【要確認】年齢認証が必要です!

18歳未満はご退場願います!
あなたは18歳以上ですか?
YES(18歳以上) / NO(18歳未満)

PCMAX案内ページ
→【出会い獲得】PC-MAX安全性の解説

【暴露】超乳デブぽっちゃり人妻と日帰りセックスする方法とは?

「チビで巨体のデブ人妻と、優しさに包まれた肉弾セックスを堪能してきました!」

 

出会い系のぽっちゃりデブ

 

 

私は、とにかくデブが好き!(笑)

 

今年で38歳になるアラフォーですが、去年離婚して一人になりました。

 

すいません、いきなり。

 

世間一般的には、デブな女性は忌み嫌われ、恋愛の対象から外されています。

 

でも、私は違います!

 

偽善者ではありません!

 

ただ単純に、デブな女が大好物なんです。

 

性癖という言葉がありますが、もはや病気なのかもしれませんね(笑)

 

バストが80センチとか90センチで喜んでいる世間一般の男たちが小さく見えてしまいます。

 

やはり、バストは120センチ以上、最低でもですね、このくらいはないと…(笑)

 

だって、顔面を挟んで埋もれるには、このくらいないと足りませんから…

 

そんな訳で、デブな女を中心に攻めている変態の私ですが、主な仕入先は「出会い系サイト」です。

 

その辺を歩いている、稀に稀にみる超デブ女性は、まじでガードが堅いし、怖がってついてきません。

 

私のナンパテクが足りないからでしょう。

 

何度かホームセンターだったり、あとはショッピングモールで見かけた激ぽっちゃり娘に声をかけたことがありますが、怖がってついてきません。

 

どうしたものかと悩んでいた時に、何となく試してみたのが出会い系サイトでした。

 

ハッキリ言います。

 

出会い系サイトはデブ専の男性には、まさに天国!デブの宝庫です!

 

出会い系でぽっちゃり公言する女性を探す私の方法

 

エロな人妻やギャル、私が大好きな変態ぽっちゃり娘などは、大人の出会い系サイトで探すのが効率的です。

 

私が主に利用しているのは「PC-MAX」という名の出会い系サイトになります。

 

私が住んでいる福岡市近辺では、圧倒的にPC-MAXで探した女性との出会い率が高くなっています。

 

私のPC-MAXでの「デブぽっちゃり女性を探す手順」は以下の通りです。

 

  • プロフィール検索で、体型「太め」一択でチェックを入れる
  • キーワード検索で「デブ」とか「肥満」で検索する
  • 地域は九州全県にチェックを入れる
  • 利用目的選択は全てにチェックを入れる

 

身長とか喫煙の有無とか、そういうのは「全て」にしておきます。

 

とにかく、対象エリアを可能な限り拡げて、体型選択はMAXの「太め」一択で選び、あとはキーワード検索で「デブ」とか「肥満」とか「ぽっちゃり」と入れる。

 

対象エリアを一度に検索する際には、都道府県は5個までしか選択できません。

 

残りの都道府県を選択して、また検索しなおせばOKですので、その点は別に問題ありません。

 

そうすると、まじで業者っぽい女性が減るのが分かると思います。

 

この方法だと、援助交際やサクラなどの業者を高確率で弾けるので、一石二鳥なんです。

 

この中から、プロフ写真で体型が分かる「ぽっちゃり」の写真を掲載している女性を中心にプロフを見て選別していきます。

 

基本的な探し方は、こんな感じです。

 

あとは、ご自身で時間帯での違いだったり、こういう感じのプロフ写真の女は返信率がどうだとか…

 

ご自身で試行錯誤しながら、出会える確率を上げていくのが効率が良いと思います。

 

住んでいる地域にもよるんだろうけど、私が住んでいる福岡近辺だと時間帯で検索に引っかかる女性が違ったりしますね。

 

  • 昼間:人妻、40代以上
  • 19時以降:女子大生、2,30代女性

 

私はセックスまでのハードルが低い人妻を中心にアタックしています。

 

真面目な恋愛相手を探すのなら、PC-MAXは微妙かもしれませんね…

 

エロ目的というか、ライトな恋愛を求めている女性が多いのが特徴です。

 

今回は、最近PC-MAXで出会って会ってきた、人妻のぽっちゃり女性との体験談をご紹介したいと思います。

 

ぽっちゃり女性を探す男性は、まさにブルーオーシャンです!

