【要確認】年齢認証が必要です!

18歳未満はご退場願います!
あなたは18歳以上ですか?
YES(18歳以上) / NO(18歳未満)

PCMAX案内ページ
→【出会い獲得】PC-MAX安全性の解説

初対面の女性と楽しく会話する方法!これで苦手意識が無くなる!

  • 「初対面の女性と楽しく会話するコツが知りたい…」
  • 「出会い系で会った女性と、きまって嫌な沈黙を作ってしまう…」
  • 「気負わずに、初対面の女性と話ができるようになりたい」

 

初対面の女性

 

初対面の女性に対して、どうしても会話を上手く進められない…

 

緊張のあまり、気まずい沈黙を作ってしまって、そのあと自己嫌悪に…

 

あなたもこんな風に、初対面の女性との会話に対して「苦手意識」を持っていませんか?

 

女性からの評価は、第一印象で9割が決まると言われます。

 

見た目だけではなく、会話の内容や雰囲気が、その第一印象に大きく影響を与えるのは疑う余地がありません。

 

このページでは、初対面の女性との会話が苦手だと考えている男性が、少しでもその苦手意識を払しょくできるような方法について解説しています。

 

どんなに口下手でも、女性との会話が苦手だと考えていても、慣れてしまえば簡単なものです。

 

男性との会話と同じくらい、気負わずスムーズに初対面の女性と会話を楽しみ、出会いから恋愛への発展数を爆上げしてください。

 

ちなみに、このページの内容は、ナンパで出会った初対面の女性との会話向けではありません。

 

ナンパの場合は、掴みで強烈な差別化が必要になり、難易度が更にアップします。

 

このページで書かれているテクニックが全く使えないわけではないですが、ナンパを目的とした会話術を求めている人には不向きかもしれません。

 

逆に以下のようなシチュエーションの初対面女性との会話では大いに活用が可能です。

 

  • 合コンで出会った
  • 出会い系で出会った
  • 友達の紹介で出会った
  • 職場で出会った
  • ジムで出会った

 

初対面、ほぼ初対面で、これからって女性との会話を上手に展開したい。

 

そんな男性には、会話を楽しむための仕込みの段階から、距離感に応じた対応方法まで…

 

初心者でも簡単に実践できて、しかも効果的な会話術を解説しています。

 

まずは一度、さらっと全体を読んでみてください。

 

おそらく1度ではマスターできませんので、フェーズごとに大切なことを確認しながら実践し、読み返したり、次のフェーズの予習をしたり…

 

何度も読み返して、あなたのスキルになるように活用してみて下さい。

 

 

【初期段階】初対面の女性と会話する時の注意点

 

初期段階では、まだまだ初対面の状態であなたに心を開きようがない状態です。

 

女性との会話のテクニックとして、「共感する」っていう鉄板の方法がありますね?

 

その共感するって方法を、この初期段階で駆使するのは難しい状況です。

 

世の中には、初対面の女性に対して、「上手く共感ができず会話が進まない…」と凹んでしまう男性が沢山います。

 

実際に私に相談をしてくれる男性の、初期のアプローチ方法を見たり聞いたりしていても、共通して同じ過ちを犯しています。

 

結局のところ、そもそもの会話の目的をはき違えているため、上手くいかないのが当たり前なのです。

 

入口で目的をはき違えて、間違った行動をしてしまっているため、女性との会話が発展しないのです。

 

初対面の女性との、最初の段階での会話におけるポイントを解説します。

 

会話のスタートは準備体操

 

初対面の時、女性はあなたのことを「何も分からない状態」です。

 

初対面の時、女性はあなたの会話の内容を「ほぼ聞いていない」状態です。

 

まずは、あなたが何者なのか?

 

まともに日本語が話せる人なのか?

 

会話をしても、あとあと面倒なことにならない人なのか?

