【要確認】年齢認証が必要です!

ローションパンストで発射寸前!生で入れて秒で昇天した出会い系体験談!

「お互いのセックスを褒め合える、相性抜群の人妻との出会い!」

 

黒パンストと黒パンプス

 

 

松山市周辺でヤレル人妻を探す方法

 

私は松山市に住む29歳の既婚者です。

 

出版関係の仕事をしています。デジタルの出版物をメインに扱っている会社です。

 

仕事柄ってことは無いですが、新しい出会いが中々作れない環境でして、もっぱら出会い系でこっそり浮気をする日々です。

 

家庭環境は良好ですし、妻とも月に1回もしくは2回のセックスを嗜むという平凡な父親であり夫であります。

 

そんな私ですが、PC-MAXで人妻と会うのが大の大好物です!もはや「特技」といっても過言ではありません。

 

  • 「特技は何ですか?」
  • 「PC-MAXで人妻とやることです!」

 

もうやめられませんね、大学生の頃からずっと続けています。

 

特に、愛媛県の松山市においては、PC-MAXに登録している人妻の数も多く、出会える確率も高いのを実感しています。

 

平日の昼間には、アクティブになっている人妻がワンサカいます!

 

ただ今回は少し「変化球」ということで、お隣の「香川県」で登録している女性を探してメッセージを送ってみました。

 

私は車持ちなので、余裕で活動範囲ですね。

 

一番遠くで、大分県まで出張したこともあります(笑)

 

そこで返信を貰えたのが、香川県の高松市に在住の「エミ」さんです。

 

  • 名前:エミさん(仮称)
  • 年齢:40歳
  • 既婚者、高松市在住
  • 体型:B82 W53 H84
  • 身長:155センチ

 

やはり、PC-MAXで人妻と出会うのなら、以下の二つに注力する事が大切だと私の経験則では考えています。

 

  • 35歳以上の女性
  • プロフィール検索して素人っぽい女性に10人以上送る
  • 自分のプロフィール写真を3枚以上掲載する
  • プロフィールは出来るだけ丁寧に紳士的な書き込みをしておく

 

何といっても、写真ですかね。

 

私はしまなみ海道で来島の大橋をバックにした自然を味方にした奇跡の1枚(後ろ姿で万歳した写真)を載せています。

 

この写真が、出会い系の女性から「良い感じだね」と言われることが多いですね。

 

自然を背景にした写真などは、とても受けが良いと思います。

 

出会い系で知り合った人妻が昔言ってました。

 

「滝(たき)をバックにして映っている男の人って、ハズレが無いんだよね」

 

私も白糸の滝をバックにして、同じく万歳している後ろ姿の写真もアップしています。

 

妻に内緒で出会い系の女性と会うための方法

 

待ち合わせは、香川県の丸亀市にある競技場の駐車場で!

 

妻には、高松の営業所まで日帰り出張ということで、朝から一日フリーな時間を作りました。

 

他にも、「高校の同級生と飲む」とか「仕事の日帰り出張」とか…

 

バリエーションを用意し、それらが普段から嘘にならないように、本当に高校の同級生と飲みに行ったり、日帰りの出張で時間があったからとお土産を買って帰ったり…

 

同級生と本当に飲んでいる時、妻に電話をして「ごめん、俺のデスクに〇〇って書いてある書類ある?」などと、どうでもいい書類を置いておいて、「あるよー」と妻に確認してもらいつつ、電話口で同級生の男の声が聞こえるようにして飲んでいるのが分かるようにしたり…

 

普段からバレないように既成事実を作って、いざ出会い系で女性と会う時の為に下準備をしています。

 

話を戻しましょう。

 

彼女が「松山まで来ても良いよ」って言ってくれましたが、車持ちの私が彼女の近くの方へ向かうことにしました。

 

高松市まで迎えに行っても良かったのですが、やはり相手は人妻ですので、近場は避けたいとのこと…

 

競技場の周辺は、もはや電気店しかないような田舎街です。

 

昔Jリーグの試合を見に来た事があり、少し懐かしかったですね。

 

まぁ人妻と平日の昼間に会うのですから、レ□マに行って遊ぶほどの時間の余裕もないしってことで、一先ず腹ごしらえに「うどん」を食べることにしました。

 

名前を出すのもあれなんで伏せますが、知らない人はいない「ピッピッピー」ですよ(笑)