 

プロフィール写真で見るからには、中々のデブ感が伝わってきました。

 

他にも5人、デブっぽい豊満な肉厚女性を中心にメッセージを送りました。

 

ちなみに、自分のプロフィールには目立つように「デブ専」という言葉を入れています。

 

これは絶対に必要な戦略ですので、自己プロフに「デブ専」であることは必ず明記しましょう。

 

自己PR:【デブ専】とにかく大きくふくよかな女性が大好きです。大きな女性の大らかさと明るさ、女性らしいプニプニした感じが大好きです。私はイケメンではありませんが、女性の大きな体系を否定したり馬鹿にすることはありません。むしろ、賞賛して賞賛して賞賛し倒します(笑)優しくて大らかなぽっちゃり女性との出会いを楽しみにしています。

 

こんな感じのPRを書いておくと、本物のぽっちゃりデブ女性からの返信率が高まります。

 

以前は、他の男性と同じように普通の女性、可愛いかもなぁって女性などを狙ってメッセージを送っていた時期がありますが…

 

本職のデブ専に切り替えて女性へのアプローチするようになって、メッセージの返信率が爆上がりしました。

 

昔は10通送っても返信無しってこともありましたが…

 

今では10通送れば少なくても3通、多いと半分以上返ってきたりするのが平均かなぁと感じます。

 

デブ専の男性にとっては、マジでブルーオーシャンですので、出会い系、特にPC−MAXでぽっちゃり女性を探すのは穴場ですよ!

 

博多駅改札でポチャ娘と待ち合わせ

 

直近のポチャ娘との出会いについてご紹介します。

 

今回のポチャ娘は40代で人妻、昼間の時間帯で夕方の4時までがタイムリミットでした。

 

待ち合わせは博多駅筑紫口を出た辺りで、AM11時!

 

通勤ラッシュを終えた時間帯とは言え、昼間の博多駅には学生から老人まで、いろいろな人たちが行きかっています。

 

私は筑紫口を出て、左手にある「カーネルおっさん」の前あたりで待っていました。

 

駅の出口から出てくる人たちを、少し離れみていたわけです。

 

今回はどんな娘と出会えるのか?

 

とても楽しみにしながら、待ち合わせ場所で待つ時間が、私は大好きです!

 

事前のやり取りでは、今回の人妻は以下のようなスペックとなります。

 

  • 名前:みほ
  • 年齢:40歳
  • 体型:ぽっちゃり
  • 結婚:既婚、子供なし
  • 自己PR:はじめまして!福岡県の田舎に住む40歳の「みほ」です。とても太っています。太っている女性が駄目な場合は絡まないでください。旦那が仕事でいない時間帯に、軽く食事したりお話したりして楽しめる男性との出会いを希望しています!プライベートに踏み込みすぎない紳士な男性がタイプです。

 

駅から出てきた一人の女性が目につきました。

 

駅を出て、立ち止まって、周りを見渡しています。

 

私はこの時点で、「あ、あの人だな」と気付きました。

 

赤いワンピースに紺のカーディガンを羽織り、身長は150センチくらいでしょうか、小さい!

 

で、肝心の体型ですが、思っていたよりもデカい!もしかすると80キロくらいあるんじゃないか?

 

ちなみに、私が出会い系で出会った女性の中で、一番デカかったのは以下のスペックの女性でした。

 

  • 身長:160センチ
  • 体重:82キロ
  • バスト:127センチ(Lカップ)

 

もしかすると、もしかするかも…

 

私のベストぽっちゃり記録を、更新するかもしれない身長の小さい太った女性が、近づいてくる私の存在に気づきました。

 

  • 私 「あ、こんにちわ、〇〇さんですよね?」
  • 彼女 「あ、はい、はじめまして、〇〇です。よろしくお願いします!」
  • 私 「こちらこそ、よろしくお願いします!てか、めちゃくちゃ可愛いいですね!」
  • 彼女 「え、そんな、ブスですから、ちょっと、いきなり、恥ずかしいです(笑)」

 

そんな感じの初対面を済ませて、二人で横の細道を歩いて、左手にある海鮮系の定食屋さんに入りました。

 

私は刺身定食を、彼女は天ぷら定食と単品で漬け丼、あと単品で唐揚げも頼んでいました(笑)

 

まじで、この時点で、私はニヤニヤが止らなくて彼女が「笑わないでくださいよー」って良い感じで乗ってきてくれて、最高の一日になるなぁって確信していましたね。

 

デブの女性というのは、まじでノリが良い!

