【要確認】年齢認証が必要です!

年齢詐称疑惑の自称30代のスレンダー巨乳の人妻セブンパートとの出会い

私は最近、出会い系を始めました50歳のおっさんです。

 

スレンダー巨乳の人妻

 

出会い系とは、悪の温床、トラブルの源泉だと決めつけ、避けてきたのですが。

 

 

世の中的にもオンラインやテレワークといった、リアルに人と会って関係を築くスタイルが少なくなり、逆にオンラインで代わりに人との関係を作っていく流れが起きています。

 

妻と別れて5年、独り身にもすっかり慣れてしまったのですが、どうにもこうにも、彼女というものの感覚が湧かず、妻と別れてから一度も女性を抱かずに生きてきました。

 

今年50になる私ですが、スマホがあれば簡単に出会い系サイトを使えるということを某雑誌で知りました。

 

実際に私のような50や60の世代のおじさんでも、セックスできる相手が見つかると知り、重い腰を上げて参加させてもらったわけです。

 

実際に50代のおじさんが出会い系サイトを使ってみた

 

最初はメールアドレスを登録してから、本登録のため届いたアドレスをクリックして認証する、という流れが分からず、仮登録ばかり繰り返すような、IT音痴ぶりの全開でしたが…

 

なんとか登録して、掲示板に書き込んだり、プロフィールを書き込んだりして、人よりも遠回りしながら出会い系の活動をスタートさせました。

 

活動といっても、案外すぐに女性と繋がれるもので、明らかな業者風の女性を避け、少しでも怪しいなぁと思うメールをしてくる女性も避け、残った中から3人の女性とやりとりをしていました。

 

その中から、なんとなく年も近く、旦那さんの愚痴など話してくれて親近感が持てた女性と距離を近づけることに成功しました。

 

ターゲットが自然と網にかかった

 

相手は45歳らしく、子供は一人いるけど今年成人、旦那とは仲が悪くはないが、セックスは10年単位でレス状態らしい。別れる間際の私たち夫婦に似ている。

 

その女性の旦那さんは、自動車学校の講師をしているらしく、朝早くから仕事に出かけ、20時ごろの帰宅が多いとのこと。

 

彼女の意向で、平日の午前中に会うことになった。

 

実際に会ってみて、驚いたのがそのスタイルの良さだ。

 

イオンの中にある婦人服売り場でしか服は買わないって言っていたが、実にお洒落で、気品さがあり、なんだろうか、スッチーと言ったら死語かもしれないが、そのような雰囲気をした綺麗な女性だった。

 

雨の中二人でホテルへ直行

 

あいにく、待ち合わせした日は雨だったこともあり、タクシーを拾うと繁華街のほうへ向かい、タクシーを降りて近所の予約していたシティホテルに直行した。

 

部屋で軽くシャンパンを飲み、遅くても13時までには電車に乗らなければ、夜の支度が間に合わないということで、私たちは限られた時間を楽しんだ。

 

彼女とのセックスは、私を10年以上若返らせるようだった。

 

久しぶりのキスや乳房の感触、彼女の熟れたアワビを指に触った時の彼女の表情と吐息、男として忘れていた誇りや快楽を、一瞬で思い出させてくれた。

 

良い大人が平日の昼間から何をしているのかと、もし死んだ父親が見たらきつく叱られそうだが、仕方あるまい。人間だもの。

 

まとめ

 

細身の体で髪を掻き乱しながら、私の股上で騎乗し、荒れ狂った姿が、あれから二週間たった今でも、毎日私の欲望を刺激して、自然と手を股間へ向かわせる。

 

彼女とまた会えるのか?LINEでやりとりしてはいるが、次の約束はまだとれていない。

 

遊びのつもりが、本気になっている自分に危機感を感じている。

 

惚れっぽい私のことだ。こんなことになるかもしれないと、事前に対策も打ってある。

 

そうなった時のためにも私は、同じく出会い系で女性と繋がっている。

 

他の女性とも繋がることで、執着や束縛、独占欲や喪失感を和らげることができるからだ。

 

巨乳のスレンダー人妻には、ハマってしまう危険性があり、そうなると泥沼を避ける人妻からは煙たがられる。

 

上手に欲望の解放先を散らしつつ、長く関われる男を目指すのが、50代の私の目標となっている。

 

50代でパソコン音痴、スマホで出会い系サイトで女性と知り合えるのか不安な人は、こちらのコンテンツを一読下さい。あとは無料登録なので、実際に登録して触っているうちに誰でも使えるようになります。食わず嫌いのままで避け続けるもよし、踏み出して新しい世界を知るもよし!

【欲求不満解消】あなたがセックスで損をしないために必要なコンテンツ!

このページの先頭へ戻る