 

レ□マに行った帰りに寄るのが、我が家の定番です。

 

うどんを食べ終わるころには、お互い打ち解けていました。

 

彼女も旦那の愚痴を突っ込んで話してくれるようになっていました。

 

旦那さん、包茎でしかも早漏なのだとか…

 

「俺と一緒だね、包茎ではないけど、早い方は一緒だわ(笑)」

 

そんな「下ネタ」も飛び出すくらい、ドライブしながら笑い話をしつつ、一緒にことひらの神社に行こうってなりました。

 

(神社で参拝してたら、それからホテルってなると時間的に厳しいかもなぁ)

 

彼女のリクエストで神社に行こうってなりましたが、OKしたものの軌道修正できないものかとモゴモゴする私…

 

  • 彼女 「どうしたの?急に喋らなくなったけど(笑)」
  • 私 「いや、急に緊張してきてさー」
  • 彼女 「なんでよ(笑)さっきまで下ネタ全開だったじゃん!」
  • 私 「そうなんだけどね、なんかさ、伝えなきゃいけないことがあるんだよね(笑)」
  • 彼女 「なによ、言ってよ(笑)大丈夫、おばさん、こう見えて優しいからさ」
  • 私 「そう、なら言わせてもらおうかな…」

 

(断られて、気まずい雰囲気になっても、まぁ良いかぁ)

 

間髪入れずに、「ホテルへゴーしない?」と言いました!

 

「ゴーって何よ(笑)ひろみゴーみたいじゃん!」

 

別に「ひろみ」を意識していたわけではありませんが、掴みは悪くなかったようで結果オーライでした。

 

結局、彼女もすんなり「良いよ、行こうか、行こう行こう!」とノリノリで応えてくれました。

 

善通寺の方へ向かい、ラブホテルにチェックインしました。

 

ホテルに着くなり彼女の方から襲い掛かってきました

 

ビジネスホテルような内観の部屋に入ると、エミさんは急にメスに変貌しました。

 

上着を脱いだかと思うと、そのままブラウスも脱ぎ捨て、淡いブルーのブラジャー姿で私に抱き着いてきました。

 

抱き着くというより、抱き寄せるという感じでしょうか…

 

年も10個くらい違うし、もう完全に最初から彼女が先導となったセックスがスタートしました。

 

黒いパンスト姿になると、透けて見えるブルーのパンティー!

 

ブルーで上下を揃えた下着は、「確実に勝負下着だなぁ」と感じられました。

 

彼女自身もこうなること(ホテルへGOすること)を想定していたのだろう…とか考えたりしました。

 

彼女の吸いつくような「バキュームキス」を受けながら、私はひたすら口を開けてエサを貰う小鳥のように、親鳥のくちばしを求め続けました。

 

彼女の吸いつくような舌の吸引力は凄く、そのままフェラチオへ向かい、私のペニスがバキュームされました。

 

最初は少し痛いくらいの吸いつきでしたが、次第に気持ちよくなってきて、思わずイキそうになったので、腰を引いて彼女の口から抜き取りました。

 

しかし、「なんで抜くのよ(笑)」と言ったかと思うと、すぐさままた口に咥えて、今度は激しくジュボジュボと音を立てながら口でピストンをはじめました。

 

喉の奥まで吸いついたかと思うと、急に激しいピストンが始まり、またスローなピストンに変化して、喉の奥まで咥えこむ…

 

もはや、万事休す!予告する間もなく、彼女の口の中に大量のザーメンを放出してしまいました。

 

ドクドクと飛び出している間も、彼女は口にペニスを含んだまま、ゆっくりとピストンを続けて、絞り出すように私のペニスへの吸引を止めませんでした。

 

初対面の人妻の口の中に大量に出してしまったことに、何となく「羞恥心」を抱えて、恥ずかしい思いをしていた私でしたが…

 

彼女は、私のザーメンを手に出して、「こんなに出しちゃってー、もうエロいんだからー」と言いながら…

 

また口にザーメンを入れると、天井を向いて舌を出し、口を開けたまま、私のザーメンを全て喉を鳴らしながら飲み込んでしまいました。

 

(この人、完全に俺よりもウワテだわぁ)

 

彼女のセックステクニックと知識の凄さを思い知らされる事態は、そのあとも続きました。

 

賢者タイムを抜けない私の為に彼女が準備していたアイテム

 