 

私にとって「デブ」という言葉は、「美女」という意味と同列です。

 

優しいし、大らかだし、私のような「洒落が効かせられないパッとしない中年」にも優しく接してくれます。

 

去年離婚したわけですが、実は既婚中から出会い系でぽっちゃり娘と会うのが、私の生きがいとなっていました。

 

妻とは浮気がバレて離婚したのではなく、単純に価値観が合いませんでしたね。

 

子供も出来なかったし、お互いに価値観が合わないなぁと感じながら共同生活をする意味が見いだせなくなりました。

 

そんなわけで、一人になったことで何も障害が無く、好きな時にポチャ娘と会えるようになって、正直今の方が幸せかもしれません。

 

料理が運ばれてきました。

 

最初に私の料理が運ばれてきて、彼女がメチャメチャ見てくるので、「食べる?」と聞いたら「いやいや、そこまでガッツいてないから(笑)」と笑って答えられました。

 

食事中も、私は彼女を見るのが楽しくて、自分の食事が進みませんでしたね。

 

天ぷらを一口で頬張って、「あつ、あつ…」と言いながらも、小さく見える口をモグモグさせながら食べる姿…

 

小皿に盛られたお漬物を、大きな顔面の前に持ってきて、上品に箸で摘まんで食べる姿…

 

とにかく、ぽっちゃりの女性が食事するシーンというのは、見ているだけで「勃起」してしまうくらい興奮させられます!

 

薬指には結婚指輪が光っていましたが、それよりも綺麗に彩られた爪のネイルのほうが気になりましたね。

 

ネイルが可愛いって褒めたら、米粒飛ばして笑いながら喜んでいました(笑)

 

服装も赤のワンピースでしたが、少し花柄の織模様が入っており、とても品のある女性だなぁと感じました。

 

旦那さんはきっと稼いでいるんでしょうね。

 

プライベートに踏み込むのは嫌がられることが多いので、そこは聞きませんでしたが…

 

彼女の食事風景を満喫させてもらい、食後のデザートを彼女が食べているのを眺めながら、この後のプランについて話をしました。

 

  • 私 「もし□□さんが良ければ、二人でゆっくり話せる場所に行きませんか?」
  • 彼女 「えー、何か食べるものとかありますかね?どこですか?カラオケとか?」
  • 私 「そうですね、カラオケとかもあるところです(笑)お風呂もあります!もちろん、□□さんがOKなら…」
  • 彼女 「はい、〇〇さん親切そうだし、楽しめるところなら、私はOKですよ。〇〇さんに任せます!」

 

私の経験上ですが、ぽっちゃり女性はMの気が強い女性が多い気がしますね。

 

単純に、押しに弱い!

 

以前は私も失敗していたのですが、今ではほぼストレートにホテルに誘うようにしています。

 

今回みたいに、直接的に「ホテル」という単語は避けますが、「任せます」って言わせるような流れで会話をすることが多いですね。

 

勿論、「初めて会ってホテルは無理です!」って言われたことも何度もありますが、それでも全然気にする必要ありません。

 

こちらが気にせず、ホテルを断られたらカラオケとかに行くケースが多いんですが…

 

カラオケの中でキスしたり胸に埋もれさせてくれたり、ホテルをNGしてきた女性でも「ご褒美」が待っていることは珍しくありません。

 

今回は、「任せる」という一任を頂いたので、私は店を出て筑紫口前のタクシー乗り場まで戻り、行きつけのホテルの近くの大きな公園名を運転手に告げて、出発しました。

 

ホテルに付くとポチャは一気にメスの顔になりました

 

今回の彼女は、特にノリが良かったですね。

 

下ネタもぜんぜんOKでしたし、タクシーの中でも私が手を握ると、ぎゅっと握り返してきて、自分の汗ばんだ脇に挟んだりして、私の好みが良く分かっています。

 

タクシーの運転手がバックミラーでチラ見していたのがウザかったですが、私はタクシーの中で彼女の肉を少しだけ堪能させてもらいました。

 

ホテルに付くと、私は彼女の体に抱き着いて、少し汗のにおいがする彼女の肉塊にしがみつきました。

 

彼女は「はい、はい、ちょっと待ってね」といった感じで、ぽっちゃり定番の抜群の包容力、肉による包容力だけでなく、心の包容力も大きい!