 

そういった判断を女性にしてもらうためのフェーズだと認識しましょう。

 

この段階で、面白い失敗話やボケた話などをするのはNGです。

 

ましてや、この段階における内容の無い女性の返事に対して、必死に頷いたり共感をしようとしても、痛々しい印象しか与えません。

 

いかにも仕込んできましたといった印象を持たれます。

 

初対面の女性との温度差がありすぎて、「あ、めんどくさい人だ…」と第一印象でNGを出されてしまいます。

 

これが、世の中の女性との会話を苦手にしている男性の共通点です。

 

そうではなく、最初は自然な会話で、準備体操をするようなイメージを持ちましょう。

 

女性のエンジンをONにして、温める段階だと認識しましょう。

 

まだ女性のエンジンは、冷え冷えの状態で、いきなりスピードを出せない状態なのです。

 

緊張するかもしれませんが、出来るだけ落ち着いたトーンで、シンプルな会話を心がけて下さい。

 

「AがBだから、Cになるので、やはりDだと思いませんか?」

 

こんな理屈を展開させた会話はNGです。

 

「〇〇さんは、Aってどう思いますか?」

 

このくらいシンプルに行きましょう。

 

緊張すると、一気に伝えたいことを伝えようとしてしまいがちです。

 

一回の質問で何個も論点を組み込んでしまい、女性側からすると、ゆっくり聞き返さないと理解できないような、国語の問題でも問われているような気分になってしまいます。

 

しかも、決まって早口になっています。

 

最初はシンプルに、女性の名前が分かれば、女性の名前を冒頭に付けて、「〇〇さんは、▲▲ってどう思います?」といった感じでシンプルな言葉を伝えましょう。

 

そうすることで、早口になったり、意味不明な会話をしてしまうリスクを減らせます。

 

初対面の女性との会話のネタ

 

そして、ネタについてはやはり「無難なネタ」がお勧めです。

 

私が良く使うのは、超ありきたりですが「天気」の話ですね。

 

これはありきたりでつまらないと感じる方が多いかもしれませんが、実際に使ってみると分かります。

 

初対面の女性との会話においては、天気のネタほど準備体操として効果的なネタは無いと私は考えています。

 

最初から、女性の趣味の話や今来ている服のブランドの話、共通の話題を探るなど…

 

あなたに対してよほど興味がある女性は別ですが、そうではない普通の女性に対して、しかも初対面に近い女性に対して、これらのネタは踏み込みすぎです。

 

踏み込んだ話題をぶつけると、女性は必ず拒否反応を示します。

 

初期段階では、女性のエンジンを「ON」にする意味でも、当たり障りのないネタでただ会話することが重要です。

 

会話の内容というよりも、「私は安全な男ですよ」「めんどくさくない男ですよ」といった安心感を伝えることが目的です。

 

あなたの喋り方や雰囲気から、女性はあなたに対するイメージを作り上げます。

 

その為にも、無難なネタで、気負わずに軽く笑顔で話しかけることを心がけましょう。

 

初期段階の会話のネタは、よほど変な事を言わなければ大丈夫です。

 

そういう意味でも、天気の話はかなり使えます。

 

  • 「さっき飛行機雲が出てたから、雨が降るかもですね」
  • 「さっき鳥が超低空飛行してたんで、雨降るかもですね」

 

極端な話、「今日は天気が良いですね」でもOKなのですが…

 

それにプラスして「この人、面白いかも」と思わせるようなフレーズを使ってあげると良いでしょう。

 

ただ、この段階では、あなたの話し方や雰囲気を伝えること、これが目的です。

 

話の内容なんて、大しても問題ではありません。

 

あなたのヒトトナリを知ってもらうため、彼女のヒトトナリを知るため、最初の通過儀礼のようなものです。

 

カッコつけたりする必要もないし、魅力的に思われようとする必要もありません。

 

ただ、普通に会話できる人だって思ってもらえればOKです。

 

女性に自己開示させるような内容ではなく、当たり障りのない内容なので、女性が拒否反応を示すことなく返事をしやすくなります。

 

無理して面白いネタで笑いを取ろうとするのではなく、「そうですねー」と返しやすいくらいの会話ネタがベストです。

 

それにプラスして、「飛行機雲が出ると、雨が降るんですか?」といった感じで、少し会話に食いつくくらいのネタを入れてもOKです。

 