そのあと、私は彼女と一緒にお風呂に入って、お風呂の中でイチャイチャしながら談笑していました。

 

当然、2回戦目に向かうための下準備としてイチャイチャしていた訳ですが、事もあろうか、私のペニスは酷く「ぐったり」として、もう「やり切った感」さえ漂わせていました。

 

その様子を見た彼女が言いました。

 

今までにない刺激を与えたら、復活するかもね

 

そういうなり、彼女は一人で浴槽を出て、部屋に戻っていきました。

 

私は「何をする気だ?何か持ってくるのか?」とか独り言を言いながら、浴槽に浸かったまま待っていました。

 

彼女はさっきまで履いていた「黒のパンスト」と一緒に、何やら「ボトル」のようなものをもって帰ってきました。

 

「実はね、もしホテルに行くってなったら必要かもって思って、持ってきてたんだぁ」

 

そのボトルは、ずばり「ローション」でした!

 

彼女は持ってきたローションをバケツに入れて掻き混ぜ、そこにさっきまで履いていた黒のパンストを浸して、また掻き混ぜ始めました。

 

「え、何する気?そのパンスト、どうするの?」

 

私は小学生の少年のような眼差しで、母親が見たこともない料理を作っているのをワクワクしながら眺めているような、そんな状況で見守りました。

 

彼女は準備ができたらしく、ヒタヒタになった黒パンストを持ったまま、浴槽に入ってきました。

 

「ほら、おチンチンを出しなさい!」

 

私はいわゆる、潜望鏡のようなフォームで、浴槽の水面からペニスを上に向かって突き出しました!

 

「あー、ごめん、ここじゃ駄目だね、外に出ようか」

 

私は何が何だか分からない状態のまま、彼女が浴槽に備え付けられていた「バスマット」を敷き、その上にお湯を垂らして温めたうえに仰向けで寝ました。

 

(もはや、風俗のマットプレイじゃん!)

 

私はワクワクしながら、お客さんになったような気分で仰向けに寝て、彼女のご奉仕を待ちました。

 

彼女は、ヒタヒタになったパンストをもう一度ローションに付けて、生暖かいそのパンストに自分の涎(よだれ)を垂らし、少しフニャっている私のペニスに被せました。

 

  • 「うちの旦那はさ、包茎で常にかぶってるから、この気持ち良さが分からないんだって…」
  • 「うちの旦那にこれやったらさ、変なことするなって怒られたんだよね…」

 

何となく、自分の奥さんがこんなマニアックなプレイをしてきたら、嫌だろうなぁって同情してしまいました。

 

嫌でも元彼とか他の男にご奉仕していた彼女の姿が浮かび上がりますので、嫉妬してしまいますよね。

 

彼女はそう言いながら、私の丸出しになっている亀頭を、ローションパンストでゴシゴシと擦り始めました。

 

これが、ビックリするくらい気持ちよくて、亀頭を擦ったり、ペニスにグルグル巻きにして「パンストコキ」をしたり、私のペニスは秒でフル勃起状態に戻りました!

 

「ね、気持ちいいでしょ、私もローションストッキングしたの久しぶりだなぁ、大昔付き合っていた元彼が好きだったんだよねー」

 

そう言いながら、ローションのついたパンストで私のペニスを擦り、シゴキ、尿道を舌で刺激したりしつつ、もはや昇天しかけました!

 

腹筋までピクピクとヒクつき出し、「発射オーライ」と頭の中でコダマしはじめました。

 

「あ、駄目だよ、また勝手にイクんでしょ!ダメダメ!」

 

そう言いながら、彼女は私の上に跨り、手に持っていたパンストを私の乳首の上に置いて、ゴムもつけないまま彼女のアワビの中に埋もれさせました。

 

  • 「いやいや、生でやるの?すぐ発射しちゃうよ!」
  • 「なら、中で出して良いよ、その代わり、その後は責任もって手で私もイカセテね!」

 

手で女性を喜ばせるのは、私は少し自信があります!

 

好きだから、いろいろと勉強しているのです(笑)

 

手でやればいいって許可を貰ったのです。

 

私は我慢できなかったこともあり、彼女が騎乗位を初めて、激しく喘ぎだしたかと思った矢先に、「ドッピューーー」と彼女の膣の中に2発目の精子を吐き出しました!