 

私がスイカくらいある大きな乳に顔を埋もれさせて、手のひらでは全然足りない大きさの乳をブルブル揺らしたりしながら、ワンピースの上から彼女の肉弾で遊びました。

 

カーディガンを脱ぎ、ワンピース一枚になると、より一層、彼女の丸みが強調されてヤバかったですね。

 

ワンピースの上から、私は彼女のデカいだろう乳輪をめがけて、指先で刺激をしました。

 

その辺から、人妻ポチャ娘は、一気にメスの顔になっていきました。

 

大きな乳と大きな段差を作っている下っ腹、腕だって普通の女性の脚くらいの大きさありますからね。

 

どこに挟んだって気持ちよさそうな肉のミルフィーユボディの彼女に、ソファに座る私の上に跨ってもらいました。

 

ずっしりとした重量感が膝と腰に伝わってきましたが、その状態で彼女はワンピースを脱ぎ取り、ブラジャーをずらして乳輪を私の口に押し当ててきました。

 

彼女の乳輪は、一口では食べられないくらいの大きな茶色の輪っかで、乳首はやたらと小さくて、それがまたエロかったですね。

 

彼女の胸をしごいて、谷間ににじんでいた汗を舐めて、カミソリ負けが少しだけ見られる脇も舐めて、二重顎で首が無いような状態の彼女の口をべろべろと舐めて吸いました。

 

彼女も無条件に受け入れてくれて、ガムシャラに彼女の肉体を弄(もてあそ)ぶ私のことを、「温かい肉」と「きつめの汗臭」で包み込んでくれました。

 

バスルームでブクブクと浮かぶ肉の塊に圧倒される

 

ソファの上で絡みまくっていたら、お風呂の「お湯張り」が完了した音が鳴り響きました。

 

私は彼女に抱き着きながら、一緒にバスルームへと向かいました。

 

下っ腹に喰い込んでマンコ部分しか見えていないショーツを、肉をかき分けて脱がし、薄く面積の広いマン毛を軽く愛撫してから、タプタプの肉塊と一緒に浴槽に入りました。

 

「ザブーーーーーーン」

 

彼女が勢いよく浴槽に飛び込んだので、迫力満点の「お風呂の滝」を拝見することが出来ました!

 

浴槽の外にお湯が洪水状態となり、浴槽の中で彼女は私のペニスに手をやり、キスしながら手コキをはじめました。

 

デブのプニプニの太い指でペニスを握られるだけで、まじで昇天しそうになります。

 

ネイルの輝きが、お湯の中で屈折しながら、私の視覚に刺激を与えてきます。

 

そこからさらに、彼女は大きくぶら下がったお乳を寄せて、まるで普通の女性のお尻のような見た目に変身させ、その谷間に私のペニスを挟み込んできました。

 

彼女がパイズリをして、乳を揺らすたびに、お湯に波が起きていました。

 

挟まれた私のペニスは、完全に姿を消して圧殺されており、もはや我慢するというようなレベルではない快楽に包まれました。

 

私は情けないことに、お風呂のパイズリで、あえなく射精をしてしまいました。

 

彼女の乳肉に包まれて行方知れずになっていた状態で、そのまま濃いザーメンを発射させました。

 

「バカーーン」と開いた彼女の胸の谷間には、蜘蛛の巣を張る様に私のザーメンが付着して、右乳と左乳をつなぐ「吊り橋」のようになっていました。

 

彼女の乳の大きさからすると、私の大量のザーメン吊り橋も惨めなくらいミニチュアでした。

 

ベッドルームでイチャイチャしながら談笑しつつ二回戦へ

 

ベッドルームに戻って、備え付けのドリンクを飲んだりしながら、10分ほどでしたかね、彼女とベッドの上で談笑していました。

 

彼女は私と話をしている間も、私のペニスを握ったままで、もう片方の手では自分のマンコをピチャピチャ言わせていました。

 

そうです、このポチャ人妻は、マジで変態でした(笑)

 

彼女も自分で言っていましたが、本当にセックスが大好きなんだそうです!

