【要確認】年齢認証が必要です!

18歳未満はご退場願います!
あなたは18歳以上ですか?
YES(18歳以上) / NO(18歳未満)

PCMAX案内ページ
→【出会い獲得】PC-MAX安全性の解説

セフレを持つことは悪いことなのか?

セフレを持つことは、男として心の余裕をもたらしてくれます。

 

素っ裸のセフレ

 

性を身近に準備できている精神的な効用は大きく、その余裕が女性をさらに魅了します。

 

一種の相乗効果をもたらしてくれるため、無駄に職場で好意を示されたりすることも増えます。

 

学生の頃には、職場恋愛の経験もありますが、今の職場ではリスクが高いと感じるため手を出さないままですが…

 

それでも、職場の女性に好意を持たれていると、何かと仕事もやりやすかったりするものです。

 

セフレがいると、賢者モードも人より長く、自己肯定感を高められるようにも感じます。

 

既婚者がセフレを持つ効用

 

既婚者がセフレを持つことには、賛否両論というより、世間的には悪評が当然でしょう。

 

しかし、上手にセフレと付き合えば、それは本命や夫婦関係においてプラスの作用をもたらします。

 

夫婦とは言え、しょせんは他人です。

 

清廉潔白、全て100%透明性をキープすることなど、土台無理な話です。

 

「不貞行為といって法律で禁止されているじゃないか!」

 

確かにその通りです。

 

しかし、それでもセフレを持つことが私は悪いことだとは思いません。

 

不貞行為だと訴えるのは妻側であり、その妻側に気づかれずに良好な関係を続けられるのなら、たとえ不貞行為だとしても問題ないのではないでしょうか?

 

不貞行為のレベルも明確に定められていませんし、そもそも何をもって不貞行為というのでしょうか?

 

妻とのセックスに満足できず、イライラしながら妻に八つ当たりをしてしまうくらいなら…

 

そっちのほうが、妻にとっては迷惑な話ではないでしょうか?

 

外で煩悩を解消し、すっきりした状態で妻に向き合えるのなら、それは必ずしも妻への不貞な行為といえないと考えています。

 

完璧を妻に求めることがなくなります。

 

自分自身が、褒められた生き方をしていない人間だと実感がわくので、人を否定したり自分の正しさを押し付けたりする欲求が激減します。

 

それだけだと、自己肯定感がダダ下がりで、鬱にでもなりそうなものですが…

 

自分を低く見つつも、男としての満足感が隠れた自信となって、意味わからず人生が充実してきます。

 

職場の若い子を想像しながら、シコシコして、妻には八つ当たりして…

 

セフレを持つと、妻の小さな発言や失態に対して、大目に見るという行動が自然とできてしまいます。

 

そういう男性ほど、既婚者がセフレを持つなんて、不貞行為は最低だ!とか言いがちではないでしょうか…

 

後でも触れますが、私は周りの人間に誰一人としてセフレの話をしていません。

 

きっと身近な友人などにもセフレの話をすれば、否定してくる人間はいるでしょう。

 

しかし、私とセフレ以外に関係を知らないような状況では、誰にも咎められず、それでいて当事者2人はお互いに重宝しあっている関係です。

 

世間体を気にしすぎるあまり、殻を壊せず、鬱憤を身近な人間にぶちまけて生活する方が、私には耐えられません。

 

風俗では得られない高揚感

 

「スッキリしたいんだったら、風俗で良くないか?」

 

風俗を否定するつもりはないですし、むしろ社会にとっては必要な存在だと考えています。

 

ただ、私の場合は、やはりお金を払ってビジネスライクでセックスすることに、魅力を感じません。

 

そもそも、興奮の仕方が違います。

 

女性にしても、濡れ方が違います。

 

女性を口説いて、ベッドを共にすることに、男としての価値が付くと考えています。

 

セフレと会って、セフレをヨダらせている時に、男としての価値を私は感じています。

 

それによって、高揚感や自己肯定感も満たされるわけです。

 

風俗でも、こういった感情を得られるのなら、そこに投資するのもありでしょう。

 

私の場合は、気軽に話せて、お互いのことを知り合っている女性とのセックスが、何よりも欠かせない存在です。

 

セフレという存在は、男性にとっては「必要悪」といいますか、「悪」というよりも、私にとっては「宝」だとさえ感じています。

【性欲解消】あなたがセックスで損をしないための3つの秘策!

このページの先頭へ戻る