 

吐き出した後も、出来るだけ彼女も気持よくなって欲しいと思い、しばらくは肛門に力を入れて勃起を継続させましたが…

 

すぐにフニャフニャになり、「あれ、イッタ?いつイッタの?もーーー」と言いながら、ゆっくり私のペニスを抜き取り、うんこ座りをして、マンコから私の精子を垂らし始めました。

 

中々出てこないので、彼女は自分で自分のマンコに指を入れ、掻き出すように私のザーメンをマンコから抜き取りました。

 

最後は私のテクニックで彼女も昇天しました

 

体が冷えるといけないので、浴槽に入り直し、私は彼女の体を貪りはじめました。

 

既に火照った体を、浴槽の中で手マンして、彼女の愛液がお湯に塗れながら、彼女は激しく喘ぎました。

 

「Gスポット」の場所を探り当て、そこを集中攻撃していたら、あっという間に彼女も昇天を迎えてしまいました。

 

「私、イキやすいんだよね、楽でしょ?(笑)」

 

私としては、イキづらいって女性のほうが燃えたのですが、呆気なく浴槽の中で昇天させてしまいました。

 

まだ休憩の時間が45分以上残っていましたので、二人で部屋に戻り、ドリンクを飲みながら次の約束などをして談笑していました。

 

残り30分くらいの時間になった時に、私は彼女の体をもう一度「愛撫」し始めました。

 

もはや私のペニスが3回戦をむかえるのは不可能な状態だったので、私はペニス以外で彼女の体を喜ばせたかったのです。

 

既に濡れている彼女のマンコを軽く手マンして鳴かせ、四つん這いにして後方から彼女のGスポットを集中攻撃しました。

 

ソファーの上で四つん這いにさせていましたが、彼女の汁が垂れに垂れて、ソファが濡れてしまいました。

 

あまりに潮を吹くので、私は一旦バスタオルを取りにバスルームへ向かいましたが、彼女は一人で四つんばいのまま私の帰りを待っていました。

 

潮でぬれたソファーを拭き、彼女を抱えてベッドに寝かせました。

 

仰向けに寝かせた彼女を、今度は「クンニ責め」です。

 

このクンニが酷く絶品だったらしく、私のクンニテクニックをとても褒めてくれました。

 

そりゃそうですよ、私はクンニを愛してますから、「好きこそものの上手なれ」ってやつですね!

 

「うちの旦那、私のを舐めるのなんて、今まで1度あったかどうかくらいだよ。ほんと、気持ちよすぎ!」

 

クンニでも、ただクリトリスを舐めたり吸ったりするのではなく、AVや雑誌などで知識をつけて磨いたオリジナルのテクニックでガンガン弄り倒しました!

 

そのままクンニを続けていたら、彼女は我慢できず、また潮を吹いてベッドシーツを濡らし、彼女自身もビックリするくらいのスピードで2回目の昇天を迎えてしまいました。

 

「やばいね、どこで覚えたのよ、そのテクニック!」

 

まとめ

 

私は彼女の変態プレイやテクニックをベタ褒めし、彼女もまた私の手マンやクンニのテクニックをベタ褒めしました。

 

お互いのセックステクニックを褒め合いながらも、「何を褒め合ってるんだ」と笑い合いながら、非常に和気あいあいとした雰囲気のまま車で彼女を送り届けました。

 

今回の出会いで、私は初めてローションパンストを経験させてもらいました。

 

亀頭や尿道を擦るような、いた気持ちいい、あの感触は忘れられませんね。

 

自宅で一人でやってみましたが、気持は良いけど、やっぱり「誰がやるか、どこでやるか」とか…

 

雰囲気って言うのも大事だなぁと感じましたね。

 

エミさんとは、また会う約束をしています。

 

次会うときは、私は「禁欲してタップリ精子を溜めとくね」と伝え、彼女は「また違う形状のストッキング持っていくね」と伝え、二人だけの秘密を共有して、より一層に「絆(きずな)」が深まったように感じました。

 

帰り際に、「陸上競技場のど真ん中で、素っ裸でセックスしてみたくない?」と言われました。

 

本当に変態な人妻だなぁと関心しながら、彼女を見送って、一人で窓を全開にして山の風を受けながら帰路に尽きました。

 

実にすがすがしい風でした!

【欲求不満解消】あなたがセックスで損をしないために必要なコンテンツ!

このページの先頭へ戻る