その質問に対して、細かく論理的に解説するのはNGですよ。

 

私は飛行機雲の話をして、聞き返された時には、だいたい以下のような返事をしていました。

 

  • 「死んだマッチョのジーちゃんが言ってましたね。ま、ジーちゃんの知恵袋ってやつですね」
  • 「飛行機雲が残ってると雨が降るって…ズラ被ってた理科の先生が言ってましたねー」

 

こんな感じで、気圧が低いと水蒸気がどうのこうのとか、こういう理屈ではなく、ソフトな感じで返事をしてください。

 

その際にも「マッチョのジーちゃん」とか「ズラ被ってた理科の先生」とか、掴みになる単語を入れてあげると、会話が続きやすくなります。

 

年齢に関係なく敬語で会話する

 

ナンパではないので、最初からタメ語で馴れ馴れしい感じでスタートするのはNGです。

 

よほどの会話テクニックを持っているナンパ師でもなければ、チャラチャラした印象で落とせる女性というのは限られます。

 

最初は敬語、とにかく敬語です。

 

ただ、バチバチの敬語ではなく、「…ですね」「…らしいですよ」とか、この程度の敬語です。

 

「…っておっしゃってます」「…とお伺いしました」とか、ここまでのビジネス的な敬語は緊張感が伝わるので控えましょう。

 

あとあと解説しますが、徐々に敬語からタメ語に移行するためにも、軽い敬語を使ってください。

 

「…らしいっすね」「…ってマジやばくないっすか?」とか、チャラ男言葉もNGです。

 

この場合なら、「…らしいですね」「…ってやばいですよね?」くらいにしましょう。

 

目を見て眉間を拡げる

 

当たり前ですが、女性と会話するときは目を見て下さいね。

 

関係ない方向を見ながら会話をする男性もいますが、論外ですよ。

 

その目線一つで、「この人はまともに会話出来ない人だ」って烙印を押されてしまいます。

 

コツとしては、向き合って会話をしないことですね。

 

同じ方向を向いた状態で会話をしたり、斜め前くらいの方向で会話をすると自然と目線を合せやすくなります。

 

ガチガチの対面で会話をすると、どうしても威圧感を与えてしまいがちなので…。

 

目線を合せる時間が長くなって緊張感を感じさせない為にも、会話する内容は短文にまとめてあげることが大切です。

 

話が長いと、目線を合せる時間も長くなります。

 

こちらから会話を投げかけている間、少し眉を上げたような眉間にシワが寄らない状態で話し、その1回の会話が終わったら軽く目線をそらす…

 

女性が話始めたら、また目を見て話を聞き、その話が終わったら、考える素振りをして目線を外す…

 

そしてあなたが話を始める時に、また軽く目線を合せながら話をする。

 

ずーっと目線を合せるのは、もちろんNGです。

 

会話の切れ間、切れ間に軽く目線を外すのが違和感のないタイミングです。

 

そのためにも、長いセリフは目線の圧が過剰になってしまうので避けましょう。

 

【中期段階】初対面の女性を夢中にさせる会話テク

 

初期段階の掴みの段階では、主にあなたが会話を主導しました。

 

次の中期段階では、女性から会話を引き出し、会話を楽しんでもらうことを目的としています。

 

初期段階とは違い、少し踏み込んだ女性の話題に触れていきましょう。

 

女性が自己開示をしてくれたら、目的達成です。

 

血液型や出身地、兄弟ネタ等に触れる

 

初期段階で、女性の掴みが悪くないと判断できたのであれば、女性から会話を引き出していきましょう。

 

その際に使えるネタが、血液型や出身地、兄弟ネタなどです。

 

初期段階でこれらのネタを振ってしまうと、あなたのことを何も分からない状態ですので、恐怖に近い拒否反応を示します。

 

しかし、初期段階である程度会話が出来る人だって認識してもらえたのなら…

 

その段階であれば、血液型や兄弟ネタなど、この程度の踏み込みで拒否反応を示されることはありません。

 