 

「食欲と性欲は比例する」と言いますが、まさにその通りで、彼女は性欲に関してもモンスター級でしたね。

 

私に休憩時間を与えないような「責め」を続けてくれたおかげで、アラフォーで勢力が落ち気味の私のペニスも10分そこらで二回戦目の準備が完了しました。

 

仰向けに寝転がった彼女の上に乗って、まるでトランポリンの上にいるような感覚を楽しみながら、まずは必至に乳首を愛撫しました。

 

乳首を舐め、へそを舐め、首筋や脇も丁寧に舐め上げて、お待ちかねのオマンコまで到着!

 

大きな太ももを片方ずつ立てて、M字開脚の状態にした時の眺めは、霊峰富士を超える壮大な絶景でした。

 

広く薄いマン毛がまるで、富士の樹海のようにも見えて、この中にザーメンを噴射すれば、生きては帰れないことでしょう。

 

下っ腹の肉を上に押し上げた状態のままで、私はマンコに口を押し当てて、彼女の生暖かいイソギンチャクを頬張りました。

 

鼻と目に肉が被さってきて、クンニをしている時の彼女の表情は見れませんでしたが、激しく喘ぐ声は楽しめました。

 

私はギンギンになったペニスにゴムを装着すると、転がった大きな肉の塊にペニスを押し付けて、大きな太ももに手を添えて、激しく腰を振りました。

 

肉が邪魔をして、私の平均以下の短めのペニスは、根元まで刺さらず…

 

しかし、マンコの肉ではない、ビラビラや内ももの肉が補うような形で、私のペニスを包み込んでくれます。

 

それよりもまして、正常位で眺める、肉の塊が私の腰振りと併せてうねる様は、圧巻の一言!

 

腰を突くたびに、可愛らしい声を上げて感じ、それと同時に乳は揺れ、腹は揺れ、マンコの周りの肉も小刻みに揺れて…

 

「このまま溺れてしまいたい」と思わせるような肉感地獄を堪能しながら、私は腰を振って快感に浸りまくりました。

 

最後はゴムを外し、彼女の大きな乳の谷間に挟み込んで、彼女の手ほどきのもと、また乳肉に埋もれさせたままの状態で二発目を発射しました。

 

この日の彼女の谷間は、私専用の「射精場」となりました。

 

まとめ

 

今回は、彼女とは二発で終了!

 

本当は大きな肉塊を「騎乗位」にして、重量感を感じながら縦揺れする肉を見て見たかったのですが…

 

次回へのお楽しみに取っておこうと思います。

 

ユッサユッサと肉を揺らしながら、彼女の肉を楽しみながらするセックスは最高でした。

 

私が出会い系の中で出会ったぽっちゃり女性の中でも、群を抜いてセックスの相性が良かったように感じています。

 

LINEでやり取りは続いています。

 

世間的には「アウト」とされている超乳の持ち主であるポチャ娘たちこそ、私にとっては最高の果実です。

 

私と同じようにデカい女性が大好きな男性は、PC-MAXは本当に穴場となっています。

 

世間から相手にされないことで行き場に悩む女性が、こっそり集まる秘密の場所となっています。

 

穴場というより、狩場ですね。

 

ポチャ専の男性、デブ専の男性は、ブルーオーシャンで狩りまくりも夢ではありません。

 

PC-MAXは男性でも登録が「無料」となっています。

 

プロフィール検索も「無料」でも出来ます。

 

私と同じようにポチャ娘が大好きな男性は、まずは無料で登録してプロフィール検索で「あなたの住んでいるエリア」のポチャ娘を探してみてください。

 

ポチャ専門の風俗で楽しむのも良いですが、出会い系で「素人」のデブ娘とリアルなセックスや会話を楽しむのも出会い系ならではですからね。

 

風俗よりもリーズナブルな価格で出会いやすいので、デブとセックスしたいと思いながら、なかなか実現できていない方は是非試してみてください。

 

【性欲解消】あなたがセックスで損をしないための3つの秘策!

このページの先頭へ戻る