念願だったマイナスイオンを体中に浴び、ワンピースからお尻だけを出した状態で立ち、初対面のおじさんにハメハメされまくりました。

 

即ハメしたにも関わらず、私は相変わらずの早漏ヤローで、立バックをして1分程度で挿入したまま、ゴムの中に吐き出してしまいました。

 

前日、前々日とオナ禁していたので、大量に出たのを覚えています。

 

木陰で賢者タイムの私が女子大生を鳴かせます

 

目的を果たしてグッタリとしている私のペニスとは裏腹に、彼女の火照ったマンコはギラギラと愛液を垂らしながら、私を誘ってきます。

 

周りの目を気にして即ハメして早々に終わらせたはずですが、そのころになると「青姦」にも慣れてきました。

 

木陰に私は腰を下ろし、その上に「背面座位」の状態で彼女を座らせました。

 

完全にチンコ以外で彼女を喜ばせるつもりです!

 

テントを目の前にして、同じ方向を向いて二人で座り、彼女は私の膝の上に座っている状態です。

 

ここから、第二章がスタートです!

 

女子大生のアナル開発とチンコ以外で昇天!

 

セミが鳴き、川のせせらぎが聞こえる空間で、若い娘の体をまずはマンコから弄(いじ)りまくりました。

 

最初からずっと、パンティーは履かせたままです。

 

非常に感度が良く、また締まりが良かったですね。

 

先ほどまで、私のペニ棒が挿入されていたはずなのに、手マンする時には「キュッ」と収縮してきて、私の指を「吸いちぎる」かのように絞めつけてきます。

 

パンティーのクロッチ部分で、マンコ全体を擦ったりしながら、色々とバリエーションを付けて責めました。

 

川のせせらぎとセミの声が騒々しいとはいえ、彼女は必死に声を殺して、喘ぎ声を出すのを堪えていました。

 

マンコを責め倒した後は、四つん這いにさせて、今度は「アナル」を攻撃しました。

 

(女子大生だし、さすがにアナルは未開発かな?)

 

そんなことを考えながら、彼女のアナルを軽く指で撫でて、軽く接吻をして、息を吹きかけたりして、徐々にアナル攻めの下準備を行いました。

 

「さっき、おトイレ行ったから、そこはちょっと…」

 

来る途中にコンビニに寄りました。その時に彼女はトイレでウンコしていたわけですね(笑)

 

(これからセックスするかもしれない状況で、ウンコとかするかねぇ〜、何ともまぁ、ありがたい!)

 

はい、彼女の羞恥心なんて、そんなのは無視です。

 

無言のまま、私は彼女のアナルを直で舐め回し、小指から挿入して様子を見ました。

 

セミが本当にうるさくて、彼女も喘ぎ声を殺しているので、彼女の反応が分かりづらかったですね。

 

しかし、肛門をヒクヒクさせて、微かに腰を振るような動作を続けていましたので、感じているのは間違いないなと思って、気にせずテクニックを駆使しました。

 

アナルの中を指で弄って開発している間に、私の股間がムクムクとまた元気になってきました。

 

四つん這いになる彼女の耳元で、「アナルに入れてみるけど、準備は良い?」と呟きました。

 

はい、もう入れること前提です(笑)

 

「え、お尻に入れるってこと?大丈夫かな…」

 

大丈夫かなの意味が良く分からないなぁと、心の中で思いつつ…

 

私はまた「秒」でゴムを装着して、少しずつ少しずつ、処女膜を破る時のように少しずつ圧を強めながら、アナルの中にペニスを押し込みました。

 

思ってたよりも、すんなりとインサートされた私のペニスは、大した大きさでも長さでもありませんからね、彼女も痛くはなかったようです。

 

ただ、これまで経験したことが無い感覚、いつも入れられる穴とは違うところからの刺激に少し、戸惑ったような素振りを見せていました。

 

アナルの締まりも絶品でしたねー!

 

1分半くらいで、二発目にも関わらず「3ドックン」くらいゴムの中に多めに発射しました。

 

自分にしては、賢者タイムが短かったので、よほど彼女の若い肉体がお気に召していたのでしょう。

 

結局、アナルファックを済ませた後は、再度私の膝の上に座らせて、完全にマンコでイカせました!

 

途中、「オシッコしな、我慢しないで出してみな」と彼女の耳元に呟きました。

 

私の膝の上に座った状態で、かつ私の指を突っ込まれた状態のまま、彼女は砂と石の上に熱い「黄金の水」を垂れ流しました。

 

手マンする私の手のひらに、彼女の熱いオシッコを感じながら、Gスポットを責めまくっての手マンでフィニッシュ!

 

彼女も身を悶え、よじらせながら「もう、駄目、もう、立てない…」と降伏宣言!

 

そこから更に、彼女を無理やり立たせて、その状態でクンニをして、手マンでマンコを責め倒してから、攻撃の手を止めました。

 

まとめ

 

約1時間弱の滞在だったのですが、非常に濃密な時間でした。

 

来た道を帰る途中、家族連れはテントの横でバーベキューをしていました。

 

私が立てたテントは見えない場所だったので、無駄にホッとしたというか、賢者タイムがさらに深い賢者タイムに入ったような感覚を覚えています。

 

帰りの車の中で、少しだけハプニングが…

 

車内が熱いので窓を全開にして車を走らせていたのですが、途中アブが入ってしまい、なかなか外に出てくれずに彼女が助手席で大暴れ!

 

(まだ、そんな元気が残ってたか…)

 

私は彼女を十分にイカせて、クタクタにしたつもりでしたが、まだまだだったようです。

 

しかし、彼女は言いました。

 

男の人にお尻の穴を触られたのも初めてだけど、オシッコしたのが一番恥ずかしかったなぁ

 

恥ずかしかったとか言いつつ、なんとなく嬉しそうに話す彼女が神々しかったですね。

 

久しぶりの女子大生の若いエキスを吸わせてもらい、おじさんは又、仕事を頑張ろうと思いました。

 

私は普段、PC-MAXは人妻探しに使っていますが、たまにタイミングが良いと女子大生とかも拾えてしまうので、楽しくて仕方ないですね。

【欲求不満解消】あなたがセックスで損をしないために必要なコンテンツ!

このページの先頭へ戻る