当たり前ですが、このネタを振るのなら、それなりの仕込みも済ませておきましょう。

 

例にもれず、私がよく使うパターンをご紹介しておきます。

 

  • 私 「血液型、A型でしょ?」
  • 彼女 「えーなんでわかるの?」
  • 私 「だって、色のセンスがいいもん」
  • 彼女 「え、どういうこと?」
  • 私 「A型って、センスいい子が多いよね」
  • 彼女 「えーそうなの?」
  • 私 「まぁ、俺調査だけどね(笑)色の使い方が素敵だね。」

 

俺調査にしてしまえば、全く根拠のないことでも言えちゃいます(笑)

 

血液型はA型が一番多いとか、O型はストレス貯めにくい性格だとか、ネットで調べればいくらでも豆知識は出てきます。

 

適当に最初に掴みを入れて、あとは会話を拡げていきましょう。

 

くれぐれも論理的な説明などは不要ですので、豆知識を披露したい欲求に負けて、コンサルタントのような立ち位置に変化しないように注意してください。

 

爪やアクセサリーを褒める

 

少し踏み込んだ会話として、女性の見た目を褒めましょう。

 

性を連想させるパーツ(身長、足、顔など)は避けて、爪やアクセサリーなどのパーツを攻めましょう。

 

「爪が素敵だね。自分でやってるの?」

 

爪って言うのは、多くの女性にとって非常にこだわりのある部分です。

 

ネイルなど煌びやかに飾っている子もいれば、シンプルだけど爪が磨かれていて綺麗な子など…

 

とにかく女性との距離を近づけるために褒めたい時には、女性の爪に注目してみて下さい。

 

普通の男性は、女性の爪などを褒めたりする意識がなく、顔が可愛いとか髪型が素敵とか、服が可愛いとか…

 

ありがちなパーツを褒めがちです。

 

そんな中で、女性の爪という細かいパーツを見て褒める事が出来る男性は、女性が一目置きやすい傾向にあります。

 

爪と同じく、アクセサリーに拘っている女性も多いですね。

 

ブレスレット、ヘアピンなどにもこだわりを持っている女性は多いです。

 

これらをサラッと見て、「そのブレスレット、センスが良いね」と褒めてあげましょう。

 

ペンダントは胸元で、場所が場所なだけに、少し目線をやるとスケベ感が出てしまいます。

 

褒めるポイントとしては初対面の段階では避けた方が無難でしょう。

 

爪もアクセサリーも特段、拘ってなさそうな女性の場合に、どこを褒めればいいのか?

 

他にも沢山褒めポイントはありますが、一番汎用性があるのが「色」ですかね。

 

女性が来ている服の色だったり、持ってるバッグやバッグの色を褒めてあげると良いでしょう。

 

「赤色が似合ってるね」

 

色に拘っている女性も多いので、爪とアクセサリーの時にも使えるテクニックです。

 

  • 「水色のブレスレット、めっちゃ似合ってるね」
  • 「黄色のネイルかー、センスいいなぁ、しかも似合ってるし」

 

こういったさりげない褒めを会話の要所要所に入れ込んであげると、女性は徐々にストッパーが外れてきます。

 

ちなみに、褒めた後は、その話題で広がらない場合には、サラッと別の話題に振りましょう。

 

褒めた後に沈黙っていうのは、せっかくの褒めで稼いだポイントがジャラジャラと零れ落ちていきます。

 

爪が素敵だねって褒めたあとに、彼女が「どこどこのネイルサロンに通ってるんだー」とか「自分でやってるから、まだまだ下手なんだけどねー」とか…

 

話題を拡げてこないのなら、サラッと次の話題に行きましょう。

 

「爪の色のセンスが良いよねー」
「あ、ありがとう」
↓(沈黙)
↓(沈黙)
↓(沈黙)
「爪が綺麗な子って素敵だよね。てか、昨日の誰々のニュース見た?」

 

といった感じで、サラッと再度褒めて、サラッと話題を変えましょう。

 

褒めてあげたんだから、何か感謝を言えよ…的な沈黙の雰囲気を作らないことです。

 

