セフレを作る男性が気をつけること

【要確認】年齢認証が必要です!

18歳未満はご退場願います!
あなたは18歳以上ですか?
YES(18歳以上) / NO(18歳未満)

PCMAX案内ページ
→【出会い獲得】PC-MAX安全性の解説

セフレを作る男性が気をつけること

自分だけではなく、女性側にもくぎを刺しておく必要があります。

 

谷間ブラ

 

このページの目次

 

これを守れない女性なら、早々に関係を切った方が身のためです。

 

また、男性はついつい自慢をしてしまいがちです。

 

身近の友達や後輩などに、セフレが何人いるとか、昨日はセフレと会ってきたとか…

 

酒の席などで、つい口を滑らせてしまいやすいので注意しましょう。

 

仮に友達がセフレの話をし出しても、自分にはセフレなんていないといったスタンスで臨むことが大切です。

 

セフレの存在は、セフレとの間だけの秘密です。

 

これが出来れば、長続きしますし、これで軌道に乗れば、きっと良い関係で男としてプラスな状態で進めます。

 

連絡手段

 

浮気や不倫、セフレがバレてしまう理由として、電波モノが挙げられます。

 

つまり、LINEやメールの履歴です。

 

これは、気をつけていても、ついうっかりスマホの画面を見られてしまったりしてバレてしまうことがあります。

 

特に既婚者でセフレを作りたいと考えている方は、責任をもって守秘義務を果たす必要があります。

 

スマホやLINEにパスワードを設定するのは当然として、世間的には注意喚起されていますが…

 

個人的には、スマホはパートナーにそのまま渡して、中身を見られても問題ないといった状態にしておくのが理想としています。

 

そのため、私の場合はヤフーやライブドアなどのWEBメールと言われるフリーのメールアドレスを使っています。

 

もっと具体的にいえば、フリーメールをIDとパスワードをセフレと共有するわけです。

 

その上で、お互い連絡を取りたい時には、「下書き保存」の中にメッセージを残します。

 

さらに言えば、下書き保存も未読ではなく既読にして「1件」といった感じで表示されないようにします。

 

普通、送信と受信ボックスをチェックしますが、下書き保存の部分まではチェックしませんね。

 

さらにいえば、フリーメールアドレスまでチェックしてくるパートナーはなかなかいません。

 

二重にも三重にも保険をかける連絡手段として、他では語られない私の独自の連絡手段です。

 

出会い系で知り合った子や友達をセフレにする際などは、最初はLINEなどでやり取りすると思います。

 

しかし、セフレ化できた後は、早めにこのフリーメール作戦に切り空けると、嫁バレ、彼女バレでセフレ関係を解消させられるリスクを極限まで抑えられます。

 

オナ禁必須

 

オナ禁の効用については、色々なサイトで語られていますね。

 

これ、あなたは実際に試したことがありますか?

 

毎日シコシコするのが当たり前、テレビやパソコンを見ていれば、性を刺激する描写は避けられないほど浴びせられます。

 

そのたびに、ムラムラを解消するために一発しこっていませんか?

 

これだと、性エネルギーを半端なく無駄遣いしてしまいます。

 

それだけではありません。

 

これは持論ですが、性エネルギーを無駄遣いすると、セフレや本命とのセックスの感度が著しく落ちるだけではなく、なんと感謝の気持ちも落ちてしまいます。

 

それによって、トラブルの火種を生みやすいというのが私の持論です。

 

性を満たすために、自分の右手ばかりを使っていると、これはある意味で自分の右手が一人のセフレ状態です。

 

しかも、この右手というセフレは、文句も言わずいつでもシコシコと発射のお手伝いをしてくれます。

 

この便利さが錯覚を生み、生身の人間である女性に対しても「お前も右手を見習え!」といわんばかりの、傲慢ともいえる錯覚を生んでしまいます。

 

極論のように思われるかもしれませんが、オナ禁をしてみると実感できることでしょう。

 

自分ではしないと決めるだけで、女性への扱いが変わります。

 

女性を蔑ろにしてしまいがちな男性ほど、性を女性にしか頼らないと決めることで、女性への感謝と包容力を得ることが出来ます。

 

オナってばかりいて、たまにセフレや本命とセックスしたりしていると、感度も落ちますので勿体ないです。

 

また、セックスできることへの感謝が欠乏してしまい、セフレや本命への接し方が雑になってしまいます。

 

オナ禁は、間接的にではありますが、セフレとの関係維持のためにも必要な修行だと考えています。

 

まとめ

 

セフレを持つ既婚者の私が、セフレを持つことで妻とも上手く家庭生活を送っている。

 

こんな事実を、誰にも打ち明けたことはありません。

 

私的には、セフレとの関係は良好な家庭環境を築くうえで、非常に重宝している欠かせない関係となっています。

 

そしてこれからも、セフレと月1,2ペースで会って性エネルギーを発散し、円満にセフレ関係を解消した際には、出会い系で新規調達を続けていくでしょう。

 

賛否両論というより、世間的には非難される所業ではありますが、一部の男性は賛同してくれるのではないかとも思っています。

 

顔も知らないあなたが、私のこのページの文章から、少しでも参考になる部分を持って帰って頂ければ幸いです。

【性欲解消】あなたがセックスで損をしないための3つの秘策!

このページの先頭へ戻る