女性が話題を拡げない素振りなら、さらっと話題を変えてしまいましょう。

 

たいがい、女性は褒められて嬉しくて、うまく会話を続けられなかったりしています。

 

サラッと次の話題に変えてしまうことで、嬉しさの余韻だけが残ります。

 

沈黙を続けると、その嬉しさの余韻を「何か言わなきゃ」っていう緊張感が消してしまいますので…

 

徹底して共感に徹する

 

初期段階では、会話の掴みのために男性が主導権で展開させました。

 

しかし、中期段階に入ったら、男性は徹底して聞き役に徹してください。

 

その上で、徹底して「共感を示すこと」を意識してください。

 

既に説明済みですが、初期段階で共感を示すことは無理ですし、会話に対する必死さが痛々しく感じられるリスクがあります。

 

しかし、だからといってこの中期段階でも、男性側が会話の主導権を握って展開させていると、女性は聞き役となってしまい途中で疲れてしまいます。

 

とにかく、女性の会話を引き出して話をさせて下さい。

 

そして、女性の会話を引き出したのなら、あとはひたすら共感です。

 

  • 「へー、すごいね」
  • 「そうなんだね」
  • 「いいねー」
  • 「それは凄い」

 

女性の会話のテンポに合わせて、大き目に頷きながら共感ワードを会話の隙間にポツポツと入れ込んでいくだけです。

 

間違っても、女性の話の内容を否定したりしないでくださいね。

 

  • 「いや、それはこういうことでしょ?」
  • 「あー、それは違うよ」
  • 「でも、それはやらない方が良いよ」

 

こういう会話の骨を折るような返しは、女性を一気に冷めさせます。

 

いくら正論だったとしても、女性が完全に間違っていたとしても、それでも「へー、そうなんだね」で通すくらいの覚悟が必要です。

 

事前に覚悟しておかないと、男性というのは女性の会話を否定してしまいがちです。

 

間違いを正したくなる、変な正義感が男性にはありますので…

 

第一印象で負けない最低限マナー

 

  1. 口臭
  2. 服装
  3. 髪型

 

初対面の女性との会話において、会話の内容うんぬんよりも、見た目の時点でNGを出されないようにしましょう。

 

初期段階で、あなたの人となりを伝えて、危険な男ではないということを伝えることが目的だと説明しました。

 

その初期段階において、これらの見た目の印象においても「全て合格点」を得ておく必要があります。

 

女性というのは、とにかく清潔感を求めます。

 

清潔感がある男がモテるのではなく、清潔感がないとスタートラインにすら立てないっていうのが現実です。

 

清潔感がないと、男として見られないので、モテるモテない以前の問題なのです。

 

最低限でも、上記の5つのポイントは普段から意識して合格点をキープしてください。

 

ヒゲとか肌とか、歯並びとか、挙げればキリがありませんが、まずは上記5つを最低限のマナーとして対策しておきましょう。

 

まとめ

 

まとめ

 

初対面の女性との会話が苦手だって男性のために、初期段階、中期段階とフェーズを分けて解説してきました。

 

初期段階は助走の段階ですので、無理に共感しようとしたり、踏み込んだ会話ネタで一気に距離を近づけようとしないでください。

 

無難ネタで会話をし、あなたの雰囲気を伝え、彼女が一応合格点を出す…

 

そういう段階です。

 

その段階をクリアできたのなら、血液型や出身地などの少し踏み込んだ話題に展開させ、共感を駆使して距離を近づけていきましょう。

 

女性とのやり取りを増やして、数をこなすこともレベルアップには非常に効率的な方法となります。

 

身近な女性だけでなく、近所にいる出会いを求める女性たちと連絡のやり取りをしてみましょう。

 

実際に会った時だけでなく、電波上の会話においてもスキルアップの機会となります。

 

出会い系を上手に利用すれば、そうではない男性よりも雲泥の差で恋愛レベルを爆上げできます。

 

未登録の男性は、登録は無料です。

【性欲解消】あなたがセックスで損をしないための3つの秘策!

このページの先頭へ戻る